« 文庫包み | トップページ | 茶壷の真の結び »

初・茶道会館

 ひょんなことから、淡交会主催の「懇親茶会」へ

急遽行ってまいりました

「茶道会館」ってどんなところだろう???

 

 当日は最初晴れていたものの、昼過ぎから雨に。

さ、寒~いっ

震えながら外で並んで、席入りを待っておりました

 

 どのお席も席入りすれば、心も身体もほっこり

立礼席は干菓子が柔らかくて、おいしい

御園棚の上には、かわいいお釜が。

「六瓢(むびょう)」という、ひょうたん型のお釜です。

「無病」に通じるんでしょうね。

 

 濃茶席では、学校茶道の生徒さんたちとご一緒しました

かわいいなあ~

ちょきたらにも、あんな年頃があった・・・・はずなのに・・・

 

 薄茶席を外で待つ間、お庭の楓を見ていると、

心は京都へ・・・・・

あ~、行きたい(笑)

 

 それにしても、スタッフの方が大変そうでした。

クロークには風呂敷包みがてんこもり

出していただくのも、申し訳ない感じ。

 

 各席の下足番の方々もずーっと寒い中を

立ちっ放しです。

風邪ひかなかったかしら。

 

 初めての茶道会館は、寒さと雨のおかげで

ゆっくりしていられませんでした。

今度はゆっくりお庭をそぞろ歩きしたいです

|

« 文庫包み | トップページ | 茶壷の真の結び »

コメント

こんばんは[ワイン]

はい。お茶会は、スタッフさん、水屋のお手伝いの方々、何日も前から、準備下さってすごく大変ですよね。
一服のお茶にたどり着くまで、沢山の方々のお力のお陰なんですよね。

私も、お茶会で、水屋のお手伝いをさせて頂いて
色々と、勉強させて頂きました。

今まで以上に、感謝して、頂いています[お茶]


投稿: さわらび | 2008年12月 1日 (月) 18時32分

さわらびさま

 さわらびさんも水屋のお手伝いをされたこと
があるんですね~ ほんとに裏方は戦場ですね。
姿の見えないたくさんの方に感謝して、
お茶をいただきたいと思います

投稿: ちょきたら | 2008年12月 1日 (月) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初・茶道会館:

« 文庫包み | トップページ | 茶壷の真の結び »