« 久しぶりの花月 | トップページ | 茶と花の融合展 »

サントリー美術館「小袖」展

 サントリー美術館の「小袖」展へ行ってきました。

2008

   松坂屋京都染織参考館のコレクションらしいです。

さすが老舗の松坂屋さん

すばらしいコレクションでした。

3期にわけて公開しているので、チラシの2点は見られませんでしたが・・・・。

 

 年数が経って褪色しているのもありますが、

そこに残されている染・刺繍の美しさはオートクチュール

ならでは

そして構図の大胆さにも驚きました

 

 そして、なんとっ

美術館内にある「玄鳥庵」に入ることができましたっ

この会期中の隔週木曜日に点茶席を設けていたんです!

ラッキー

料金は1000円(但し別途展覧会観覧料が必要)。50名まで。

11時30分から17時30分(受付は17時まで)の営業で、

13時・14時・15時の3回お点前があるそうですが、

それ以外は点て出しとなるみたいです。

目の前でお点前していただきたい場合は予約したほうがいいですね。

わたしは時間がなかったので、点て出しでいただきました。

 

 お菓子は鶴屋吉信製「秋桜(あきさくら)」。

ピンクに小さな黄色い点があってかわいらしかったです。

 

 立礼席でいただきましたが、

広間と小間を見ることができました。

今度はお点前していただきたいなあ。

|

« 久しぶりの花月 | トップページ | 茶と花の融合展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サントリー美術館「小袖」展:

« 久しぶりの花月 | トップページ | 茶と花の融合展 »