« オフ茶会 その2 | トップページ | やばいっ! »

炉としばらくお別れ

 炉での最後のお稽古が終わりました。

炉大好きの私としては、名残惜しいです

 

 最後のお稽古は、包み帛紗。

前回、帛紗をパラッととるところに自信がなかったので、

おさらいとなりました。

棗を使うけれど、扱いは濃茶というのが特徴です。

 

 今回は桑小卓で平建水を使ったので、

中じまいや拝見の際の蓋置や柄杓の位置が違って、

おもしろかったです

平建水は浅いので、お水がこぼれないように

そっと扱わないといけませんね

 

 茶杓の銘は何か季節にあったものを・・・と

思っていたら、「濃茶にふさわしいものを」と先生。

うーん、確かにそうなんですよね。

とっさに、先回のオフ茶会の軸より「清閑」を

使用させていただきました

 

 先輩が初炭点前をされ、

ゆっくり見学させていただきました。

太い胴炭たちとも、しばらくお別れなんだなー

 

 また炉の季節になるのを待ちながら・・・・

ではなくって(笑)、来月より気持ちを切り替えて

風炉の稽古に励みたいと思います。

|

« オフ茶会 その2 | トップページ | やばいっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炉としばらくお別れ:

« オフ茶会 その2 | トップページ | やばいっ! »