« お茶はふんわりクリーミーに | トップページ | 浴衣をまきまき »

睡眠不足・・・

 今週は睡眠時間4-5時間の日が続いています。

5時間寝られるとまあまあかな。

4時間だとさすがにツライ[しょんぼり]

 

 死にそうな眠さで起床し、シャワーを浴びると

目がさめます。

それで午前中は元気なんですけど、午後は・・・・zzzzz

さっきまで眠くてたまらなかった。

やっとまた復活しました^^

 

 なんでこうなるのかというと、忙しいのではなく

何となくPCに向かって調べ物とかしてるとあっという間に

時間が過ぎてしまう・・・

寝る支度をモタモタしてるとあっという間に

ぎょえ~(@_@)って時間になっています。

お肌によくないなあ[しょんぼり]

 

 そのせいかまたまた茶杓の銘を考えていくのを

忘れてしまいました(汗)

あわてて本屋に飛び込み、季語辞典を立ち読み(本屋さん、ごめんなさい)。

何とかセーフ[笑顔]

 

 お客様の稽古では、またまた「貴人」様になりました。

何回目かなあ。そのわりには覚えてないのは

貴人の素質(?)がないからかも(^^ゞ

 

 そうそう、貴人茶碗って白だと決まっていると思っていたら、

そうとは限らないのだとか。

貴人様って日本では皇室の方々になるそうですが、

海外だと王室関係者ってことなのでしょうか。

温家宝首相が来日されたときは、貴人台は使われなかったそうです。

|

« お茶はふんわりクリーミーに | トップページ | 浴衣をまきまき »

コメント

私も最近、何かを調べてず~っとパソコンに向かってます(^^ゞ←何を調べているかは振り返ると不明だったりも・・・。

近頃フェイント(?)のお稽古で、
「次は~~しましょう」と先生が仰るので
それを調べていくと急きょ変更になってます(@_@;)この間も「次も御濃茶で貴人清次ね」と言われていたので、イメトレに励みお邪魔すると、「今日は寒雲棚(そううんだな)ね」ううう…。
初心者なので臨機応変に対応できない自分が歯がゆい・・・。

それにしても、温家宝首相の場合は「貴人」にならないんですか。立場よりも血筋(?)ということになるのかな。へぇ~×10でした(●^o^●)

投稿: まな。 | 2007年6月15日 (金) 01時26分

ちょきたらさんも寝不足ですか。
睡眠不足はお肌の大敵ですぜぇ~

わたしも早起き続きで寝不足です。(寝るのはいつも1時過ぎ)
昨日もゴルフで早起きして、その後仕事場で残務してたら知らずに寝てました。
気分転換も体力が入ります。

お稽古キチンとがんばってますね。
だんだんやることが増えて大変でしょうが、楽しんでください。
茶席に着いたら世俗を忘れ“こころに余裕”忘れないで。

投稿: 葉摘み | 2007年6月15日 (金) 18時31分

[お茶]まな。様
 フェイントされるとオタオタしちゃいます
よね~。でもまな。様えらい!
ちゃんと調べていくんですね[笑顔]

 「王室関係者にはきっと貴人点で
お出しするはずだからテレビとかでやったら
見てみて」って言われました。
でもテレビとかじゃ、めったにみられないと
思うんだけど(^^ゞ

[お茶]葉摘み 様
 昨夜は1時くらいに寝ましたが、
その前まではもっと遅くて。
さすがにネムネムでした。
睡眠時間って30分ちがうだけでも
身体の元気度が全然違うんですね~

 でもなぜか稽古の時は眠くないです!
・・・あたりまえですよね(笑)

投稿: ちょきたら | 2007年6月15日 (金) 21時25分

ちょきたら様

それは、調べないとすっかり忘れているからです・・・(^_^;)それにしても、最近、
お茶杓のご銘で困ってます。ネットで調べて
いくのですが、どうも季節がずれているとか
季節っぽくないご銘を選んでしまうようで
しょっちゅうやんわりとダメ出し
されてます。。なんというか、、我ながら
趣のないおなごです[しょんぼり]

投稿: まな。 | 2007年6月15日 (金) 22時07分

[お茶]まな。様
 それはまな。様の先生が微妙な季節感というか
タイミング(・・・っていうのかな)を
重んじていらっしゃるからですよね。
いい先生じゃないですか!
うらやましい^^
季語も難しいですねえ。
意味を調べないとわからないのも
多いですし。
短歌からきたのは特に・・・。
やはり季語辞典と禅語辞典は必携でしょうか。
でも季語辞典って意外と使いやすいのが
見当たらない気がします。

投稿: ちょきたら | 2007年6月15日 (金) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠不足・・・:

« お茶はふんわりクリーミーに | トップページ | 浴衣をまきまき »