« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

季節の和菓子

 20090328

 このうち三種は、何度か紹介させていただきました。

何度食べてもおいしいです

 

 花衣は造形が美しいし、ゆず饅頭は薯蕷饅頭と同じ素材

なんでしょうが、ゆずの香りがします

 

 以前にも書いたと思いますが、

桜餅はやはりこの道明寺タイプがわたしにとっての桜餅。

関東で初めて「桜餅」を見たときの驚きは、

忘れられません(笑)

こんなに一般的な和菓子が地域によって大きく違うなんて、

おもしろいですね。

 

 先日のお稽古でもわらびもちを使用したのですが、

(写真の和菓子屋さんのとは違います) 

盛りつけるときに苦労しました

気をつけないときな粉が飛び散るし、

やわらかいので形が崩れてしまい・・・・

お客様役の方に申し訳なかったです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

都内の桜

 日本橋へ久しぶりに行ってきました

あの界隈は短いけれど桜並木があるのです。

どんな具合かなあ~

20090329

こんな感じ。

5分咲き・・・くらいでしょうか。

他の桜はもっと少なかったような。

あと数日で満開でしょうか

 

 そういえば高島屋のエントランスはいつも豪華

何か季節の物が飾ってあるのでは・・・と思い

覗いたら

20090329_4

 おお!!ゴージャス

小原流の家元が生けられたそうです。

 

 ずいぶんお若い写真だったので、

帰宅して調べたら、まだ20歳前の男性家元でした。

6歳から家元の務めを果たしていらっしゃるそうです。

これからもたくさん美しい作品を見せて下さるでしょう^^

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉みやげ

 鎌倉に行くたび、買っていました。

わっふる21のワッフル(笑)

200903

 最近、鎌倉へはすっかりごぶさた・・・・

今回はおみやげでいただきました

ラッキー

 

 ここ2-3日、めちゃくちゃ大きい口内炎に

苦しんでいます

写真でアップしたいくらいです(笑)

ここ数年、よくできるようになってしまって・・・

お菓子をたくさん食べているからなのか、

睡眠不足のせいなのか・・・

 

 うーん・・・

早く治ってほしい・・・

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宝珠咲き

 先日お稽古に行った際、

お花を拝見していると

「これは『宝珠咲き』っていう咲き方なのよ」と先生。

 

 写真は撮れなかったので、ネットで探してみました。

http://homepage1.nifty.com/tokuya/ver2/page/tubaki/yukitubaki/housyu.htm

こんな感じです。

花の中心部がコロンとつぼまっていて、かわいい^^

 

 椿の咲き方にも色々あるのだと知りました。

蓮華咲き、獅子咲き・・・・奥が深いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

趣味悠々 裏千家 点前を楽しむ 第8回

   最終回になってしまいました

 

 流し点を紹介していただきました。

ずっと以前にお稽古で見たことがありますが、

最近はすっかりご無沙汰・・・・・

 

・・・・・

お稽古しているじゃありませんか、流し点

・・・・・・忘れてる・・・・

 

えー(気をとりなおして・・・)

あらためて、流し点っていいなあ~

と思いました 

 

 炉でもかなりお客様の方を向いてお点前しますが、

(だからわたしは風炉より炉の方が好きです)

流し点はばっちり正面!

お客様とお話しやすいですね。

 

 亭主はご自服してもお菓子は食べられません

これはちょっと悲しいなあ・・・と以前は思っていましたが、

亭主が食べる姿をじっと見られるのは、ちょっと恥ずかしいかな。

だからこれでよいのでしょう

倉斗先生は

「(準備の段階で)先に食べている(試食ってこと?)ので」

とおっしゃっていました。

 

 亭主とお客様2人。

とってもいい雰囲気ですね^^

大寄せの茶会ではぜったいに味わえない

落着きとゆったり感。

 

 会話も弾みますが、

お話ばかりしていてもいけないようです。

亭主とお客の心が通じ合ったときにおこる沈黙の「間」も

大切なんだそう。

  

 沈黙が続くと、つい「何か話さなきゃ」と

普段から思ってしまう私。

要注意です(笑)

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

おかえりなさーい

 侍ジャパンが帰国しました

昨夜の熱戦は一夜明けても、老若男女に共通の楽しい話題を

提供してくれました

 

 「WBC優勝記念にビール1杯無料

なーんて看板もみかけました

今日は二日酔いの人も多かっただろうなあ。

 

 今回活躍したのがワンセグ携帯

家で見られないときは、やっぱりこれ

昨年末に買い換えてよかった~

 

 これからはいよいよレギュラーシーズン。

疲れをとって、がんばってね

 

 あ、ちなみに今回かっこいい~

わたしのハートをキュンとさせたのは

青木選手です

・・・・ヤクルトファンではないですが・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近おどろいたこと

 その1

   「渡る世間は鬼ばかり」「家政婦は見た」に出演してらっしゃる、

 女優の野村 昭子さん。

 なんと、御年82歳だそう

 見えない・・・見えません・・・もっとお若い方だと

 思っていました。

 

 その2

   先日深夜テレビをザッピングしていたら、

  ジュリーこと沢田 研二さんのライブをNHKで放送してました。

  タイトルが「人間六十年 ジュリー祭り」ですって。

  ってことは60歳

  いやはや、60歳とは思えぬ声の張り、声量、動き

  恐れ入りました・・・

 

 そういえば小田 和正さんも60歳過ぎているはず・・・

年齢を感じさせない活動ぶりにただただ脱帽です

若者の方が年寄りじみてるかも・・・

 

 「最近トシとったなあ・・・」と毎朝鏡を見て感じてしまいますが、

このお三方を見ているとぜーんぜん私なんてひよっこ

かんばらなきゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

趣味悠々 裏千家 点前を楽しむ 第7回

   「季節感を大切にするということは自然に感謝するということ」

と倉斗先生はおっしゃいます。

今回は春のお点前でした。釣釜と透木釜、蓋置の扱いについてです。

 

 昔は釣釜は炉だけではなく、風炉の時期にもしていたそう。

五徳がすえてあったこともあったようです。

だんだん整備されてきたってことでしょうが、

昔は「あれはダメ、これはこう」って決まりがなくって

自由だったんだなあ~と実感しました。

 

 七種の蓋置も紹介されました。

わたしが実際にあつかったことがあるのは、

三種かなあ。扱い方は・・・頭の中であいまい状態です

 

 透木の扱いは初めて見ました^^

火に近かった面を意識していないといけませんね。

 

 残りはあと1回。

勉強させていただきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WBC 2次ラウンド順位決定戦

 勝ってよかった~

これでホーム用ユニホームが見られますね

ずっとビジター用のユニホームでしたからね(笑)

 

 しかし村田選手・・・残念です。

無念でしょうね。早く回復するよう祈っています。

 

 今度はアメリカ戦

もうダブルエリミネーション方式じゃありません。

がんばれ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後炭手前と盆略点前

 他の方が稽古されているときに何気なく炉中を見たら、

やや火が落ちかけていました。

(この後先生が炭を直されるだろうから、

お湯を補充しなきゃ)

と思っていたら、

「ちょきたらさん、炭にしましょうか。初炭・・・・うーん・・・・後炭

にしましょう」と先生。

 

 おおお~!後炭は初体験です。

見学も1-2回しかありません

でも・・・炭点前はいつもできるものではありません。

こういうチャンスを逃しちゃいけない

 

 釣釜なので、鎖を上にかけたり、下にしたり

という工程(?)があります。

稽古場ではわかりやすいように鎖に印がついています。

(だいたいこのへんね・・・・)とわかるようになっていますが、

実際はこんな印はないのですね。むむむ、大変

 

 びっくりしたのは、水次の蓋をとってひっくり返し、

その上に釜の蓋を置くこと

たしかに蓋置がないですものねえ。

 

 この日は比較的最近入られた方が

盆略点前をお稽古。

盆略点前を見るのは、とても久しぶり。

先生が帛紗さばきや茶杓の清め方を

丁寧に教えていらっしゃるので、

わたしたちも一緒に割り稽古

 

 盆略って、点前のエッセンスが凝縮されています。

ないがしろにしてはいけませんね。

200903_2

いただきものの和菓子です。

美味でした~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WBC

 今日、いやもう昨日ですね・・・

キューバに勝って、なんとかベスト4へ

 

 よかった、よかった

しかし、勝つって難しいなあ

 

 明日は4回目の韓国戦です

この方式・・・(ダブルエリミネーション方式でしたっけ?)

だと、同じ相手ばかりに当たってますねえ

 

 明日もがんばってね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Endless SHOCK 2009

  特にジャニーズファンってわけじゃないですが・・・

かねてより気になっていた「Endless SHOCK2009」

行くことができました

堂本 光一主演です。

 

 光一さんはオフブロードウェイで活躍する俳優という

設定。ネタバレになるのであまり書けませんが・・・

歌、ダンス、殺陣・・・・等々てんこもり

すごすぎます~

植草 克秀さん、いい味出してました^^

Shock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三井家のおひなさま展

 「上村 松園・松篁・淳之 三代展 」のあとに、

「三井家のおひなさま展」へ足を運びました

2009

 着物で行くと、入場料が200円引きになるんです。

だから早起きして、着付けがんばりました

http://www.mitsui-museum.jp/exhibition_01.html

去年もこういう企画ありましたね。

(去年は300円引きだった・・・・)

 

 昔の大金持ちのお雛様って・・・

もう・・もう・・・もう・・・すごすぎまーす

 

 わたしの実家で箱におさまったままの

ひな人形たちを思い出しました。

和紙で貼ってあるぼんぼりに

指で穴あけたちゃったんですよね・・・その昔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上村 松園・松篁・淳之 三代展

 上村 松園の絵をまとめて見られる機会でもあり、

天気もよかったので着物を着てお出かけしてきました

 Photo

 「序の舞」はなかったのですが、

「花がたみ」は見られました^^

あと、「焔(ほのお)」の下絵が展示されていました。

 

 松園の絵の女性は無垢な表情が多いです。

雪が降ってきて、傘をさす女性。

蚊帳を吊っているときに、蛍を見つけた女性。

いずれもその瞬間の美しさを見事に描いています。

「鼓の音」(チラシの絵)の凛とした女性も好き。

 

 松篁・淳之のおふたりは、松園とはまったく違う画風です。

鳥の絵が多かったですね

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

釣釜

 大荒れの天気だったり晴れたり。

春にむかうっていうのは、こういうことなんですね。

 

 お稽古も釣釜になりました。

昨年のメモを読むと

「五徳の蓋置」と書いてあります。

そうか!釣釜といえば、「五徳の蓋置」なのね。

ナットク・・・・

・・・・これは間違いです

必ずしも、「五徳の蓋置」を使うわけではありません

 

 茶入荘のお稽古をしました。

釣釜ですから、釜が揺れます。

それを見つめていると、

だんだん催眠術みたいな気がしてしまって(汗)

なんだか妙な気分でした

 

 荘りものでは必ず由来等を亭主にお尋ねする問答が

あります。

  ・成人のお祝いに・・・

  ・就職のお祝いに・・・

  ・茶名をいただいたお祝いに・・・(わたしはまだまだまだまだまだです)

とかとか亭主は答えねばなりません。

 

 今回はとっさに

「に・・・、入門の記念に先生からいただきました。

銘を『初心』」と言います。」

 

 (お茶入れは「楽」のようですけど・・・)

と聞かれたので

「はい。3代目ノンコウ作でございます」とこれまた

とっさに答えました。

歴代の楽家の名前をちゃんと覚えていないので

めちゃくちゃなことに(汗)

 

 そんな国宝級や重文級のお道具をいただくなんて、

ありえません(笑)

もっと、それらしいお答えができないといけませんね

| | コメント (3) | トラックバック (0)

趣味悠々 裏千家 点前を楽しむ 第6回

  大炉だ~

 

 というわけで、趣味悠々も残りわずかですね。

先月お稽古した、大炉がテレビ画面に大きく映し出されると

やっぱりうれしい。

なかなか普段見られないですもん。 

 

 大炉といえば「逆勝手」。

これに切り替えるのは、ちょっと戸惑うものですが

「本勝手がきちんとできていれば、大丈夫」とは倉斗先生のお言葉。

やはり基本はいつでも大切ですね。

 

 大炉は蓋置をへり外やへり内に移動させますが、

小柄な私には少々・・・いやかなり苦しいです

スムーズに動くためには、標準とは違った動きも必要と

されます。

 

 利休が若いころまでは、炉も今よりずいぶん大きかったそうです。

今の大炉は一尺八寸(約54.5センチ)四方なのですが、

その昔は二尺だったそう

昔の人って、小柄なのにずいぶん大きな炉を使っていた

んですね~

 

 いつもは聞き役の高橋アナ。

ついにお茶をいただく時がやってきました

緊張の面持ちでしたね(*^_^*)

 

 大炉は火もごちそう。

炭手前の時に火を拝見するのが

好きです。

後炭のために雪輪瓦の向こう側に炭を

組んである景色もいいですね^^

 

 そうそう。

テレビでお点前された方は、

お茶を結構たくさんすくっていらっしゃいました。

お茶碗の大きさにもよるかもしれませんが、

わたしのは少ないのかしら・・・・

今度先生に確認してみよう

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遊ぶ♪

 最後に行ったのは何年前かなあ・・・

 

 早朝開門前から並んで、遊んできました

夢と魔法の王国、東京ディズニーランド

 

 TDLは25周年記念イベント開催中

200903121612000

 ショーやパレードを満喫♪

 アトラクションは「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」が

お休みだったのが残念

でも楽しみにしていた「ミクロアドベンチャー」や

ジャック・スパロウ版「カリブの海賊」

「プーさんのハニーハント」には行けました

 

 ランチには初めて「北斎」に入りました。

ちょっとリッチに

200903121250001

松華堂弁当です

 

 ディナーはポリネシアンレストンランで。

200903121750000

200903121809000

 

 ここではショーを見ながらのお食事です^^

もちろんミッキーも登場

200903121850000

 お土産を見たり、25周年にちなんだストラップを

作ってもらったりしたらもうあっという間に

エレトリカルパレード

200903121957000

 花火が中止になって残念

でも閉演時間直前まで、「スターツアーズ」等のアトラクションで

遊びまくりました

 

 ああ・・・時間と体力がいくらあっても足りない・・・(笑)

  

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

むずむず・・・

  今朝起床したときから、のどがむずむず。。。

鼻水が・・・洪水・・・

ってのはよくあることで、わりと短時間で治まるのですが・・・

 

 今日のは、ほぼ終日続きました

今まで医者へ行かずに何とか過ごしてきましたが、

こうもむずむず・・・・・ハークション!!・・・・ズルズルとなると

まずいですね  やせがまんしすぎかなあ。

明日は治まるといいのですが。

お稽古に行く日は、市販の鼻炎カプセルが必要かも

 

 WBC、侍ジャパン惜しかったですね。

もう1本が出なかったなあ。

前回はコールド勝ちしたけど、

さすがに今回はそうはいきませんでした。

でも拮抗した、いいゲームでした。

 

 いつの間にかこのブログも2周年を過ぎちゃってました

テンプレートもひなまつりのままですが、

いいのがないのでこのまま・・ということで

これからもぼちぼち書いていきたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

続・お菓子の盛り方

 今日は用事があったので、銀座へおでかけ

天気も久しぶりにいいし、何かいい写真撮れるかも・・・

と思い、デジカメ持参しました。

 

 が、写真的には収穫なし

木立ちも花壇も、ディスプレイも

まだ春には、やや弱い。

来週にはもっと春めいてくるのでしょう。

でも、久しぶりに歩いたホコ天は、

やっぱり気持ちいい~

 

 ブログにお越しいただいた、ちー様に

お菓子の盛り方について参考になるかも?

という本をご紹介いただきました。

ちー様もまだご覧になったことがないとのこと。

本屋にあれば手に取ってみようと思い、

某書店へ。あったのは2冊。

(ちー様、ご紹介ありがとうございました)

 

 ①「今日庵菓子暦」 千 登美子著

  美しい装丁の、少し大判の本です。

茶道のコーナーを探してもなくて、和菓子のコーナーにありました

美しい写真に、季節感あふれる文章。

じっくり読んでみたい感じです。

 ②「菓子の茶事を楽しむ」

 茶事の写真が豊富でした。

が、何より和菓子の製造工程が写真つきで

解説されていたのが、よかったです。

きんとんってああいうふうに作るんですね~

なんて、繊細なんでしょう

 

 で、買ったのはこちら。

Photo

世界文化社「茶席の菓子」でございます。

とにかく写真が豊富!

盛り方の参考になるかはわかりませんが、

器とお菓子の取り合わせは勉強になると思いまして。

 

 買おうかどうか正直迷いましたが、

ちょうどいただいた図書カードがあるのを思い出し

レジに並んでしまいました(笑)

 

 和菓子のすばらしさが堪能できる一冊です。

ちなみに先ほどパラパラ目を通した中では、

鶴屋吉信の「まさり草」に心魅かれました

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

定額給付金

 いよいよ支給が現実的になってきました。

 

      うーむ。

      どう使おうかなあ

 

 受け取らないという選択もあるし、

市町村によっては「寄付」という選択もあるみたいですね。

 

 まあ、受け取ったら・・・と考えると

食費や洋服・コスメに消えちゃうかなあ~

 

 あっ

せっかくだから、茶道関係の書籍に使ってもいいかな

高くて手の出ない本があったから・・・

 

 それとも着物の小物とか・・・

うーん、迷いますねえ

 

 でも・・・やっぱり生活必需品に消えちゃいそう

わが身を振り返ると、結局こうなるのでしょう(涙)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

趣味悠々 裏千家 点前を楽しむ 第5回

   早いもので、全8回のうちの5回目。

私が一番楽しみにしていた「初炭手前」です

 

 湿し灰を撒くのは、炉の中の景色を作るのと

対流をおこして火おこりをよくするためだそうです。

 

 テレビでは、とても美しい、流れるような点前が

展開されました。

私のように「よっこらしょ・・」「よいしょ・・・

とは雲泥の差。

炉中の炭は美しく、ずっと眺めていたい景色です

まろやかなお湯が沸くような予感がしますね。

 

 「おいしいお湯が沸くように炭を継ぐ」ことが

大切なことだと倉斗先生はおっしゃってましたが、

それは回数を経験しないと難しいですね。

気候や湿度によって、いろいろ工夫があるのでしょうね。

いつか先生にお伺いできるタイミングがあれば、

ぜひとも一例を教えていただきたいです。

 

 筒井紘一さんによれば、

利休の時代には灰は何種類も考えられたのだそう。

栗灰(一番大きい粒)、霰灰、粒灰、ふくさ灰等を

その日の天気にあわせてブレンドして使用したらしいです。

灰のブレンドや炭の継ぎ方によって、お湯の沸く時間が

違ってくるのだそう。

 

 おいしいお湯を沸かせる腕をお見せするのが、

炭手前なんですって。

・・・まだ・・・というかそんな腕、永遠になりませんって

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベンジャミン・バトン

 今夜の雪はなんとか積もらずにすみそう

本格的に春になるための関門なのでしょうか。

 

 さて、なぜか映画づいていまして、

「ベンジャミン・バトン」も観てきちゃいました

 

 CMでも語られているように

「80歳の身体で生まれ、だんだん若返っていく数奇な人生」の

物語です。

 

 最近、ちょきたらは

「自分が死ぬ時、最後に何を見るだろう」と

よく考えます。

最期は幸せな気持ちで・・・・はっ!

まだ、そんなことを考えるのは早いですわね

でもこの映画を観て、ちょっと考えてもいいのでは。

生と死について、色々考えさせられる映画です。

観てよかった~

 

 そうそう!

「何歳ではじめても遅すぎることはない」というのも

この映画では語られます。

茶道も他のことも、遅すぎるなんてことはないんだわ!

とがんばる意欲ももらえましたぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少年メリケンサック

 毎月1日は「映画の日」だそうですね。

3月1日は土曜日なのに映画が「1000円」で見られる

ってこと

これは映画館へGO~でしょ

 

 観たのはクドカンこと、宮藤官九郎監督・脚本の

「少年メリケンサック」

 

 宮﨑あおいさんがまさに演技で「パンクロック」してるって

感じ。はじけてもいるし、かわいくもあるかなあ。

 

 でも・・・「みなさんには失望しました」ってセリフを言ったとき、

      あ、あれ~??

「篤姫」ぽかったです

 

 佐藤 浩市さんにあんなことやらせちゃったり、

こんなこと言わせちゃっていいのか

 

 ハチャメチャだけど・・・でも、おもしろい映画でした

やや、下ネタありますが・・・・)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子の盛り方

 以前もブログで書いたことなのですが、

お菓子の盛り方はわたしにとっていつも難しいことです。

 

 先日のお茶会でも結局先生にお願いしてしまいました・・・・

いろいろなお茶会でのお菓子の盛り方を観察するしか

ないのでしょうか・・・

 この種の本って、ないですよね・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あせって、終わって、筋肉痛

 先日、先生が小さなお茶会をされるというので、

お手伝いに行ってきました。

  

 当日は着物だったのですが、

なぜか帯がうまく行かない

何度やってもお太鼓内の「立ち上がり」が

小さすぎたり、大きすぎたりで

すっかりパニックになってしまいました

 

 出発予定時間を15分も過ぎてるにも関わらず、

帯が結べていないという事実

さすがに洋服に変える時間はありません。

「えーい!! これが最後だい!」と

もうどうなってもいい気分で何とか結び、

苦手な帯締めも3回目で

「もうこれでいいや!」という気になり、

なんとか出発

 

 所要時間に余裕をもたせていたので

予定の電車に乗れました

 

 今回は初めての半東役だったにもかかわらず、

準備であたふたして、事前に打ち合わせしておくことが

かなり漏れてしまいました

お茶をたくさん点てれば茶巾や建水にも気を配らねば

ならないのにそれも怠ってしまい、反省・反省・反省・・・

  

 帰宅したら、なぜか背中や腰の側面が筋肉痛

着物姿で、普段使わない筋肉を使ったんだなあ。

加えて次の日は、股関節や大腿部が痛い

着物姿が優雅っていうのは、幻想ですね(笑)(涙)

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

趣味悠々 裏千家 点前を楽しむ 第4回

  第4回はお客様の作法についてでしたね。

いつもお稽古でやっていることとはいえ、

やはり学ぶことはいろいろあります。

次礼のタイミング、黒文字や縁高の扱いなど

あらためて自分の所作を省みることができました。

 

 最近は少なくなりましたが、

ちょきたらは習いたての頃、「お先に」を言うのをよく忘れてました

目の前にあるお菓子に心奪われていたせいかもしれません(笑)

「『お先に』って言った?」と何度も注意されていましたっけ。

 

 今回は実に沢山のお菓子が出てきました

「魁(さきがけ)」というお菓子、美しかったです。

いただきたいなあ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »