« 歩き方と畳 | トップページ | お茶はふんわりクリーミーに »

お茶を出す間合い

 薄茶のお点前だと「お菓子をどうぞ」と言われてから、

菓子器をおしいただいて、懐紙をとりだし、

その上にお菓子をのせていただきます。

 

 わたしは誰よりも食べるのが早いのですが(^^ゞ

それでも「あ、もうすくお茶がでてくる! 急がなきゃ・・・」

とお菓子を食べるスピードを加速させることがしばしば。

お茶が定座に出されたまま、しばらく放置させるのは

亭主に失礼になるかな・・・と。お茶もかわいそう[しょんぼり]

どうでしょう? そうは考えなくていいのかな。

 

 お菓子をゆっくり味わって食べ、菓子切や懐紙をしまい、

ちょっと落ち着いた頃にお茶が出てくるってのが

私自身はベストタイミングだと思うのですが、

みなさんはどうなのかなあ。

 

 ということは亭主(お茶を点てる側)もお客様がお菓子を食べるスピードや

進捗具合(?)を見計らいながら、点てるということになるわけで・・・

わたしは点てることについつい集中しがちですけど、

食べ終わられて一息ついた頃に出せたらとこの頃思います。

 

もっともあまり見計らいすぎると、いつまでも茶筅を振り続けて

お茶が冷めちゃったりして(笑)

|

« 歩き方と畳 | トップページ | お茶はふんわりクリーミーに »

コメント

まったくもっておっしゃるとおり!正解です。

お客様に美味しくお茶をもてなす作法が茶の湯なんだから。
心入れのお菓子を堪能し、あ~美味しかったというところで熱いお茶。です。

主客の呼吸が合わないと・・・こまちゃうよねぇ~
これも亭主の力量ってことになるのよね。

でも、お菓子をどうぞって言われてからお茶の出るのが早くない?
お手前猛スピード?

投稿: 葉摘み | 2007年6月10日 (日) 01時39分

いつもながら・・・ちょきたらさんてすごいです。私、そんなこと考えながらお点前していたかなあ・・・と振りかえってみました。が、思いだせません。ということは、お茶点てるのに必死で見ていなかったてことだな~[しょんぼり]
これからはそういう点も気をつけながら
お茶点ててみようと思います[笑顔]

投稿: まな。 | 2007年6月10日 (日) 11時07分

>葉摘み 様
 ええ、ちょっと早いのかもしれません。
わたしも、他の生徒さんも(笑)
でも今度からは、もっとゆっくりに
なると思います(次回のブログにその理由をUPします)。
お客さまをちら見せず、気配でお菓子食べ
進行状況(?)がわかればそれにあわせてゆっくりお点前してもいいのかもしれませんね。

>まな。様
 いえいえ、全然すごくないです。
ただ、自分がゆっくりお菓子食べたいので(笑)
くいしんぼうなんです[笑顔]
わたしもお茶を青筋浮かべながら点ててます(^^ゞ

投稿: ちょきたら | 2007年6月10日 (日) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お茶を出す間合い:

« 歩き方と畳 | トップページ | お茶はふんわりクリーミーに »