« またまた広島の旅 | トップページ | 季節の和菓子 »

「茶道具の歴史」講座

 三井記念美術館では「三井家伝来 茶の湯の名品」

が開かれています。

 

 が、それを見る前に「茶道具の歴史」講座を聞くことが

できました 赤沼多佳さんが講師です。

 

 「歴史は1本の線ではなく、たくさんの線がからみあい、

縄のようになっていくもの」と前置きし、

唐物から高麗茶碗等々について色々解説していただきました。

あっという間の2時間で、赤沼先生もまだ話足りないようでした。

勉強になった・・・というより、自分がいかに勉強不足かというのを

実感する機会になりました。

  

 それでも講座を聞いたあとは、

「ああ、これがさきほどの・・・」と思い出しながら、

いつもよりほんの少しだけ、考えながらの鑑賞ができた気がします

 

 以前こちらの美術館で鑑賞したお道具と再会。

何だか懐かしい気持ちになりました

2009

 

 

|

« またまた広島の旅 | トップページ | 季節の和菓子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「茶道具の歴史」講座:

« またまた広島の旅 | トップページ | 季節の和菓子 »