« おくりびと | トップページ | オグシオ »

いよいよ炉

 炉になって、はじめてのお稽古

「炉開きおめでとうございます」とご挨拶するものなんですね。

・・・・ご指導されてしまいました

来年こそは忘れずに言うぞ~

 

 濃茶平点前をしたのですが、

もうバタバタ・・・

帛紗を置く位置まで「ここだったっけ?」と

戸惑うちょきたら

 

 私はもともと風炉より炉が好きなのです。

お客様とより近く向き合え、低い炉から湯を汲んで

お茶を点てるのが私がもともと持っているお茶のイメージ

なので。

 

 ところが風炉に慣れきった身体(?)には

炉でお客様に向き合うのが何だか恥ずかしい・・・

お点前がじっくり見られてる・・・て妙に意識してしまう

 

 そのせいかお湯を灰の中にこぼしてしまい、

灰が雪のように茶室に舞ってしまいました

あああ・・・灰がぁ~ 

先生、ごめんなさい

 

 あまりに動きの悪いわたしに

「ちょきたらさん、今日は集中してないわね」と

先生の怒りの声が

そ、そういうわけでは・・・・

 

 次回は予習して臨みますm(__)m

|

« おくりびと | トップページ | オグシオ »

コメント

こんばんわ^^

炉開き、おめでうございます[お茶]
そして、お疲れ様でした[コーヒー]

そうですね~炉のお稽古は、一年振りですものね。
本当に、お疲れ様でした[ケーキ]

ちょきたらさん^^どんな時も、めげずに^^どんまい[ねこ]どんまい[シュナウザ]です^^


投稿: さわらび | 2008年11月14日 (金) 18時25分

[シュナウザ]さわらび さま

 どんまい!と心の中で何度つぶやいたか
でも、これしきのことでめげませんぞ
次回こそ美しい?お点前を・・・(笑)

 いつも励ましてくださって、
ありがとうございます^^

投稿: ちょきたら | 2008年11月14日 (金) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ炉:

« おくりびと | トップページ | オグシオ »