« 趣味悠々 裏千家 点前を楽しむ 第6回 | トップページ | 上村 松園・松篁・淳之 三代展 »

釣釜

 大荒れの天気だったり晴れたり。

春にむかうっていうのは、こういうことなんですね。

 

 お稽古も釣釜になりました。

昨年のメモを読むと

「五徳の蓋置」と書いてあります。

そうか!釣釜といえば、「五徳の蓋置」なのね。

ナットク・・・・

・・・・これは間違いです

必ずしも、「五徳の蓋置」を使うわけではありません

 

 茶入荘のお稽古をしました。

釣釜ですから、釜が揺れます。

それを見つめていると、

だんだん催眠術みたいな気がしてしまって(汗)

なんだか妙な気分でした

 

 荘りものでは必ず由来等を亭主にお尋ねする問答が

あります。

  ・成人のお祝いに・・・

  ・就職のお祝いに・・・

  ・茶名をいただいたお祝いに・・・(わたしはまだまだまだまだまだです)

とかとか亭主は答えねばなりません。

 

 今回はとっさに

「に・・・、入門の記念に先生からいただきました。

銘を『初心』」と言います。」

 

 (お茶入れは「楽」のようですけど・・・)

と聞かれたので

「はい。3代目ノンコウ作でございます」とこれまた

とっさに答えました。

歴代の楽家の名前をちゃんと覚えていないので

めちゃくちゃなことに(汗)

 

 そんな国宝級や重文級のお道具をいただくなんて、

ありえません(笑)

もっと、それらしいお答えができないといけませんね

|

« 趣味悠々 裏千家 点前を楽しむ 第6回 | トップページ | 上村 松園・松篁・淳之 三代展 »

コメント

年に二回ほどしかお点前をしない
釣釜なので、毎年新鮮な気持ちです。
いいかげんに覚えなくてはいけませんね。

それにしても、ちょきたらさんすごい。
道具の名や由来など、お稽古では自分で
考えて答えるのですね。
私なんていつも先生(義母)の顔を穴があくほど
見つめて教えてもらいます。

頑張っているちょきたらさんは、
いろんなことをたくさん吸収出来ていますよ。
きっと!!

投稿: mina | 2009年3月16日 (月) 18時02分

ごめんなさい。
間違えちゃった。
名→「銘」でしたね。

投稿: mina | 2009年3月16日 (月) 18時04分

minaさま

 いえいえ荘りものだけなんですよ。
由来とか銘とかを自分で考えるのは
しかも今回は先生のツッコミも加わりまして
訳わからないことになってしまいました(^^ゞ

 わたしも普段はお道具の窯元等はまったく
わからないので、いつも先生をチラ見して
お答えをお待ちしているんです~
ぜーんぜん、何にも吸収できてないんですよ

投稿: ちょきたら | 2009年3月16日 (月) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釣釜:

« 趣味悠々 裏千家 点前を楽しむ 第6回 | トップページ | 上村 松園・松篁・淳之 三代展 »