« 「殿のちょんまげを切る女」 | トップページ | 自宅練習用道具 その3 の続き »

自宅練習用道具 その3

 水指のあとは、柄杓(ひしゃく) でございます。

水を汲む「おたま」みたいな道具ですね。

Photo_5

 (↑柄杓の写真って難しいですね。どういう置き方がいいのかな)

 この柄杓には、夏用・冬用・兼用とあるのですよ。

水を汲む部分を (ごう)と言いまして、夏用より冬用のほうが

大きいです。だからお湯をたっぷり汲めますね。

 

 冬用(炉用)のがほしかったので、まずは廉価に買えそうな

お茶屋さんを何軒か覗きました。

ところが、どこに行っても「夏冬兼用」しかないのですよ(涙)

どちらの季節にも使えるから、便利ってことで売れるのでしょうね。

お店も在庫の管理しやすいでしょうし。

 

 てなわけで結局某デパートへ。

もちろんそこには置いてありました。

お茶屋さんでの扱いとは違い、一つ一つビニール袋にパックされてました・・・。

値段は・・・

水指より高いっ!!

ひえええええ~

 

 なぜこんなに冬用にこだわったかというと、

その時に習ってたのと同じ道具が使いたかったのと、

合が大きくて湯が入るほうが重いからです。

 

 非力な私は、湯をたっぷり入れると柄杓の持ち方が

おかしくなってしまっていたのです。

柄杓を支えるために指の位置が変になってしまう(涙)

おまけに湯の量を合一杯、合6分目・・・と入れ分けるのが苦手でした。

(今も時々おかしくなります・・・)

茶碗にこぼさずに入れたかったし。

 

 水指と柄杓がそろったので、自宅で何度か練習しました。

大して練習していないのに、腕が痛くなったのでそのうちやめちゃいましたが(^^ゞ

|

« 「殿のちょんまげを切る女」 | トップページ | 自宅練習用道具 その3 の続き »

コメント

こんばんは^^
お道具買っておうちで練習なんて熱心で
素晴らしいです!
私は家でも「飲むために」お茶筅とお茶杓・茶碗ぐらいしか揃えてないです^^;(しかも鉄瓶も用意してないし)

柄杓の扱いは、茶碗にこぼさずに入れるのも、
お釜に戻す時に
こぼさないようにするのも難しいですよね(>_<)
気を抜くとボトボトっとやってしまいます。

今月は初午ありましたけど、馬上杯使ってのお点前やりましたか?(*^_^*)茶道は季節特有のお点前あるのが楽しいですよね☆
来月からは釣りがま、でしたっけ・・・?
あっという間に季節が移り変わっていきますね。

投稿: まな。 | 2007年2月25日 (日) 21時42分

まな。様
 いえいえ、ほんとにこれくらいなんですよ。
鉄瓶なんて考えてもいません(笑)
お家でよくお茶を点てられるのですか?
わたしはあまり点てないんですよ(^^ゞ

 馬上杯を使ったお点前はしなかったです。
変わった形ですよね。馬に乗りながらでも
飲めるようにとのことらしいですが。

 来月は釣り釜ですか。
炉の終わりが近づいてくるような気がしますね。

投稿: ちょきたら | 2007年2月25日 (日) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自宅練習用道具 その3:

« 「殿のちょんまげを切る女」 | トップページ | 自宅練習用道具 その3 の続き »