« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

趣味悠々 武者小路千家~初釜を楽しむ~第4回

 今回の趣味悠々は4回で終わりなんですね~

というわけであっという間の最終回です。

 

 いよいよ「点心をいただく」になりました。

な、な、なんと山口 智子さんの着物が、薄茶・濃茶の時とは

変わっているではありませんか[びっくり]

お色直しです(@_@)

 

 ま、それはともかくとして。

点心は武者小路千家では女性が中心なんだそうです^^

なので家元夫人が山口さんに解説なさっていらっしゃいました。

家元夫人は雑誌等でよく見かける、千和加子さんです。

相変わらず、すてきな着こなしです[ラブ顔]

 

 お箸の使い方はお菓子をいただくときと同じですが、

お椀と組み合わせるとちょっと慣れるのに時間がかかるかも(^^ゞ

水分の多いものをとるときは、懐紙で受けるといいようです。

手では受けちゃいけないんですね![びっくり]

先日の初釜の時は手で受けてしまったかも(>_<)

これからは懐紙をせっかく持っているのですもの。

きれいに使いこなしたいですね[笑顔]

 

 料理には干支にちなんだものを入れるようになさっているとのこと。

今回は和え物にナマコを使用。

ナマコって漢字で「海鼠」と表記するんですね~(*^_^*)

お雑煮は京都なので丸餠ですが、

中にカラスミが入っているんですって!

 

 彩り鮮やかな点心は、いっそうおめでたい気持ちに

なりますね。

さぞやお客様同士の会話がなごやかに続いたんだろうなあと

うらやましく思いました[笑顔]

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガールフレンズ

 「ガールフレンズ」を見て来ました。

Photo

 

 このミュージカル、全曲ユーミンの作品を使用し、

セリフが一切ないんです[びっくり]

女性二人の友情と恋愛(←女性同士の、じゃないですよ(^^ゞ)がテーマ。

主演二人はダブルキャスト。

わたしが見た公演は、堀内敬子さんと島谷ひとみさんのペアでした。

 

 いやあ、見てびっくり!

ほんとにセリフがない(@_@)

しかも全曲主演ふたりのどちらか、あるいはふたりで歌うんです。

曲は35曲(「グループ」だけ一節を何度も歌います)。

 

 このふたりにとっておそろしいのは、8割くらいの曲の歌詞が

後のスクリーンに映し出されること[困惑]

だから歌詞まちがえるとバレちゃう(笑)

この日も堀内さんが1回、島谷さんが2回間違えました・・・

1番と2番の歌詞を取り違えちゃうようです。

堀内さんはいきなりオープニングの曲を間違えましたが、

そのまま通しました。

島谷さんは間違えに気づき、軌道修正(?)して歌いました。

これはプレッシャーでしょうね[困惑]

  

 「グループ」という曲がキーワードになっています。

  

 ♪過ぎ去った季節

  あなたは陽気な学校一の遊び人

  わたしとあなたと彼女と彼とで

  すてきなグループ♪

 

 他に男性2人と女性4人が出演していますが、

彼らはダンスとジェスチャーのみです。

コーラス参加してもいいような気がするなあ。

バンドは「ガールフレンズバンド」。

全員女性です♪

 

 ユーミンの詞はストーリー性があるので、

セリフがなくてもみごとにドラマになっていました。

これには感激。

「青いエアメール」では泣いてしまいましたぞ。

 

 ↓これは協賛会社の花王さんからのお土産。

シャンプーです♪

Photo_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

やせなきゃ・・・

 初釜の時の写真をいただきました。

 

 く~っ[びっくり]

まるまるとしたこぶたが着物着て・・・・・

                 ・・・・・座ってる

                 ・・・・・大口あけて笑ってる

                 ・・・・・ちょっぴり目つき悪い

                     (緊張して凝視している)

って感じです\(◎o◎)/!

 

 もっとスラっとした着姿になりたいなあ。

とりあえず、今夜から腹筋運動再開しよっと[晴れ]

 

 着物も普段から着ていないと、また着られなくなっちゃうしなあ。

月に1回は着なきゃ。

 

 写真見ながら、色々考えちゃいます^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

趣味悠々~武者小路千家 初釜を楽しむ~第3回

 いよいよ濃茶です^^

家元自ら点てられます。

さてどのようなお点前なんでしょう・・・と期待していました。

そしてそのお点前は・・・・ダイナミック!!

 

 よく考えると、私ほとんど男性のお点前って数えるほどしか見た事が

ないです。しかもほとんどテレビでです(笑)

ふだんは女性のみなみな様と一緒に「美しいお点前」というのを

追求?しています。

 

 今回の家元のお点前は「美しいお手前」のずっと先を行った、

気迫と勢いを感じさせるお点前だなあと思いました。

初心者ちょきたらにはまだ奥の奥は理解できてないのでしょうが。

 

 武者小路千家では「茶筅とおし」ではなく「茶筅とおじ」って言うんですね。

その茶筅とおじでも濃茶を練る時も、茶碗を少し傾けていらっしゃいました、

茶筅は煤竹です。

 

 そうそう、ここで食籠(じきろう)が![びっくり]

武者小路千家でも使われるのですね。

この扱いはマスターしなくてはっ!

お菓子は「都の春」。

ピンクとグリーンのきんとんです。うつくしい・・・[ラブ顔]

ピンクが桜グリーンは柳

古今和歌集の歌を題材にしたお菓子なんですって。

 

 家元が点てた濃茶を同門同士でいただくというのは、

今年もみんなで精進しようと誓い合う「かための盃」みたいなものだと

若宗匠はおっしゃっていました。

 

 床の間の結び柳は、唐の時代、シルクロードへ旅立つ人を見送る川辺に

柳があり、その枝を手折って結んで再会を願ったところから来ているのだそうです。

行く年への名残りと、新年の期待が結び柳には表現されてるとのことでした。

 

 山口智子さんは「勉強することが楽しい」とおっしゃってましたが、

本当にそうですね!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

寒~い(>_<)

 寒いですねえ。

暖冬期間は終わったようです・・・[しょんぼり]

 

 家の中でもフリースはおっています(-_-;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

趣味悠々~武者小路千家 初釜を楽しむ~第2回

 今回は薄茶です。

若宗匠が最初に基本的な所作を山口智子さんに教えていらっしゃいました^^

 

 細かいところが裏千家と違っていて、とても興味深いです。

まず扇子の大きさ。女性用でも結構長いですね。

表千家用と同じくらいでしょうか。

出し帛紗を使用するのも、表千家と同じですね。

膝の上で手を合わせてるときも重ね方が違います。

武者小路千家では左手を右手の上にかぶせるんだそうです。

左手が「静」で、右手が「動」を表すので、

「静」が「動」を押さえるのだそう。

なるほど!

 

 いよいよ薄茶席。

冬はつくばいのそばにお湯のはいった桶を用意しておくそうです。

口をすすぐときに水でぬるめて使用するのだそう。

 

 床の間には振り振り香合(ぶりぶりこうごう)がありました。

あんなに大きいのですね(@_@)

今まで見たことのある香合の4-5倍はありました。

小さいものと決め付けちゃいかんのですなあ。

 

 矢筈棚がとってもすてき!

緑色の組みひもが周りに締めてあり、房が下がっています。

水指もお棗もとても美しかったです[ラブ顔]

 

 正客に出された筒茶碗は飛込み鶴という、楽茶碗でした。

側面に鶴のつがい、口の部分から内部にかけても鶴が描かれて

いました。

こんなお茶碗でいただいたら、ほっこり気分で幸せになれそうです。

 

 山口智子さんの着付けは少し帯が下目で、粋な着こなしでした。

素敵な着物で、初釜に咲いた花でしたね。

 

 そして若宗匠は、わかりやすくて丁寧な説明をしてくださいました。

以前何かの雑誌でインタビューを読んだことがあります。

その時に選んでいたお道具がとてもシンプルで、斬新でしたね。

そのときからのファンなんです^^

テレビでもお目にかかれてうれしいです。

来週も楽しみ~^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初釜その3?

2008

え~、自宅初釜です(笑)

釜ではなく、ポットから注ぎましたが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初釜その2

 電車を乗り継ぎ、緊張の面持ちで会場へ。

途中で何人もの着物姿の方に出会いました。

同じく初釜だったのかもしれませんね^^♪

 

 濃茶では嶋台茶碗という、金の茶碗と銀の茶碗を使用するのです。

できれば金のほうに当たるといいなあ♪って思っていたのですが、

見事(?)金的中(^O^)/

え?どうしてって?

それは・・・何となく金色のほうがお茶の緑がきれいに見えるって

思うからです(笑) 極めて単純な理由ですヘヘヘ(^^♪

 

 茶筅は白竹の新品、蓋置は清々しい青竹。

お湯もよく沸いて釜鳴りが響きます。

この音が

「今年も一年稽古をがんばろう!」って

思わせてくれました。

「松風(まつかぜ)」と表現することもあるようですね。

心に緊張感と集中力を与えてくれる音です。

 

  続いて薄茶席。

ここでは私も点てさせていただきました。

緊張のあまり、お茶がうまく掬えない[困惑]

まだまだの私です(-_-;)

  

 そしてお弁当を食べながらの和やかな歓談へ。

予習した「千鳥の盃」は・・・ありませんでした。ちょっとホッ。

先生が生徒一人ひとりにお酒をついでくださいました。

 

 どうも、着物を着るととたんに食事ができなくなってしまう私です。

普段は男性並に食べるのですが、着物を着るとどうも・・・

着物を着たことによる緊張感、身体を締め付けている等の理由でしょうけど、

散々お茶やお菓子をいただいたあとだからかもしれません。

 

 それでも必死の思いで、すべてたいらげました(^_^)v

胃が悲鳴をあげていましたが、そこは根性!(笑)

そのかわり夜ごはんは、ぬきです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初釜その1

 初釜に参加して来ました。

そして例によって、ヘアーセット&着付けのために悪戦苦闘でした(^^ゞ

 

 昔から「前日までに用意・準備」ができない私ですが、

着物のことになると別です!(キリッ!)

 

 前日に着物・長襦袢・下着・帯や着付け小物をすべて出し、

草履も玄関にセット。もちろんバッグの中身もバッチリ(^_^)v

洗面台にはスプレー、ワックス等も準備。

完璧だ!!(笑)

 

 ここまで準備してあるのに当日朝の「着付コーナー」は

戦場です。いつになったら、よゆーでできるんでしょう・・・。

ちなみに今回は帯と帯締めに時間がかかりました。

遅刻するわけにはいかないので、見切りでしゅぱーつ(笑)

 

 あ、今回はいつもと違って、着物を着た後に「股割り」をしました。

電車に乗ったりするときに足が開かないとヤバイ、いえ大変ですから。

着崩れちゃうかなあと心配でしたが、大丈夫でした。

今度からは必須ですね[笑顔]

 

 あ、長くなったのでとりあえずここまでにしまーす♪

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

趣味悠々~武者小路千家 初釜を楽しむ~第1回

 いきなり大福茶(おおぶくちゃ)の映像で始まったので、びっくりしました。

今回の映像って、大変貴重ではないでしょうか。

  

 NHK 趣味悠々で武者小路千家の初釜が放映されると知り、

楽しみにしていました^^。

第1回は一般に考えられてる「家元の初釜」ではなく、

家元と家族、内弟子でとり行う、内々の大変重要な茶事でした。

今回は特別に山口 智子さんが参加されたのです。

うらやましい・・・(笑)

 

 年末、門には「根引きの松」を飾ります。

松に根がついているんです。それを和紙でくるみ、紅白の水引を結びます。

武者小路千家では、さらに注連飾りを内弟子さんたちが作り、

井戸等に飾っていました。

 

 そして年末最後のお茶を、家元、家族、内弟子さんたちでいただきます。

雰囲気はなごやかな感じでした。

 

 この最後の炭を、元旦の大福茶を点てる茶室に移動させます。

そして新しい炭を継ぎ足したあと、濡れ灰を上からかけて一晩火を守るのだそうです。

「火が消えたときは家が途絶えるとき」と家元は鋭い眼光でおっしゃっていました。

そして「火が消えるんじゃないかと気になって、夜中に何度も来る」とも。

火を次の年へ送るという重責は、われわれには計り知れないことでしょう。

 

 元旦に点てる大福茶は、家元が濃茶を点てます。

そのときのお湯は、ほんとにぶくぶくと沸いていまして

(冬はこういうお湯でお茶をいただきたいなあ)と

思いました。

ちなみにこの湯は、除夜の鐘の時に若宗匠が井戸からくみ上げた水を

使用しています。

 

 びっくりしたのは、濃茶をずっと回し飲みしたあと最後に家元が飲まれた

ことです。みんなでひとつのお茶を分け合うということなのでしょうか。

それと利休像にも茶湯という、お湯に抹茶を溶いたものを供えるらしいです。

 

 みんなでお茶をいただいた後、天井の天窓を開けて、新年の朝日を

茶室に呼び込みます。

なんて、すがすがしい新年の迎え方でしょう。

 

 冒頭にも書きましたが、こんな貴重な映像を見せていただいて

本当にうれしいです。

濃密な緊張感と、茶の湯に生きる人々の一体感が

ないまぜになった、すばらしい茶事だと思います。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千鳥の盃

 初釜で「千鳥の盃(さかずき)」があるかも?しれないので、

本を読んでいます。予習です(^^ゞ

何だかややこしいです(笑)

 

 盃の動きを見ていくと(お酒をいただく順番)

正客→亭主(次客がつぐ)→次客(亭主がつぐ)→亭主(詰がつぐ)→詰(亭主がつぐ)

→亭主(詰がつぐ・・・2回目)→正客(亭主がつぐ)→亭主(正客がつぐ)

となるみたいです[困惑] ↑合ってるでしょうか(^^ゞ

わ、訳わかりませーん(>_<)

ジグザグに盃が渡るので、「千鳥の盃」というのだそうです。

このほかにも八寸の扱いや盃台の扱いもあるし・・・(T_T)

 

 しかし、こうしてみるとお客が3人でも、

亭主は4杯もお酒をいただくのですね[びっくり]

茶人はお酒も強くないといけないのでしょうか(^^ゞ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年のアイドル?

 Photo

知人からいただきました。

2010年バンクーバーオリンピックのマスコットピンです。

左がSUMIで右はMIGAという名前です。

な、なんて動物をモチーフにしてるんだろう???

 

 調べたら、カナダの先住民族の神話上の動物だそうです。

http://www.skinet.jp/canadasnownet/exec/conv.cgi?cid=2&id=425

なるほど[笑顔]

  

 オリンピックのマスコットって最初はふーんって感じなんですが、

画面で見れば見るほどだんだんかわいくなってきちゃうんですよね~

長野オリンピックのスノーレッツも売り切れてから、ほしくなっちゃった私です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むむむ・・・(-_-;)

 今日は久々に着付けの稽古をしました・・・が!!

 

 袋帯の二重太鼓がどうも決まらない・・・[困惑]

お太鼓を決めれば、手が短くなるし、

手を長く取れば、帯の立ち上がりが短くなる・・・(T_T)

 

 ままなりませんなあ(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

 年末年始をのんびりすごしています[笑顔]

 

 大晦日は、定番(?)の白歌合戦を観ていました、

Gackt、か、かっこいいいいいいっ~!!

大河ドラマの上杉謙信そのままの世界が再現されてました[ラブ顔]

本人、この役相当気に入ってるなあ(*^_^*)

 

 昨日は初詣。

何をお祈りしたかって?

もうシンプル。

「健康」です。

やっぱりこれじゃないかと思いまして^^

 

 今日は朝から箱根駅伝のテレビ観戦。

スタートから観たのは、初めてか、2回目か。

戦国駅伝でしたね~。

早稲田が往路優勝するとは思いませんでした\(◎o◎)/!

復路は駒沢が有力でしょうけど、駅伝は終わるまでわかりません。

そして順天堂。

棄権になってしまいましたが、復路のメンバーはしっかり走って

来年につなげてほしいです。

メンバーをよく見ていませんが、4年生がいたら、

学生最後の締めくくりでもありますから、なおさら力いっぱい走ってほしいです。

 

 のんびり時間もあと少し[しょんぼり]

明日はとりあえず着付けの稽古を兼ねて、

着物を着る予定です(*^_^*)

茶道の本も少し読もうかと。

 

 お正月が終わると、3連休だけが楽しみ(笑)

・・・あちゃ、相変わらずナマケモノのコメントだわ(^^ゞ

こんなんですが、今年もよろしくお願いします[笑顔]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »