« お月見 | トップページ | 忙しくて »

初炭手前、ふたたび

 先日お稽古に行ったら、なんと私が1番目の到着。

先生の準備のお手伝いをちょっとだけしました。

その時に知ったのが、どうもお釜の底には、何かがあるらしい・・・(笑)

そしてそのおかげでシュッシュッシュ~というお湯の沸く音(松風の音とかって

言いますよね)がするらしいのです。

 

 底をのぞごうとしたのですが、湯気で何もみえません・・・・

何が見えるのか興味があります^^

 

 そして1番なので(?)、今回も初炭手前でした。

灰器の持ち方は覚えました[笑顔]

でもカンは苦手・・・

なんと灰の中に1個落としてしまいました[困惑]

きれいに整えられた灰が無残に崩れてしまいました・・・・(>_<)

先生、も、申し訳ありません!!

 

 本を読んでいったけど、やっぱり頭に入っていない[しょんぼり]

箸の使い方も羽箒の扱い方も、だめだめです。

・・・・うーむ。

 

 「ちょきたらさんのお炭で今日はよくお湯がわいているわねえ」と

先生。みなさんのお稽古にお役にたったでしょうか(^^ゞ

藤灰は後炭のときに使用するようです。

|

« お月見 | トップページ | 忙しくて »

コメント

お手伝いできてよかったですね。
そういう時は集中してると普段出来ない勉強が出来ますよね。

釜の底。ナリガネですね。
楕円形の平たい鉄が3個ほど付いてます。

よい先生ですね。「おかげでよくお湯が沸いたわねぇ」なんていってくれて。
形あるもには壊れる。灰形はフンワリ作るから壊れやすいのよ。それが良いのだけど。

何事もよい経験に持って行ってがんばってね!

投稿: 葉摘み | 2007年9月28日 (金) 11時48分

★葉摘み 様

 一番に稽古場に入ることは、めったに
ないことなのでラッキーでした[笑顔]

 「ナリガネ」っていうんですか。
教えていただいてありがとうございます!!
PCで調べてもわからなかったので、
助かりました。

 何人かの稽古が終わったあとで、
「炭の状態を一緒に見ましょう」と
おっしゃっていただきました。
胴炭の燃えていない部分を燃えやすい位置に
置き換えてらっしゃいました。

 炭手前で悪戦苦闘中ですが、
先生のお言葉でうれしくなりました^^
楽しくお稽古したいと思います。

投稿: ちょきたら | 2007年9月28日 (金) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初炭手前、ふたたび:

« お月見 | トップページ | 忙しくて »