« 「濃茶」と聞くと・・・ | トップページ | おじけづいています »

稽古茶事に向けて

 先回、いろいろ先生に指摘されたところを

自分なりに改善(?)したつもり・・・・です(笑)

 

とりあえずまあまあだったかななんて思っていたら

「ちょきたらさん、蓋置が置きっぱなしよ」との声。

あれれ・・・棚で水次から水指にお水を入れるときに

蓋置を一旦降ろしました。

水を補充したことに安心して、蓋置をそのままに・・・

あ~、やっぱり抜けてる・・・・

次回こそはカンペキを目指します

 

 今年は稽古茶事があるので、拝見の問答も型にはまったものではなく

あれこれとご亭主に尋ねるよう、先生に言われています。

が、これがなかなか難しい・・・・

(何か尋ねなきゃ)という気持ちが先走って、

ついつい詰問口調に

お道具の見どころを察して、柔らかい口調でお尋ねしなくてはね

 

 先輩が初炭手前をされたので、じっくり拝見。

別の先輩から「このタイミングで釜やカンのことを聞くのよ」

「灰器を亭主がとったら、灰器についてさっそくお尋ねを」等々

いろいろ教えていただきました。

 

 茶事進行の本をいよいよ気合をこめて、読み始めました

流れのことでつまづかずに、ご亭主のおもてなしに心がすべて向けられる

ようになりたいです。

|

« 「濃茶」と聞くと・・・ | トップページ | おじけづいています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稽古茶事に向けて:

« 「濃茶」と聞くと・・・ | トップページ | おじけづいています »