« キャラメルボックス「きみがいた時間 ぼくのいく時間」 | トップページ | 白洲正子著「きもの美」③ »

長緒

 先日水屋で稽古の準備をしていました。

さて茶入を・・・と文琳の蓋をあけたら、お茶がない

肩衝にもなし。

(ありゃ文琳に補充しよう)と思いつつ、

大海の蓋をあけたら・・・・入ってる

ということは長緒の仕覆

 

 長緒の仕覆は、名のとおりひもが長いので、

結ぶとき、仕覆から出すときにいつもとは違うひもの扱いになります

先生に教わりながら、ホレ、ハレ、ヒレとやり、

最後に輪を2個作り、そこにひもを通し、手を持ち替え

仕覆の中に輪を入れると、「ツノ」が出て、引っ掛けられように

なるのですが・・・・

 

 わたしときたら、「ツノ」どころか、

全部が仕覆からするっと出て、まさしく「長緒」状態に

これは家で練習しないと

|

« キャラメルボックス「きみがいた時間 ぼくのいく時間」 | トップページ | 白洲正子著「きもの美」③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長緒:

« キャラメルボックス「きみがいた時間 ぼくのいく時間」 | トップページ | 白洲正子著「きもの美」③ »