« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

表情も大切

 まだ濃茶を練るのは5-6回目という方のお茶をいただきました。

う~ん、とってもいい練り具合でおいしい

数え切れないほど練っているちょきたらとは、雲泥の差です

 

 私のはどうもゆるめになりがち。

お茶の量を多めにしても、どうもいまひとつ、ふたつ・・・

先輩方は「この方が飲みやすいわ」とフォローしてくださいますが・・・

 

 先日のお点前でも、ちょきたらは「一茶入魂」(こんな言葉ないですよね

の気持ちで真剣に練っておりました

・・・が、しかし結果はゆるめ。

(まただめた、どうしてなんだろう・・・)と

思いつつ茶碗を取り上げたとき、

「首をかしげちゃだめよ」と先生の一声。

 

 「『うーん、どうかな』なんて首をかしげて出されたら、

お客さんが不安になるでしょ」と続ける先生。

あら、いつのまにか表情やしぐさに出てしまっていたようです

 確かに変な表情をしてしまったら、お客様も興ざめというもの。

ここは自然体で出すべきでした。

濃茶の腕があがれば、こんな表情ではなく、こういう表情

に自然となるのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ出番?

 Photo

 だいぶ前にこのブログで紹介した本です。

いよいよ出番!・・・かも(笑)

 

 今年はお茶事の稽古をするみたいなんです

やっとこの本&DVDが役立つ時がやってきた・・・かも(笑)

  

 持ってるだけじゃだめですからね、やっぱり読んだり

見たりしないと

買ったときにはDVD見たのですが、長いので途中までしか

見てません・・・・

・・・これから役立てます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

貴人点

 先日お稽古に行ったら、見学の方がいらしてました。

熱心にご覧になっているので、わたしも思わず緊張してしまいました

自分の見学時のことを思い出していました

 

 そんなふうにぼーっとしていたせい・・・・ではなく、

忘れっぽい頭は相変わらずの私

すっかり貴人点の拝見のときに、茶杓を仕覆に乗せるのを

忘れてしまいました

次も貴人点にしていただこう。

今度こそっ

 

 今月のお稽古が初めてという先輩が

席入りの挨拶の際、

「先生、初風炉おめでとうございます」と一言

あああ~、わたしときたら

(あ、今日から風炉だ)と心の中でつぶやいただけだったのに

挨拶もまだきちんとできない、ちょきたらなのでした・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホールごと食べられそう

ねんりん家の「ストレートバーム やわらか芽 」です。

Photo

この「生」っていうのは、賞味期限が当日なんですって!

急いでいただきました

Photo_2

とりあえず4分の1

すうぅぅ~っと胃の中に収まっていく・・・・・

 

 残りの4分の3は、これから

いっただきまーす 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤福餠

 「い~せ~の(伊勢の)名物」である赤福餠をいただきました

何年ぶりでしょうか。

http://www.akafuku.co.jp/product/index.html

例の事件以来、販売個数を絞っているようですが

徐々に増やしていくようです。

 

 久しぶりに食べると、やっぱりおいしい

2個ペロリ

写真を撮りたかったのですが、

箱からお皿に盛るときに・・・・ね、

ぐちゃっとなってしまうので

 

 あれをきれいにお皿にもりつけることってできるんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつのまにか風炉に

 前回のお稽古からかなり日にちがあきました。

その間に風炉に変わってしまっていました

 

 いやあ~、なにやら緊張

どれくらい緊張してたかっていうと、茶筅通しを忘れてしまったんです

いえ・・・実は炉のときも忘れたことが・・・

どうも茶碗にお湯を入れたら、すぐに捨てて茶巾で拭いてしまう

ようでして・・・いかん、いかん

 

 それと水指の蓋を三手であけるのは覚えていたものの、

(あれ?どういう手だったけ?)と迷ってしまうありさま

さすがの先生もあきれておられました・・・・

 

 最近自宅稽古をさぼっていました。

反省しています・・・

次回稽古までに何度か平点前のおさらいをしなくっちゃ

 

 今回は初めて見るお道具がふたつ。

一つは駅鈴(えきれい)という蓋置でドーナツ型をしています。

中にボールがあるみたいで、カラカラと音がします。

あまり音をたてないようにしなくては・・・

 

 

 もうひとつは槍の鞘(やりのさや)という建水。

普通の建水より直径が細くて、背が高いのです。

駅鈴に柄杓を通し、その柄杓を建水にのせ、

建水の上からつかむように運びます

が小さい人にはつらいなあ。

 

 駅鈴を柄杓から抜くときも独特の作法があります。

先生がやるとすんなりなのに私がすると、何だかわけわからんことに

何とか蓋置を置いた後、今度は長緒と格闘

これが茶筅通しを忘れた原因・・・ってことは・・・

もちろんないです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

茶道資料館

  裏千家が運営している茶道資料館へ行ってきました

「裏千家所蔵絵画展-屏風を中心に-」がテーマ。

http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/tenjinext/tenji.html

墨絵の襖絵が多かったですね。

2階には若き日の塩月弥栄子さん姉妹を描いた絵もありました。

裏千家先々代の家元のお嬢さんでしたよね。

裏千家の中の又陰(ゆういん)という茶室の写しもみることが

できました。

 

 そのあと呈茶室でお茶をいただきました

Photo

鵬雲斎大宗匠書の「青山緑水」のお軸です。

 

Photo_2

お菓子は鼓月の「唐衣」。

「伊勢物語」の在原業平が詠んだ

らころも つつなれにし ましあれば

るばるきぬる びをしぞおもふ」

の歌から来ているのですね。

「唐衣」といえば、「かきつばた」をあらわしていることになるのでしょう。

 

 別の3人のグループの方とご一緒に立礼式でいただきました。

そのお茶のおいしかったこと

さまざまな替茶碗の中には、細川元首相の作なるものもありました。

帰り際、その3人のグループの方に

「ご一緒していただいたおかげで、いろいろなお茶碗が楽しめました。

ありがとうございます」と挨拶されました。

ほんとは若輩者の私から言わねばならないのに・・・

すっかり一期一会の精神を忘れていた私です・・・(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまげました・・・・

 バーガーキングに友人と入りました。

バーガーキングって確か日本撤退したと思っていたのに、

復活していたんですね。

その昔ハワイで食べたっけ・・・

なつかしいなあ・・・

 

 さっそく注文。

ワッパーチーズにポテトね

待つこと数分。

出てきた商品にびっくり

デカい、デカすぎる~

 

 ここのバーガーって、マクドナルドの1.5倍は

ありそう! 

昔からこんなでしたっけ

いやはや、びっくりしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱狂の日

  年々人気が出てきたようです。

「ラ・フォル・ジュルネ ~熱狂の日~ 」

http://www.lfj.jp/lfj_2008/

今年はシューベルト特集。

初めて行ってきました

 

 普通クラシックのコンサートって、3-4曲2時間くらいってのが

多いと思うのですが、一つの枠が1時間前後で1500円から3000円くらいと

リーズナブル。

クラシックをお試しに・・・って方でもお手軽に楽しめます。

 

 わたしは「弦楽四重奏曲 死と乙女」を聴きました。

自宅のCDとは少し違った音で、印象深いメロディーが始まります。

聴くほどに違和感がなくなり、どっぷりその音色につかることができました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の下駄

 下駄を買いました♪

浴衣を持っているものの、下駄は持っていなかったんです

これじゃ、外に着ていけないじゃん!

 

 てなわけで、さっそく草履屋さんへ

台は桜の皮を張ってあるものを選びました。

浴衣だけじゃなく、小紋や紬にもOKらしいんです

これはオ・ト・ク

 

 鼻緒を選ぶのも楽しいです~

あれこれ迷いますねえ。

複数ほしいくらい(笑)

 

 早く履いてみたいなあ

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »