«  ロリオリ365 | トップページ | 恐れを知らぬ川上音二郎一座 »

向切

 師走に入ってから、忙しい、忙しい、忙しい、忙しい、忙しい、忙しい・・・(*_*)

ゆっくりテレビを見るひまもありません。

睡眠時間も短くて、顔に疲れが出ています(涙)

 

でも!!

お稽古には行かなくっちゃ!

前回からずいぶん間があいてしまいました。

忙しい気持ちを持ったまま稽古場に行くと、

大切なお道具を壊してしまうこともありえます(>_<)

気をつけなくては。

 

 というわけで先日、身体にムチ打って稽古に行ってきました^^

向切の炉だったんです[びっくり]

もちろん初めて。

小間の茶室で切られる炉ですが、ふだんと違って

亭主側というか点前畳(っていうのかな)側に切ってあります。

小間であっても、というか小間なので、少しでもお客様側の

スペース広くしたいという工夫のように感じました。

ほんとはどういう発想なんでしょうね。

 

 亭主は風炉のように正面を向きます。

柄杓を釜に掛ける時もまっすぐ。

蓋置、茶器、茶筅の置き方がちょっと変わります[普通顔]

座る位置もいつもとは違うので、

茶道口からの歩き方というか、歩幅に注意が必要です。

 

 疲れていてもやはりお稽古は楽しい[ラブ顔]

行く前は「今日は早めに帰らせていただこう」と思っていたのに、

釜や炉の切り方の話も興味深くて、あっという間に時間がたちました。

 

 Photo

   ↑

 縁高の扱いが苦手な私が自宅練習用におもいついた

ミスド縁高(笑)

大昔にミスドでもらったプラスチック重です。

残念ながら小さいので、黒文字がはみ出てしまって・・・

うーむ。

 

 

 

 

|

«  ロリオリ365 | トップページ | 恐れを知らぬ川上音二郎一座 »

コメント

ミスド縁高最高です[ラブ顔]
やっぱりこうやって練習しなくちゃですね!
私も縁高は、あれ?ってなっちゃうので
何回も練習しなきゃ。
今年は、正月実家に帰るので母にお茶でも
点ててあげようかな~と思っています。
親孝行・親孝行・・・・。

投稿: ひよっこ茶人 | 2007年12月16日 (日) 15時00分

★ひよっこ茶人 様
 ミスド縁高は「家にあるもので何か・・・」
と考えた末の窮余の策。
思いついた時には「やったー」と
思ったのですが、小さかったです[しょんぼり]

 私は何度練習しても縁高が苦手なんです(涙)
黒文字のおき方とか。

 お母様にお茶を点ててあげるなんて、
すばらしい^^
お母様もきっと大喜びですよ。
わたしもこの正月には点ててみようかなあ。

投稿: ちょきたら | 2007年12月16日 (日) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向切:

«  ロリオリ365 | トップページ | 恐れを知らぬ川上音二郎一座 »