« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

炉としばらくお別れ

 炉での最後のお稽古が終わりました。

炉大好きの私としては、名残惜しいです

 

 最後のお稽古は、包み帛紗。

前回、帛紗をパラッととるところに自信がなかったので、

おさらいとなりました。

棗を使うけれど、扱いは濃茶というのが特徴です。

 

 今回は桑小卓で平建水を使ったので、

中じまいや拝見の際の蓋置や柄杓の位置が違って、

おもしろかったです

平建水は浅いので、お水がこぼれないように

そっと扱わないといけませんね

 

 茶杓の銘は何か季節にあったものを・・・と

思っていたら、「濃茶にふさわしいものを」と先生。

うーん、確かにそうなんですよね。

とっさに、先回のオフ茶会の軸より「清閑」を

使用させていただきました

 

 先輩が初炭点前をされ、

ゆっくり見学させていただきました。

太い胴炭たちとも、しばらくお別れなんだなー

 

 また炉の季節になるのを待ちながら・・・・

ではなくって(笑)、来月より気持ちを切り替えて

風炉の稽古に励みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オフ茶会 その2

 三流派が交替しながら、薄茶・濃茶のお点前をしました。

他流のお点前をじっくりと見る機会って、

とても少ないです。今回は貴重なチャンスでした。

 

 表千家さんは男点前と女点前に分かれています。

女性の所作は、身体の小さい人にも無理なく

美しくふるまえるようにできているなあと感じました。

 

 大日本茶道学会さんは比較的裏千家と似ていると

言われます。

・・・・が畳を歩く時、一畳を五歩で歩くのだそうです。

やはり流派が違うと、色々違いがあっておもしろいですね~

 

 ちょきたらの人前アンド着物初お点前デビューは、

まさにこの時でした

 

 「へえ~、ああいうふうに扱うんだ~」

 「まあ、あの位置に置くのね」

等々の声が他流の方々からかかるたびに

(あれ ま、まちがえたかな)と

ちょっとおびえながら、お点前しておりました

裏千家の大先輩おふたりに助けられながら、

なんとか無事に終了しました

 

 みなさん、ベテランそろいなので

かたづけも早い

 

 大プロデューサー葉摘みさん、

そして大先輩の皆々様、

「いなみ」のおふたりさん、

どうもありがとうございました<m(__)m>

今後ともよろしくお願いいたします 

 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

オフ茶会 その1

 昨日の大雨から一転、

今日はとてもいいお天気でした

岡野園さんの葉摘みさん主催のオフ茶会に

参加いたしました。

葉摘みさんは、強力晴れ女(笑)

本領発揮です。

 

 昼間も暑かったのですが、

私は早朝から汗だく状態で、

口から火を吹いてました

決めていた名古屋帯を何度締めても

決まらない・・・

時間だけがどんどん過ぎてゆきます・・・

 

 (やっとできた!)

と一旦思ったものの

(ん?あれ?・・・・あーん、みっともなーーーい!!

やはり人前には出られない状態。

 出発30分前にして、

ついに帯をチェンジ

何度も締めたことのある袋帯にしました。

もうほどけなきゃいいや!!って気持ちで

何とか締めて家を出ました。

 

 歩きながら、ショーウインドウに映る着姿は・・

とてもひどい

もっと早起きしなきゃ、だめですね。

毎回綱渡り状態。いつか遅刻しそうです。

 

 会場に到着して、今回参加する方々に

ごあいさつ。表千家、大日本茶道学会、裏千家と

三流派合同です。

みなさん、茶歴のとっても長い大ベテランさんです。

初心者は私だけ

でもみなさんが、親切に教えて下さるので

本当に助かりました。勉強になりました。

ありがとうございます<m(__)m>

  

 各流派ごとに、床、点前座、水屋とに分かれて

準備。ちょきたらは風炉先屏風の上下を間違えたり、

棚の前後も確認せずにセッティングしたり・・・と

最初から教えていただくことの連続。

でも、こうやってひとつひとつ覚えていくのでしょう

(・・・忘れないようにしなきゃ

 

 お軸は「一日清閑一日福」、お花は丁子草(ちょうじそう)

と令法(りょうぶ)と何か白い花(ひとつ不明です)。

写真は撮れませんでした。

 

 撮ったのは、この2枚のみ。

20090426

おいしい「いなみ」さんのお弁当です

一献ならぬ二献(笑)もいただきました

20090426_3

葉摘みさんお手製のお吸い物です^^

この心づくしに・・・・感動

そして感謝<m(__)m>

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つつじの季節(季節の和菓子)

 つつじの美しい季節になりましたね。

大きい花や小粒の花、ピンク、赤、白・・・と

目を奪われてしまいます

 

 和菓子も同じ。

200904_2

目も心も奪われます~

 

200904_3

山吹も少し前までよく見かけました^^

 

200904_4

笹の葉の香りが・・・・

おいしく茶をいただきました。

 

 だんだんわたしの大好きな季節が

近づいてきます~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪餅草

 テレビをザッピングしていたら、NHK「SONGS」に坂本龍一さんが

出演されてました。

ちらちら見ていたら、ナントカ庵(よく聞き取れず・・・)で

木村宗慎さんが坂本さんにお茶を点てていらっしゃいました

何という名前のお茶室だったのかしら。

 

 生けてあるお花を雪餅草と紹介していました。

上品ではかなげなたたずまいの花に見えました。

http://www.omotesenke.jp/chanoyu/7_3_14b.html

 お茶碗も古井戸茶碗でしたし

棗は利休の字が入っていたようです。

(メモがとれなくて残念!!)

坂本さんもお茶をおいしく飲み、

道具もご覧になって、十分満足されていたようです。

 

 最近、彼はちょっと日本が恋しいようです。

「日本で死にたい。日本の土がいい」みたいなこと

おっしゃっていました。

うんうん、わかりますよん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入子点

 入子点といえば、曲げの建水が頭に浮かびます。

以前一度お稽古したことがありますが、

あれから月日が経ちました。

えーと、どうだっけ・・・?

とりあえず、曲げの建水を持ち出して・・・・

 

 と思っていたら、他の建水でお稽古することに

桑小卓なので、下の敷板と地板の間に平建水が入ります。

なので、建水に蓋置を仕込んであらかじめ棚の一番下に

入れておきます。

 

 柄杓も荘っておきます。

茶碗とともに総礼して、点前座につき・・・・

というわけでした。

入子点といっても、お道具はいろいろ使えるんですね

 

 最後に帛紗をさばいて、水差の上に。

これは、帛紗で金魚等の形に折ってもいいんですって。

以前、葉摘みさんのブログにも紹介されていましたね。

よし、やってみよう!と思ったのですが。

どうやって折るんだっけ・・・?

あーん、忘れてしまった

残念。

 

 次回までに復習して、マスターします

・・・とはいえ、次回また入子点するかどうかわかりませんが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どちらの花が咲く?

 ウイルスバスターにおまけ?でついていたという

花の種をもらいました。

 

 さっそくセッティングして、お水やり

Photo

プチフラワーガーデンです^^

 

 Photo_2

 しおりによれば、ペチュニアかアリッサム

が咲くらしい。

どっちかなあ

 

 とりあえず水やりを忘れないようにしなきゃ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

結び帛紗

 えー、「包み帛紗」ではありません。

わたしも同じ意味なのかと思っていました

 

 花月のお稽古に行ってきました

今回は「結び帛紗」の平花月でした。

 

 お客が帛紗を持っていなくても、

亭主の帛紗使って花月ができる!ということ

らしいです。

亭主役の帛紗をマメマメ折って

星型にしたのを使用します

 

 前回があまりにひどかったので、

今回はテキストを読んでいったのですが、

やはり足が混乱

「花月は足が大事」と先生から何度も言われております

 

 仕舞花になったにもかかわらず、

その自覚なくお点前してしまいます。

ちゃんと今何服目かを数えていなくっちゃ駄目なんですが・・・・

なかなかすべてに頭が使えていないなあ

  

 そして今回も「2上がり、3下がり」を体験できずに

終わりました・・・

なぜか不動の位置でおわります(笑)

 

  花月には色々種類があって、

お点前の点数をつけるのとか、お軸を飾ったりとか、

炭を全員でついでいくのとか色々あるんですって。

「あなたたちがそこまでのレベルに行かないから・・・・

本当はやりたいのに」と先生。

・・・・すみません

 

 上達しなくって、訳わからないけれど、

花月ってやっぱり楽しい

状況がそのたびごとに変化するから、

飽きないのですね。

また参加しようっと。

 

 あ・・・足が痛い

長時間座っていたので、

足全体が痛いです。

 

 茶道で足や膝を痛める人って多いですよね。

私も気をつけなくっちゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

包み帛紗

 久々のお稽古で、これまた久々に包み帛紗のお点前をしました。

 

 実は私、前回の包み帛紗ではいわゆる「お茶を濁す」状態

でして・・・

例の帛紗から棗を取り出し、帛紗をパラリとやってから

四方さばき・・・という手つきがイマイチつかめていないのです

 

 今回はしっかり聞いたつもりですが、

先ほど復習してみると、何だかあやふや・・・。

次回、もう一度お稽古させていただこう

 

 それにしても、棗を帛紗で包むのって

大変。わたしのは生地が厚いのか、自力で2回結ぶことが

できません。

 

 ところが先生はそんな私の帛紗でも、

何とか結んでしまう・・・・

 

 やはり、わたし・・・・チカラなさすぎですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドクリフ PartⅡ

 やっと文字通りの「赤壁の戦い」に

突入しました

 

 PartⅠではかなり古典的(?)な戦いぶりでしたが、

PartⅡはもっと近代的です。迫力あります。

 

 残念なのは、孔明こと金城武の見せ場が

やや少ないこと

諸葛孔明は、自ら武器を取って戦うことはないから

仕方ないかもしれませんが・・・・

代わりに周瑜ことトニー・レオンは、剣舞も戦いぶりも

すばらしいです

 

 小喬(リン・チーリン)はⅠで書の名手ぶりを発揮しましたが、

Ⅱではお茶の作法を披露します。

その作法がなんともなまめかしくって・・・

映画の中でおいしいお茶に必要なものとして

「茶葉」「湯加減」・・・・・とあと2つ何だったっけ・・・?

 

 戦いでは、いつも名もなき民がたくさん死んでゆきます。

この作品でも何度も多くの遺体が映し出されました。

戦いの意味や意義など知らず、

ただ家族を飢えさせないために戦いに挑んだ者

が多かったでしょう。

 

 ジョン・ウー監督は、歴史に名を残すことなく

無残に死んでいった人々への鎮魂歌として

この作品を撮ったのではないかという気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

羽つきたいやき

 Jpg

 正式名称は「羽根付き 薄皮たい焼き」だそうです。

こんなたいやきもあるんですね~

神田達磨さんのたいやきは、一度見たら

忘れられなくなりそうですね。

 

 薄い皮の中につぶあんがぎっしり。

甘さ控えめです

 

 岡野園さんでやっとこさ抹茶を買ったので、

たいやきをお菓子にして(笑)

2服いただきました

 

 あ~、いやされる~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんどーなつ9

 「あんどーなつ9」は、茶道一ツ橋流との関わりが一層

深くなっています。

Photo_3

 そこで含蓄のある言葉が。

「江戸の人は完成してしまうことを嫌う」

完成するとその瞬間から壊れてしまうという、

考え方だそう。

 

 だから、わざと完成させないように作る。

東照宮の陽明門の柱の彫りが1本だけ逆さになっているのは、

この理由なんですって

陽明門行ったことあるけど、

どうだったっけ・・・?

今度行ったら、よく見なきゃ!!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節の和菓子(小石川植物園 その3)

 小石川植物園を散策した後は、

疲れも出て甘いものがほしくなり・・・

 Img_0225

  おだんごのなかには、小さな求肥(ぎゅうひ)が

 

 へへへ

けっしてダイエットを忘れたわけではありません。

でも・・・忘れたいときもある!!(笑)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小石川植物園 その2

 桜以外にも色々な植物があります。

名前を知らないのが多い・・・っていうか、それがほとんど

 Img_0179

 親切な方にこれは「垣通し」だと教えていただきました

垣根を超えるほど繁殖力が強いらしいです。

 

 Img_0199

 ピンクがハナズオウ、白がオオリキュウバイ。

遠くから見ると、きれいですね。

 

 Img_0184

菜の花ってやっぱりかわいい^^

 Img_0211

 これって何かなあ。 

 

 Img_0222

こうやって名札があると、よくわかるんですけど・・・

 Img_0207

これからはツツジの季節。

Img_0216

 

 私は花も好きですが、

本当は木々のざわめきの中を歩くのが好きなんです。

心が洗われます。

今回は、「ざわめき」はなくて、陽射しが強烈(笑)

そして、そんなに歩いていないのに

筋肉痛になったのがショック・・・・です(涙)

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小石川植物園 その1

 眠い目をこすりながら、歯医者へ。

終わったらさっさと帰宅するつもりだったのですが、

痛さで目が覚めて、

「どこかへ行くか~」。

 

 何年かぶりに小石川植物園を訪れました。

バッグにカメラをしのばせてきてよかった

桜はずいぶん散りました。

Img_0172

花びらでじゅうたんができています。

 

 でも、がんばっている木もあります

Img_0175

こんなところにも!

 

 Img_0190

きれいです~

時折花吹雪におそわれました。

桜は散るときにも、美しい姿を見せてくれますね

 

 これは桜・・・・・

Img_0201

ではなくて、桃の花!

「残雪枝垂」という品種だそうです。

 

 歩き続けているとつきあたりには

この建物。

Img_0210

吉永小百合さんが以前、主演した映画「外科室」は、

ここ小石川植物園で撮影されたらしいです。

 

 陽射しが身体に痛いほどあたります

日傘や帽子がないと、美容上大変なことに

なりそうでした

 

 桜以外にも、見どころがたくさんあったのでした。

それはまた次回

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶が切れてる

 このところパタパタしていて

お稽古に行けない日々でした。

 

 でも、やっと落ち着いてきました

来週からは大丈夫そう

  

 何だかお茶が恋しくて・・・

自宅でチョコレートでもお菓子にして

点てようと思っても、お茶が切れてる・・・・

 

 ドラマ「ありふれた奇跡」で主人公が

お茶を点てて自服するシーンがありました。

わたしもそうしたかったのですが・・・

 

 心と冷凍庫にはお茶を入れておかなきゃ(笑)

乾いた心に潤いがほしいです

・・・次回のお稽古はキンチョーするだろうなあ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミルクレープ

 Photo

 昔、名古屋方面に住んでいた頃、

よく食べていました。

「青春の味」っていうんでしょうか(笑)

 

 「HARBS」のケーキはとにかく大きいことが

有名で、若かったからこそペロっと完食していたのでしょう。

その中でもこのミルクレープは、イチオシのケーキなんです。

 

 名古屋にしかずっとなかった「HARBS」が大阪にあるのを

見たのが、数年前。

そしてついに・・・というか、

何で今ごろ?って感じですが(笑)

ついに関東にも進出してきました

 

 これは食べなきゃ!

超ひさしぶりのミルクレープは、やっぱり

おいしーーーい

 

 クレープとクレープの間に

バナナ、イチゴ、メロン、キーウィが

サンドしてあります。

さっぱりしているので、大きくても

あっというまに食べきってしまいました

 

 おいしいものは何年たっても

おいしいんですね

ただ・・・他のケーキはもうわたしには無理な

サイズです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜を求めて途中下車

 目的地の途中で、下車してお花見散歩

200904

 桜の木の下では、無数の宴会が

楽しそうだなあ

飛び入り参加したくなりました

 

 

200904_3

 こんな色の桜も

いいお天気にめぐまれて、

桜を堪能しました。

 

 風が吹くと、花びらがハラハラと

散ってゆきます。

もう少し咲いていてほしいなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

球春きました♪

 ここ数年、球場へ足を運ぶのは少なくなりました。

それでも年2-3回は行ってるでしょうか。

 

 今日は開幕2戦目。

巨人―広島戦です。昨夜は広島勝利でしたが、

はたして今夜は・・・・

 

 東京ドーム外では

原監督の「勝利のグータッチ像」

2009

ご本人から直接「型」をとったのだとか

(ちなみにグータッチしているグレー服の方は

 一般人です^^)

 

 試合前には

2009_2

なんとクルーン投手がこどもたちに

サインと握手をしていました。

このあと会場を去るクルーン投手に手

差しだし、ハイタッチしてもらいました

その感触は・・・ちょっと湿り気のある手でしたね(笑)

今夜もクローザーは彼におまかせかな^^

 

 試合は5-3でまたもや広島の勝利

ヒット5本で5点の広島に対して、

ヒット11本で3点の巨人。

効率悪ーい(笑)

クルーン投手の出番はありませんでした。

残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラッドジャパン

 英語はまったくダメです

 

 そりゃあ洋画を字幕なしで見られたり、

英語小説を原書で読んだり(「ハリポタ」とか・・?)

ちまたで外国の方に英語で質問された時に

かっこよくペラペラと答えたいです・・・・

・・・・がっ!!

 無理なものはムリ(笑)

母国語の日本語だってどうだかアヤシイ私です。

 

 でもこれからは週に1回、ほんの20分のみ

英語番組を見ようかな~と思っています。

それが「トラッドジャパン」

「日本文化を英語でどう説明・表現するか」を

テーマにしている番組です。

 

 自国の文化って、母国語でさえ

説明するのは難しいです。

外国語の視点で考えたら、

ちょっとちがった発想ができそう

  

 第1回は「すし」。

太古の昔。すしは発酵作用を利用して、

魚等の食品を保存する方法だったらしいです。

だから、米は食べなかったそう。

19世紀初頭に今のような握りずしができたんですって。

へええ~

まったく、知りませんでした

   で、肝心の英語表現は・・・?

エヘヘ・・・・忘れました

200904

 テキストも読みました・・・・

ただし、日本語の部分のみです

 

 英語の勉強にはならないこと濃厚ですが(笑)、

日本文化の勉強にはなりそう。

しばらく続けてみまーす 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Wii Fitがんばりまっす

 春は人事異動のシーズンなんですね~

今日は大きな花束を抱えた人を見かけました。

 

 そう、春です・・・・

ダウンコートを脱いだ私の身体、

大変なことになっていました

 先日春物を試着した時のこと、

試着室の鏡に映ったわがお腹を見て、

叫びたくなりました

 

 これはヤバイっ

ほこりかぶっていたWii Fitを超久しぶりに

再開することにしました。

 

 もはや手遅れかもしれませんが、

やらないよりはまし!

これから、1日20分がんばりまーす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »