« 季節の和菓子 おまけ | トップページ | 白い恋人の缶 »

雪松図と能面 展

 この2日間、忙しい・・・・

それも歯医者通いを始めとしたヤボ用で(笑)

 

 そんな最中、用事で近くまで行ったこともあり、

「国宝 雪松図と能面」展

Photo_3

 

 お能ってまったく観たことがないんです~

能面って・・・何だかコワイ気もしたのですが

 

 まず入ったら、能に関する銘を持つ茶道具が展示

されていました

おお、ありがたや

 

 ノンコウ作赤楽「鵺(ぬえ)」や長次郎作黒楽「俊寛」等々、

名品を鑑賞。

これらは四方から見られるんです。お茶碗は底も見られると

いいのでしょうが(笑)

 

 無知な私は、「大べしみ」と銘のついた建水(利休所持と伝わる)

があったのですが、「大べしみ」の意味がわかりませんでした。

(能の題名かしら?)と思っていたのですが、あとから

意味がわかりました。

 

 お茶道具のあとはいよいよ能面へ。

旧金剛宗家より譲られてた54面がすべて重要文化財

なんですよ。それを一度にどどーんと展示。

女面コーナーを「若い→お年寄り」順に展示してあり、

(私は今、このあたりかしら・・・)と考えさせられたり

しました。

 

 「べしみ」とは能面の種類なんだと、あとから

わかりました。

↓こんな感じです。

http://www.nohmask21.com/ohbeshimi.html

女面よりも翁の面が気に入りました

 

 ランチは鯛めし。

 

 Photo

ここのおだしは、絶品

鯛の骨を焼いたのをだしにしているそうです。

(もちろん秘伝!)

 

 デザートの抹茶には、このお菓子。

Photo_2

「彩紋(さいもん)」というのだそう。

求肥のなかにごま味とゆず味のあん?が

はいっています。 

 

 「忙中に美食あり」と言ったところでしょうか(笑)

このところ疲れ気味のちょきたらは、すこし癒されました

|

« 季節の和菓子 おまけ | トップページ | 白い恋人の缶 »

コメント


充実した、一日でしたね[ラブ顔]
本物に触れ、美味しいものを頂き[ごはん]
癒されて元気に過ごされてますか?

そう言えば、、、
茶道の先生は、長年に渡り「能」も、お稽古されてました。
何度も、舞台で舞いられたそうです。
一度、拝見しておけば良かったです。


投稿: さわらび | 2009年1月20日 (火) 18時16分

さわらび さま

 用事がたまたま重なって、充実というより
疲れました・・・
能面展は用事と用事の谷間に行ってきました。

 さわらびさんの先生は、能をやってらしたのですか~! 
それはすごい
凛とされていらっしゃるんでしょうね。
 
 そうそう!
塩ねぎしょうが、昨日作りました^^
あれ、便利ですね~
一週間持つとは・・・
わたしはまず豚肉を焼いたのにからめて
みました。
おいしかったです
教えていただいて、ありがとうございました
あれはレパートリーに加えさせて
いただきます^^

投稿: ちょきたら | 2009年1月20日 (火) 23時05分

はい。先生は、いつも、お優しくて、努力家で
人間的にもすばらしい方です^^
心から、尊敬しております。

塩ネギしょうが、美味しくてよかったです^^
ちょっと、ネギを切るのが、大変ですけどね。。。
スープも、是非に[ラブ顔]

投稿: さわらび | 2009年1月21日 (水) 16時51分

さわらび さま

 尊敬できる先生との出会いは、
何事にも代えがたいものですね。

 たしかにネギ切るのはたいへんでした
パソコンの画像だとどこまで細かく切ったら
いいかよくわからなかったので、適当です。
でも、おいしかったです
ありがとうございます^^

投稿: ちょきたら | 2009年1月21日 (水) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪松図と能面 展:

« 季節の和菓子 おまけ | トップページ | 白い恋人の缶 »