« WBC | トップページ | WBC 2次ラウンド順位決定戦 »

後炭手前と盆略点前

 他の方が稽古されているときに何気なく炉中を見たら、

やや火が落ちかけていました。

(この後先生が炭を直されるだろうから、

お湯を補充しなきゃ)

と思っていたら、

「ちょきたらさん、炭にしましょうか。初炭・・・・うーん・・・・後炭

にしましょう」と先生。

 

 おおお~!後炭は初体験です。

見学も1-2回しかありません

でも・・・炭点前はいつもできるものではありません。

こういうチャンスを逃しちゃいけない

 

 釣釜なので、鎖を上にかけたり、下にしたり

という工程(?)があります。

稽古場ではわかりやすいように鎖に印がついています。

(だいたいこのへんね・・・・)とわかるようになっていますが、

実際はこんな印はないのですね。むむむ、大変

 

 びっくりしたのは、水次の蓋をとってひっくり返し、

その上に釜の蓋を置くこと

たしかに蓋置がないですものねえ。

 

 この日は比較的最近入られた方が

盆略点前をお稽古。

盆略点前を見るのは、とても久しぶり。

先生が帛紗さばきや茶杓の清め方を

丁寧に教えていらっしゃるので、

わたしたちも一緒に割り稽古

 

 盆略って、点前のエッセンスが凝縮されています。

ないがしろにしてはいけませんね。

200903_2

いただきものの和菓子です。

美味でした~

|

« WBC | トップページ | WBC 2次ラウンド順位決定戦 »

コメント

 ちょきたらさんは とっても良いお稽古場にいられるようで 羨ましく思います。
 恵まれた環境と持って生まれた素質で 素敵な茶人になられることでしょうね。
 ちょきたらさんのブログを楽しみにしている訳もここにあります。
 これからも楽しみにさせて頂きます。

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2009年3月21日 (土) 21時19分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 いえいえ、先生はすばらしい方なのですが、
弟子である私は・・・素質ゼロなんです
何度も同じことを注意されるし、色々な事が
粗雑です
でもお茶は好きなので、いつまでも触れていたいと
思っているのです

 こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします^^

投稿: ちょきたら | 2009年3月22日 (日) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後炭手前と盆略点前:

« WBC | トップページ | WBC 2次ラウンド順位決定戦 »