トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

自宅練習用道具 その3 の続き

 さきほど「自宅練習用道具 その3」を作成していたら

「HTMLが複雑すぎる」とかなんとかって、コメントが出現!(@_@)

リッチテキストで編集できなくなってしまいました。

わたしは何も複雑なことはしてませーん(>_<)

 

 てなわけで「柄杓」の続きです。

 

 最近「岡野園」さんのブログ

炉を切っている方は少ないので、自宅稽古なら風炉用の柄杓をお求め下さい。炉を切っている方は少ないので、自宅稽古なら風炉用の柄杓をお求め下さい。」との文を発見!

風炉用とは夏用のことです。

あちゃ~(>_<)  確かにそうかも・・・・。ムダ使いしちゃったなあ(涙)

 岡野園さんのブログにトラックバックさせていただきました^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自宅練習用道具 その3

 水指のあとは、柄杓(ひしゃく) でございます。

水を汲む「おたま」みたいな道具ですね。

Photo_5

 (↑柄杓の写真って難しいですね。どういう置き方がいいのかな)

 この柄杓には、夏用・冬用・兼用とあるのですよ。

水を汲む部分を (ごう)と言いまして、夏用より冬用のほうが

大きいです。だからお湯をたっぷり汲めますね。

 

 冬用(炉用)のがほしかったので、まずは廉価に買えそうな

お茶屋さんを何軒か覗きました。

ところが、どこに行っても「夏冬兼用」しかないのですよ(涙)

どちらの季節にも使えるから、便利ってことで売れるのでしょうね。

お店も在庫の管理しやすいでしょうし。

 

 てなわけで結局某デパートへ。

もちろんそこには置いてありました。

お茶屋さんでの扱いとは違い、一つ一つビニール袋にパックされてました・・・。

値段は・・・

水指より高いっ!!

ひえええええ~

 

 なぜこんなに冬用にこだわったかというと、

その時に習ってたのと同じ道具が使いたかったのと、

合が大きくて湯が入るほうが重いからです。

 

 非力な私は、湯をたっぷり入れると柄杓の持ち方が

おかしくなってしまっていたのです。

柄杓を支えるために指の位置が変になってしまう(涙)

おまけに湯の量を合一杯、合6分目・・・と入れ分けるのが苦手でした。

(今も時々おかしくなります・・・)

茶碗にこぼさずに入れたかったし。

 

 水指と柄杓がそろったので、自宅で何度か練習しました。

大して練習していないのに、腕が痛くなったのでそのうちやめちゃいましたが(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「殿のちょんまげを切る女」

 芝居は好きですが、いわゆる「商業演劇」って言われるのはあんまり

行きません・・・・が、藤山 直美さんが好きなので、無理して行って来ました。

Photo_4

何が無理してかって?

チケ代が高いのですよ(>_<)

でも、「芋たこなんきん」も面白いですしね^^

えいやっ!

 

幕末から明治にかけての時代設定。

勘三郎は藩主で、直美さんはその奥方(^^♪

期待できるって思ったんですけど、

実際は少々がっかり(-_-;)

 

2部構成なんですけど、1部には少ししか直美さんの出番が

ないんですっ!

役どころも「別に藤山 直美じゃなくてもいいじゃん」って思えるんですよね。

彼女を生かしきれてないというか。

 

勘三郎さんは、熱演でした(^O^)/

ほぼ出ずっぱりです。

サービス精神旺盛ですよ~

アドリブも多くて、共演者たちが舞台上で笑ってました。

 

共演者といえば、波乃久里子、七之助です。

波野家から3人も!

 

さすが、新橋演舞場です。

観客はみな盛装!

着物姿が多いし、洋服も人もおしゃれ♪

・・・・その中でわたしは普段着でした(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ゆっくり、ゆっくり丁寧に

 先日の稽古は濃茶の平点前でした。

何度も稽古していますが、いやはや難しいです(T_T)

 

 手順はともかくとして、わたしのお点前は

「早すぎて弾んでる」んだそう。

もっとゆっくり丁寧にすると、ぐっと美しくなるんだそうです。

 

「ゆっくり、ゆっくり丁寧に」を合言葉にこれからがんばりたいと

思います。

特に濃茶は重々しくしなければいけないのだそう。

あ~、ビデオに自分のお点前をとって見てみたいなあ(^^ゞ

 

 一緒にお稽古した方は茶箱のお点前でした。

芝生の上とかでしたら、とってもいい感じ♪になるだろうなあ。

でもお点前は難しそうだったけど(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

絵文字になるかしら

docomoからダウンロードしてきました

うまく表示されるといいのだけど

・・・・しかしもっとかわいいのがほしい気も。

auとかにもあるかなあ。

あとで見に行こう

 

今確認したら、色が出ない・・・・

やっぱりスクリプトがどうのこうのってしなきゃだめなのかなあ

残念

最後は自分で色つけてみました

| | コメント (3) | トラックバック (1)

自宅練習用道具 その2

 薄茶の運び平点前を稽古しはじめた時は(今も・・・ですが)

ハチャメチャでした(-_-;)

 特に柄杓(ひしゃく)の使い方。

柄杓とは湯や水を汲む「おたま」みたいな道具です。

先生には「持ち方がおかしい。こう持てないの?」と怒られ続け、

湯を汲んで茶碗に注げば、畳にこぼしてしまうありさま。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 「こりゃいかん!」というわけで、柄杓と水指(みずさし)を買いにデパートへ。

水指とは、水を入れておく道具です。

お金を出せば、いくらでも買えるのでしょうが

なにしろ私は庶民(^^ゞ

高いのは買えません。

いかにも安いものしか置いてなさそうな(笑)某デパートへ行き、

食器売り場の片隅に見つけたのがこれ。

Photo_3

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

在庫があるから陳列したけど、売れたら茶道具コーナーは

自然消滅だろうと思われました。

水指から柄杓で水を汲み、茶碗に注ぐ・・・という練習のための

道具です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

べつにちゃんとした水指じゃなくても・・・とも思いましたが、

(ボールを代用にするとかね)

でも深いところへ柄杓を入れて、水を適量いれる練習をしたかったので

えいやっと買っちゃいました。

ところで、これって黄瀬戸ですかね?(^^ゞ

よく知らんとです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 専用の箱もなく、プチプチのやつにくるまれ手提げ袋に

入れられて、わたしのもとにやってきました。

このころからです。

「茶道ってやっぱりお金かかるなあ・・・(>_<)」と思ったのは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

茶筅の思い出

 茶道は初心者ですが、

薄茶を点てるということなら、相当な数こなした経験が。

その昔数年間、アルバイトで正月3が日の間、お客様に薄茶を点てていたのです。

冷や汗ものですなあ、今にして思えば。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

いわゆる「点て出し」ってやつです。

お湯は湯沸かし器の湯で(笑)

社員も茶道習っている人はいなかったので、

もうテキトー・・・。

そこで、経験から学んだことがひとつ。

「お湯の温度が下がると、うまくお茶が点てられない」

ってことです(^^ゞ

教室に通っていらっしゃる方なら、よくおわかりになることでしょう(笑)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

それと、茶道経験が長い方でも絶対に見ることができないものを

見ました。

それは

  穂先がすべて無くなっている茶筅!

であります(@_@)

いやあ、びっくりしました。

交替のために水屋に入って、さて・・・と

茶筅を取り上げたら、穂先の美しいカールが

1本もない!

どれだけ力をこめて点てたのかは知りませんが、

飲んだお客さんは「あれ?何か口に残る」と思われたことでしょう(-_-;)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そのせいか茶道の稽古の「茶筅通し」では、

思わず穂先をじっと見てしまう、ちょこたらでございます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニフティさん、絵文字作ってください!

 ブログ生活しております。

今までたくさんのブログを読んできました。

かわいい絵文字って、どこでも使えるのだと勝手に思い込んでいました。

が、しかし。

使えないのですね、絵文字!

お願いです。

ニフティさん、早く絵文字使えるようにしてください!!!

お願い~!

・・・・あ~、ちょっとだけすっとした(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自宅練習用道具 その1

 自宅じゃなくても、教室に稽古に行く場合必要なものは

  袱紗、懐紙、扇子、菓子切り、とこれらを入れる袱紗ばさみ、そしてソックス

でしょう。

そう、袱紗!!

最初にお稽古に行くと、「割り稽古」というのをします。

おじぎのしかた、立ち方、座り方、ふすまの開け方にまじって

「袱紗さばき」というのを教わりました。

が、いかんせんその場はできても帰宅したらすべて頭から消えてる・・・(-_-;)

「自宅で練習するとかえって変な癖がついちゃうわよ」とかって

先生はおっしゃてたけど、そうはいかぬ!

というわけで自宅で練習しました(涙)

ついでに本まで買ってしまった(^_^;)

    「基本の割りけいこ」

って本。

この先、稽古が進むたびに、道具も本も増えていくのでした・・・・。

しかもいまだに袱紗さばきは下手です(涙)

これもセンスや器用さ等、生まれ持った才能が必要なのかも(@_@)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベストオブハンバーガー(トラバ練習)

 ブログがはじめてなので、当然トラバも初めて。

テストしまーす。

 初めて○クドナルドのフィレオフィッシュ食べたときは、感動しました。

おいしかったなあ。あれ以来よそのフィッシュバーガーは、食べられなくなった。

月見バーガーもいいね^^

○スバーガーは全般的にどれも好き。ここはデザートもおいしい。

○レッシュネスバーガーはサイズが選べるのがいいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめまして

 はじめまして、ちょきたらと申します。

茶道の稽古をはじめて数ヶ月。

縁あって、裏千家の茶道教室に入門できました。

お茶室にはいると嫌なことも忘れて稽古に集中できます。

・・・・その割には、覚えが悪いのですが・・・(^^ゞ

ここでは茶道をメインに、着物や芝居のことを

綴ってゆきたいと思います。

着物って言っても、また1枚も持ってないんですけどね。

だからこそ、あこがれるんですよね・・・・・。

これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップページ | 2007年3月 »