« 3秒ルール(?) | トップページ | やはり本買いました・・・初炭手前 »

初炭手前

 今日もお棚の濃茶平点前だろうなあと思いながら、

稽古場へ向かいました。

(水指のふた開けるのを忘れないようにしなきゃ・・・)と

お稽古の順番待ちながら手順を頭で復習。

 

 と先生がいきなり

「ちょきたらさん、初炭手前しましょう」とおっしゃいました。

え?炭手前???

予想外の出来事に頭が混乱。

水屋へ行き、茶巾をしぼりながら

(準備、準備・・・・えーとお茶碗は・・・)とあせる私。

「先生、初炭手前は薄茶ですか?濃茶ですか?」

とお伺いをたてると

「初炭手前ではお茶をたてないのよ」とのお答え。

あ~!!!バカ、バカ、バカ私(T_T)

そうじゃないの、趣味悠々でもお茶事のときに炭手前していたわっ!

何見てるのか、わたしは(>_<)

 

 先生に教わりながら、炭の入っている木箱からかご(炭斗・・・すみとり)に

順に入れていきます。

「これが香台で・・・ここに丸管・・・ここにぎっちょ(毬打)を置いて・・・」

この段階ですでにギブアップ。

炭の名前もわからないし、置き方ももう思い出せません(^^ゞ

 

 なんとか用意して、お手前始めます。

が・・・もはやC3PO状態。

「すこしこっちむいて、それからこれを置いて」と

指示どおり動くのがやっとです。

釜のお湯を少なめにしていただいたのですが、

とても重い。思わず中腰になってしまいます[困惑]

 

 「炭手前は集中して、回数こなさないとなかなか覚えられないわよ」と先生。

風炉と炉でも違うし、後炭手前もあります(^^ゞ

 みなさんはどうやって覚えたんでしょう。

発砲スチロールで炭の模型でも作って、

練習しないかぎり炭の準備すらできそうもないですね(涙)

 

 ちなみに「裏千家茶道教科」には

「決して、わずらわしい、こみいったものではなく、簡潔な美しい手前で・・・」との

一文があります。

わずらわしくはないけど、こみいっているなあというのが正直な感想です。

あ、藤灰って何のためにあるんでしょう。

灰匙置き場ってことでしょうか?

|

« 3秒ルール(?) | トップページ | やはり本買いました・・・初炭手前 »

コメント

落ち着いて落ち着いて・・・(笑

覚える極意はねぇ・・・覚えるのをあせらない事よ。d(^^)
知ったかぶりをしなかったのが、ちょきたらさんのいいところ(^^v

投稿: 葉摘み | 2007年9月22日 (土) 11時06分

★葉摘み様

 はあ、予想外でもうびっくりしてしまって(笑)
早速炭手前の本を買ってきました。
とりあえず炭の種類を覚えなくては。
炉と風炉では、炭の直径も違うんですねえ[びっくり]

投稿: ちょきたら | 2007年9月22日 (土) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初炭手前:

« 3秒ルール(?) | トップページ | やはり本買いました・・・初炭手前 »