« なごや土産 | トップページ | ラーメンの後に・・・ »

趣味悠々~藪内家 第4回

 放送日よりだいぶ日がたってしまいました・・・

 今回で最終回、そしていよいよ「朝茶を楽しむ」という

ことになりました。

  

 ふむふむ・・・どれどれ

ジャーン 飯島アナが袴姿で登場

おにあいです 時間は朝の9時半。

 

 お茶席にはすだれがかけてあるのですが、

すだれごしに木や葉が風にゆらめくのがわかります。

いい風が通るお茶室なんですね~

 朝茶の順番は、

  ①炭手前 ②菓子・・・中立ち・・・③濃茶 ④懐石 ⑤薄茶

となるそうで、放送では中立ちから紹介されました。

 

 藪内家では濃茶をお客同士で回す際、

同性同士は手渡しですが、異性だと畳の上での

受け渡しになるそうです。

 

 懐石では、「面桶弁当(めんつうべんとう)」という

器を使用していました。 飯・汁・香の物を入れます。

 

 裏千家では汁物は器に盛られた汁物をお客に出しますが、

こちらでは亭主がお茶席で給仕してくださいます

面桶弁当があらかじめお客の前に出ているからなんでしょう。

 

 八寸は海・川・山の3種を盛るんですって

裏千家では2種(海と山)でしたね。

川の物って何があるかなあ・・・テレビを見ながら

悩みました(笑)

 鮭は川の物・・・でいいんですよね

 

 飯島アナがいただいた薄茶の茶碗は、

永楽作「仁世写 朝顔の図」でした。

実に朝茶にふさわしいお茶碗ですね。

 

 それにしても、

飯島アナの所作がとっても美しくなっているので

びっくりしました

かなりお稽古されたのでは・・・・・

み、見習わなくてはっ

 

|

« なごや土産 | トップページ | ラーメンの後に・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 趣味悠々~藪内家 第4回:

« なごや土産 | トップページ | ラーメンの後に・・・ »