« 通りすがりに | トップページ | こんなに暑い日は »

雨のお茶会

 茶道会館でのお茶会に出席しました。

Img_0286

 朝からの雨、迷いつつ洋服で。

雨の中、外で列をなして待つことを覚悟していたのですが、

いろいろ工夫して困らないように配慮していただきました

 

 傘を貸していただき、お茶室へ移動しますが、

途中途中で案内の方がいらして、迷わずに無駄なく

誘導してくださいます。

(案内の方は、雨にぬれていらっしゃいました)

 

 外で待つことがないよう、

待つためだけのスペースがたくさんとられていました。

以前は外で1時間くらい寒い中を待った覚えがあるので、

ずいぶん助かりました

 

 立礼席、薄茶席、濃茶席と周りましたが、

一番ゆったり落ち着いたのは、濃茶席でした。

 

 別室で先にお菓子をいただいてから、席入。

ゆったりとしたお茶室はおりからの雨でほの暗いのですが、

それがかえって濃茶席にふさわしい重厚さを

出しています。

お天気がいいと自然な木漏れ日が入って、

それはそれですてきでしょうね。

 

 お点前を全員で静かに拝見。

「気」と「静寂」を感じる、お点前でした。

お茶も本当においしかったです。

 

 お道具拝見の時に、

お点前をなさった方から

「お若い方には勉強していただきたいの。

香合を開けてごらんなさい」のお言葉。

 

 それは中尊寺の古材を使った香合なのですが、

外はすすけているのに中はとても美しいのです。

特別に手にとって見せて下さったことに感謝いたします。

 

 雨はいつのまにかやみ、新緑の緑を輝かせていました。

Img_0283

 そうそう!

立礼席の干菓子が「尾瀬の春」という、

水芭蕉をかたどったお菓子だったのです。

とってもかわいくて、食べるのがもったいなかった。

写真に撮れなくて残念(涙)

 

 

 

 

|

« 通りすがりに | トップページ | こんなに暑い日は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨のお茶会:

« 通りすがりに | トップページ | こんなに暑い日は »