« 茶道ノート | トップページ | 京の旅 »

容疑者Xの献身(キャラメルボックス)

 小説・映画と続いて、

舞台の「容疑者Xの献身」を見てきました。

これで三冠かしら(笑)

 

 この原作を舞台にするのって、

やっぱり難しいなあ

場面転換も多いし、説明もかなり必要。

 

 それを人海戦術とうまさで

解決していましたね

 客席ではすすり泣く方も・・・・

石上の、まさしく「無償の愛」が

心から離れません。

 X

 

|

« 茶道ノート | トップページ | 京の旅 »

コメント

こんにちは。
昨日DVDで容疑者Xの献身見ました。
原作は読んだけれど、細かいところは
忘れていたりして、再び感動しました。

でも、舞台まであるなんて知らなかった。
ほんと難しそうですね。
でも、すすり泣いている人がいたということは
素敵な舞台だったのでしょう。
ほんとよいお話でした。

投稿: mina | 2009年5月24日 (日) 13時50分

minaさま

 舞台があると知って、すぐに
「行かなきゃ!」ってチケット手配しちゃいました。

 東野圭吾、さすがです!

投稿: ちょきたら | 2009年5月24日 (日) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者Xの献身(キャラメルボックス):

« 茶道ノート | トップページ | 京の旅 »