« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

初炭手前、ふたたび

 先日お稽古に行ったら、なんと私が1番目の到着。

先生の準備のお手伝いをちょっとだけしました。

その時に知ったのが、どうもお釜の底には、何かがあるらしい・・・(笑)

そしてそのおかげでシュッシュッシュ~というお湯の沸く音(松風の音とかって

言いますよね)がするらしいのです。

 

 底をのぞごうとしたのですが、湯気で何もみえません・・・・

何が見えるのか興味があります^^

 

 そして1番なので(?)、今回も初炭手前でした。

灰器の持ち方は覚えました[笑顔]

でもカンは苦手・・・

なんと灰の中に1個落としてしまいました[困惑]

きれいに整えられた灰が無残に崩れてしまいました・・・・(>_<)

先生、も、申し訳ありません!!

 

 本を読んでいったけど、やっぱり頭に入っていない[しょんぼり]

箸の使い方も羽箒の扱い方も、だめだめです。

・・・・うーむ。

 

 「ちょきたらさんのお炭で今日はよくお湯がわいているわねえ」と

先生。みなさんのお稽古にお役にたったでしょうか(^^ゞ

藤灰は後炭のときに使用するようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お月見

 今日は中秋の名月。

そこかしこで、美しい月を賞でながら

楽しい時を過ごしていらっしゃる方も多いでしょう。

 

 わたくしちょきたらは、残念ながらバタバタの一日だったので

宴というわけにはいきませんでした。

 

 でも駅のホームから見える月は、とても美しく輝いていました。

特別な行事はできませんが、こうして心穏やかに月を眺めていられるのは

幸せなことだなあと思ったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり本買いました・・・初炭手前

  先日の稽古が終わったあと、

(絶対、本買わなきゃ!!(>_<))

と固く誓ったのです。

Photo

今回の本です。

阿部先生、またお世話になりますm(__)m

 

 炭や道具が炉と風炉で違うことがわかって、

勉強になりました。

ただ・・・灰器の持ち方は写真ではわからず(涙)

身体の影になっています。

 

 炭を箸で取る際にどこをつかむのかも、

指導されたのですが、これも書いてないし。

まあ、いつもながら本には一番知りたいところが

書いてなかったりするのでした(^^ゞ

そこは実際のお稽古でききましょうってことですね。

 

 来週は何のお稽古かな。

初炭手前ならある程度手順を覚えて行って、

もっと細かい動きを教えてもらえるようにしよっと。

 

 しかし日頃の箸の使い方が問われますなあ[しょんぼり]

枝炭を3本まとめてつかむのが、できないのです。

他の炭の時も落としそうになるし。

まさか今になって箸使いが気になるとは[しょんぼり]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初炭手前

 今日もお棚の濃茶平点前だろうなあと思いながら、

稽古場へ向かいました。

(水指のふた開けるのを忘れないようにしなきゃ・・・)と

お稽古の順番待ちながら手順を頭で復習。

 

 と先生がいきなり

「ちょきたらさん、初炭手前しましょう」とおっしゃいました。

え?炭手前???

予想外の出来事に頭が混乱。

水屋へ行き、茶巾をしぼりながら

(準備、準備・・・・えーとお茶碗は・・・)とあせる私。

「先生、初炭手前は薄茶ですか?濃茶ですか?」

とお伺いをたてると

「初炭手前ではお茶をたてないのよ」とのお答え。

あ~!!!バカ、バカ、バカ私(T_T)

そうじゃないの、趣味悠々でもお茶事のときに炭手前していたわっ!

何見てるのか、わたしは(>_<)

 

 先生に教わりながら、炭の入っている木箱からかご(炭斗・・・すみとり)に

順に入れていきます。

「これが香台で・・・ここに丸管・・・ここにぎっちょ(毬打)を置いて・・・」

この段階ですでにギブアップ。

炭の名前もわからないし、置き方ももう思い出せません(^^ゞ

 

 なんとか用意して、お手前始めます。

が・・・もはやC3PO状態。

「すこしこっちむいて、それからこれを置いて」と

指示どおり動くのがやっとです。

釜のお湯を少なめにしていただいたのですが、

とても重い。思わず中腰になってしまいます[困惑]

 

 「炭手前は集中して、回数こなさないとなかなか覚えられないわよ」と先生。

風炉と炉でも違うし、後炭手前もあります(^^ゞ

 みなさんはどうやって覚えたんでしょう。

発砲スチロールで炭の模型でも作って、

練習しないかぎり炭の準備すらできそうもないですね(涙)

 

 ちなみに「裏千家茶道教科」には

「決して、わずらわしい、こみいったものではなく、簡潔な美しい手前で・・・」との

一文があります。

わずらわしくはないけど、こみいっているなあというのが正直な感想です。

あ、藤灰って何のためにあるんでしょう。

灰匙置き場ってことでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3秒ルール(?)

 どうも私はお辞儀(特に真のお辞儀)のときに、

身体を上げるのが早いらしいです[困惑]

 

 「みなさんと一緒にね」と何度か注意されたので、

気を使っていたのですが、それでも

「ちょきたらさん・・・・早いわ」とおしかりが[しょんぼり]

 

 ついに先生に「1・2・3」とカウントされてしまいました・・・・

これでは新・3秒ルールではないですか。

これからは心の中で3秒数えます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快適♪

 最近携帯のバッテリーの持ちが悪くて、困っていました[困惑]

先日夜に満タン充電しても、翌日夕方には赤表示・・・

 まだ、1年半なのに毎日どころか1日2回の自転車充電。

参っていました・・・がそれに輪をかけるように

先日はついにお昼過ぎにバッテリーサインがに!

メール数通受信しただけですよっ![びっくり]

 

 新しい機種にすればいいんだろうけど、

これじゃ探してるヒマもない!!

そうだ!バッテリーを買おう[笑顔]

さっそく買いましたよ、1470円^^

余分な出費かもしれないけど、これで1年は寿命が延びたかな。

これなら数日に1回の充電でいいかも。

うーん、快適♪

 

 バッテリー交換して、ちとびっくり(@_@)

Photo

写真ではわかりずらいかもしれませんが、

バッテリーがぷくっとふくらんでいます。

新しいのはこんなことはないんです。

やはりバッテリーは寿命だったのかも。

こんなにふくらんで、爆発とかしないのだろうか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々にお稽古

 久々のお稽古日は、台風の日でもありました・・・・[しょんぼり]

 

 お稽古場に行くときは雨も降っていなかったので、

ラッキー!でした。

しかし久々の緊張感で、何やら舞い上がっている私・・・[困惑]

あせっているのが自分でもわかります。

ゆっくり準備すればいいことも、つい先のことに目が行ってしまいます。

そのせいか、水次を少し乱暴に置くことに・・・・・・[びっくり]

「お道具は大切にね」と先生。

本当にそうです。

ゆっくり落ち着いて行動します。

大切なお道具を傷つけては大変です(>_<)

 

 本当はもっとお伺いしたいことがあったのですが、

「早く帰りなさい」とのお言葉で急いで帰路に。

帰りはもうどしゃぶり。

傘が役に立っているのか、いないのかわからない感じでした。

ビニール傘を捨てている人も発見!

おいおいっ(怒)

 

 帰宅したら、上から下までびっしょり。

スカートから水がしぼれます。

でも無事帰宅できて何より。

もう少し遅かったら、ちとヤバかったかも・・・・

次々と電車が止まってましたから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

わかれ道?

 茶道を趣味としている方のブログを読んでいたら、

「着物のときのヘアースタイルに毎回困っている!」

とありました。

あ、あ、そーだ!!それも考えなきゃいかんのだ・・・[困惑]

 

 現在、髪の長さは肩より上のショートですが、着物を着用時は

襟を髪が完全に被ってしまいます。

襟に髪が触れるようだと、着物が汚れるそうですね。

 

 ということは完全なショートカットにするか、

このまま伸ばしていって自分でナンタラ巻きにしてアップするか・・・[困惑]

こりゃ、運命の分かれ道。

 

 不器用だからロングにしても自分では始末に負えないのは確実。

でも襟につかないショートにしたら、ず~~~~~~~っとショートになる・・・

悩む・・・・[しょんぼり]

 

 次回美容院に行くまでに方針を決めなきゃね・・・・

みんなどうしてるんだろう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

リサイクルショップにて

 今日は夕方から用事があったので外出。

ついでに、とあるショッピングビルをちょっと覗いてみました。

と、そこには着物のリサイクルショップが。

(ちょっと視察してみよっ!)

 

 それほど広くない店内をちらっと見ていると、

女性の店員が寄ってきました。

あれこれ勧められましたが、「見てるだけなので」と断りながら

店を出ようとすると

「こちらは今日入ってきたばかりなんですよ!」と

入り口の展示コーナーに手招き。

 

 そこにはポリエステルの洗える着物が半幅帯とともに展示されてました。

「着付小物・カラー足袋・帯のセットで1万数千円(・・・忘れた)なんですよ~」

とのこと。

着付小物とかは不要なのでと言うと、着物(袷)だけだと5250円なんですと(@_@)。

リサイクルではなくて、新品で。

 ふむふむ・・・と見ると1点のみちょっと生地の風合が違うものが。

薄いカラシ色に紬風の柄です。

「これ、他のとはちょっと違いません?」と聞くと

「・・・これは、これだけはリサイクルですね。今はポリエステルでも

ここまで来たんですよ~ いい色ですよ~ お薦めです~ 」と店員さん。

 着てみませんか、身丈もあいますよとの言葉に

(ポリでもこんないい感じで、しかも5250円!!ならお買い得じゃん[ラブ顔])

と思い、さっそく試着。

 

 試着室に入るといきなり

「ああっ~! これ正絹でした~!」ですって。

      オイ、オイッ!! (-_-;)

(正絹ってことは紬風じゃなくて、ってこと?

お買い得すぎるじゃーーーん(^O^)/)という思いと

(なぜ、こんなに安いの?ほかの紬はこれの何倍もの価格なのに)

という疑いの心が交錯。

(でも多少難があってもこの価格ならOKよん♪)

なんて浮かれながら着せてもらいます。

 

 なかなかいいかな・・・と思っていたら

「あれ?裄が長いですね・・・・」と店員さん。

よく見るとちょっと長いのかなあ・・・

でもこれくらいなら・・・と思っていたのに

「だめですね」とさっさと脱がされてしまいました。

売りつけたくてしょうがない店員さんが言うのだから、

こりゃそうとう長いんでしょう(笑)

修理で裄を短くすることもできるそうですが、

7000円くらいかかるとのこと。

着物代より修理ってのもね・・・・・[困惑]

 

 彼女はわたしには見向きもせずに、さっさと展示コーナーに戻していました。

もともと買うつもりはなかったのだけど、

ちょっぴり寂しい気持ちになったちょきたらでした。

 

 あの着物が安かったのは、裄丈が長いからなんでしょうか。

理由が知りたいです(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

趣味悠々~表千家 第9回 朝茶 総集編

  急に涼しくなってきましたね~

虫の音と空気の冷たさが、秋の訪れを知らせてくれます。

 

 趣味悠々でとりあげられた、「表千家 京に楽しむ夏の茶」も

最終回となりました。

いろいろありましたね。

ただ座るというところからはじまり、千家十職の世界を少しのぞいたりもしました。

そして朝茶。

 

 茶事は正直、わたしが参加するのはなかなか難しいのかな。。。

ましてや亭主としてもてなすのは将来ありえないような気もします。

でもこれが目標のひとつでもあります。

知識も稽古も感受性も・・・あらゆることが要求されますね。

勉強することがたくさんあるから、一生楽しめます。

 

 茶事・茶会でご亭主の思い入れを少しでも理解・吸収できるように

なりたいと改めて思いました。

そしてお茶室という小さな空間だけでなく、もっと実生活にも生かせたらなあ。

今の世の中、我が身のことを守るだけでせいいっぱいですが

「相客に心せよ」という言葉もあります。

電車の中、レストラン等でも・・・周りにも少しは注意を払いたいですね。

 

 山本一力さんはお茶のトリコになってしまわれたかもしれませんね^^

いきなり真髄に接してしまったようなものですから。

 

 わたしも8月はお稽古をお休みしていましたが

今月から再開です。

かなり不安ですが、志を忘れずにお茶を続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »