« 炉開き | トップページ | 半衿付け »

金工展添釜

 京王百貨店の金工展の添釜に行ってきました。

いつもお世話になっている葉摘みさんが、そこでお手伝いとして

参加し「ひょっとしたらお点前披露するかも♪」とのこと。

そりゃ、貴重な機会[ラブ顔]

馳せ参じました。

 

 実は添釜というものに出席するのは初めて。

どれくらいカジュアルなのか、あるいはきちんとしたものかが

わからなくてドキドキ・・・・♪

結果は・・・くつろいだ雰囲気でした^^

ほっ(*^_^*)

 

 ちょうど葉摘みさんのお点前が拝見できました(^O^)/

銀製の建水と柄杓を持って、すっと入ってくる姿がかっこいい!

当然のことながら、わたしのように「柄杓落としたらどうしよう・・・」

なんて心配なしぐさはなし。

まるで建水に柄杓がくっついていて、葉摘みさんも気にしていないように

見えました。

ううううっ~、ああなりたい(涙)

 

 そのあとのお点前は、空気と一体になったようでした。

無に近いというか・・・うーんいい表現が見つからない[困惑]

茶筅をふるうしぐさも肩に力がはいっていない(ようにみえる)んです。

ロボット点前の私には、到達できない世界がそこにありました。

 

 正客の男性が話題豊富で、大変おもしろい方でした。

わたしにもっと高僧や道具の知識があれば・・・とくやしかったです。

わたしにわかったのは

「昔はどこのデパートでも茶室があったのに、今はなくなってしまった。

あるのは、ここ(京王百貨店)くらいかもしれない」とおっしゃったことくらい(^^ゞ

三越とかにもあった気がしましたが、最近は使用していないんでしょうね。

 

 このくつろいだ雰囲気を作り上げた楽しい正客が、釜師の長野垤志さん

だったことはあとから知りました\(◎o◎)/!

そして席主が奥様で、半東を息子さんの長野 新さんが務められたのでした。

おおおおっ!偉大なる長野ファミリー!

 

 お茶会で初めて会う方と隣同士になり

「一緒にお道具を拝見しましょう」

「これは見事なお道具ですね」

等々お話するのも、とても楽しいですね^^

こちらの添釜でも、いい時間を過ごさせていただきました。

 

 もちろん長野垤志さんは、金工展に出品してらっしゃいます。

添釜の後に、そちらへ足を運びました。

釜や建水、花入等、すばらしい作品がいっぱい。

でもお値段が・・・・

0がひとつかふたつ少なければ・・・ね(^^ゞ

 

|

« 炉開き | トップページ | 半衿付け »

コメント

まあ!葉摘みさんのお点前を見ることが
出来たんですね。
うらやましいです。
私もいつも、建水から柄杓が滑り落ちないか
はらはらしてます。
お稽古の時は、たまに落としたりして・・・。
なによりも、たくさんのお客様の前で「無」に
なれることが素晴らしいですよね。
がたがた・ぶるぶるの私はかなりの小心者です。

投稿: ひよっこ茶人 | 2007年11月 9日 (金) 21時48分

★ひよっこ茶人様

 わたしもお稽古の時は落としたりしてしまうので、
そうならないようにと思うと腕が縮こまってしまう
んです。
先生からも「腕をちゃんと伸ばして」とよく怒られています[しょんぼり]

 

投稿: ちょきたら | 2007年11月10日 (土) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金工展添釜:

« 炉開き | トップページ | 半衿付け »