« たまげました・・・・ | トップページ | いつのまにか風炉に »

茶道資料館

  裏千家が運営している茶道資料館へ行ってきました

「裏千家所蔵絵画展-屏風を中心に-」がテーマ。

http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/tenjinext/tenji.html

墨絵の襖絵が多かったですね。

2階には若き日の塩月弥栄子さん姉妹を描いた絵もありました。

裏千家先々代の家元のお嬢さんでしたよね。

裏千家の中の又陰(ゆういん)という茶室の写しもみることが

できました。

 

 そのあと呈茶室でお茶をいただきました

Photo

鵬雲斎大宗匠書の「青山緑水」のお軸です。

 

Photo_2

お菓子は鼓月の「唐衣」。

「伊勢物語」の在原業平が詠んだ

らころも つつなれにし ましあれば

るばるきぬる びをしぞおもふ」

の歌から来ているのですね。

「唐衣」といえば、「かきつばた」をあらわしていることになるのでしょう。

 

 別の3人のグループの方とご一緒に立礼式でいただきました。

そのお茶のおいしかったこと

さまざまな替茶碗の中には、細川元首相の作なるものもありました。

帰り際、その3人のグループの方に

「ご一緒していただいたおかげで、いろいろなお茶碗が楽しめました。

ありがとうございます」と挨拶されました。

ほんとは若輩者の私から言わねばならないのに・・・

すっかり一期一会の精神を忘れていた私です・・・(涙)

|

« たまげました・・・・ | トップページ | いつのまにか風炉に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶道資料館:

« たまげました・・・・ | トップページ | いつのまにか風炉に »