« 皇后さまと子どもたち写真展 | トップページ | 京王のお茶会 »

炭手前・・・

 「今日はお炭をやってみない?」と先生に言われて、

中置五行棚での炭手前をお稽古することに。

 

 いつも「今日は炭手前だ」という心構えがないので、

ドキドキ・・・そしてちょっとテンションが下がります

なぜって?

実はどうも炭手前が覚えられないのです・・・というか

何だか苦手

炭をつぐ行為は好きなのです

羽箒はどうも手つきが悪いらしいけど、

まあこれは練習しだいだし・・・

 

 でも今回お稽古して、何が気を重くしているのかが

わかりました。

それはお釜が重くて熱いので、怖いこと

カンをかけてお釜を火から上げ、自分の膝の上を通るように

して紙釜敷の上に置きます。

そのとき、非力なちょきたらは決死の覚悟なのです

 

 さらに紙釜敷に乗せたまま、移動させます。

あの不安定な紙釜敷の上で大丈夫なのかしら

心配なのです

釜の中には熱湯がたっぷり。

倒したら大変です~

この恐怖感が今一つ炭手前に熱心になれない原因

なのでした。

 

 風炉の時期はお釜が小さいですが、

炉になれば大きくなります。

大丈夫かしら・・・・

好きになるには、慣れるしかないんでしょうか

|

« 皇后さまと子どもたち写真展 | トップページ | 京王のお茶会 »

コメント

こんにちは^^

わあ^^表紙?が、秋バージョンになりましたね^^
ちょきたらさん^^センス良いですね^^

はい^^炭手前、緊張して汗だくになったことがあります(^^;
ちょきたらさんの、気持ちわかります。
でも、どんまい!どんまい!です^^
何でも、最初から上手く出来る人などいませんもの^^
いよいよ、来月から「炉」ですね^^


投稿: さわらび | 2008年10月30日 (木) 09時57分

さわらび さま

 すっかり冬が少し近づいたような気候ですね。
というわけで、季節にあわせて「落ち葉」バージョンにしてみました

 さわらびさんも茶道をなさっているorなさって
いたのですね! ぜひとも初心者ちょきたらに
ご指南くださいませm(__)m

 炭はどうも苦手で・・・お稽古中に眉間に
シワができているのがわかります。
茶道って結構チカラが必要ですね。
やっぱり男性向きなんでしょうか(笑)

投稿: ちょきたら | 2008年10月30日 (木) 16時45分

こんばんは^^

いえいえ~^^
私は、歳は重ねておりますが、まだ初心者のようなものでして・・・(^^;
こちらこそ、ちょきたらさんのブログで
勉強させて頂いていますよ~^^
ちょこちょこ、お邪魔しますので、これからもよろしくお願い致しますね^^

ちょきたらさんは、足のシビレは大丈夫ですか。
私は、いつも大変な事になっています[笑顔]


投稿: さわらび | 2008年10月31日 (金) 19時38分

さわらび さま
 
 こちらこそ色々教えてくださいませ
お互い助けあいましょう^^

 お稽古の日にちがあくと、しびれやすいですねえ。そうじゃなくてもお点前の途中でもしびれちゃ
うんですこればかりは慣れなんでしょうか。

 でもあんまり無理すると膝によくないような
気がします。お客様の稽古のときは適度に
足をくずしちゃっています

 

投稿: ちょきたら | 2008年10月31日 (金) 22時24分

こんにちは。はじめまして。
葉摘みさんのページからお邪魔しました。
私は10月から茶道を始めたばかりの超初心者です。
実はちょっと前から記事を読ませていただいてました^^
初期の頃の記事は今の私にとって、とても勉強になります。
現在の記事に共感できるようになるのはまだ先かもしれませんが、いろいろ学んできたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
茶道はお茶だけではなく、書やお花、香りにお道具、炭まで・・・!
学ぶものがたくさん詰まった世界なのですね~

投稿: ちょぴはぴ | 2008年11月 1日 (土) 21時19分

ちょぴはぴ様

 何だかお名前が私に似てますね^^
はじめましてm(__)m
こんな拙いブログにようこそおいでいただきました。
こちらこそよろしくお願いします。

 わたしも超初心者なんですよ
いつまでたっても覚えられなくって、1つ覚えて
2つ忘れるって感じです。
茶道は「総合芸術」って言いますけど、
本当ですね。学ぶことがたくさんあります。
一緒に勉強しましょうね!
わたしにも色々ご指南ください

投稿: ちょきたら | 2008年11月 1日 (土) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炭手前・・・:

« 皇后さまと子どもたち写真展 | トップページ | 京王のお茶会 »