« 涼の季の会 その2 | トップページ | 夏風邪 »

涼の季の会 その3

 二席目は石州流次期家元の堀 一孝先生。

石州流は、武家茶道だそうです。お道具はやはり

新選組メンバーの作品が中心ですが、

棚は扇と瓢を組み合わせた、吉祥棚という石州流好みの

ものでした。

 

 堀先生は、お茶会の敷居を低くされようとなさっているよう。

型にはまらないお席で、くつろいだ雰囲気になりました。

 

 武家茶道なので、男性は帛紗を右につけますが、

女性は左です。足運びも私の流派とは違っていますが、

お客に対する距離の取り方はこの方が理にかなっているかも

しれません。

 

 扇子は白くかなり大きめで、男女同じサイズのように

見えました。かっこいいです^^

 

 こちらでは陶芸の長高 兵衛さんが茶碗について、お話。

ちょっとわたしの席からはよく聞こえなかったのが残念

お菓子は行松さんの新玉。菓子皿も冷やしてあって、

ほどよい冷たさが甘みをおいしくしてくれました。

しかも、美しい!

 

 香合等を作られた北東(あい)尚子さんは紅一点。

お目にかかれなくて残念でした。

 

  別名「イケメン茶会」と称していましたが、

(ここで「が」をつけるのも変ですが)

若手作家さん、堀先生と、みなさん目が輝いています。

目標をもって活動している人は、こんなにも

かっこいいのかと改めて実感。

わたしも、がんばらなくっちゃ!

 

 展示されている作品に心魅かれたものは数多く・・・・

でもわたしにはちょっとまだ手が出ない(涙)

サマージャンボが当たったら、その時は・・・

 

 イケメンに囲まれていたのに、

途中でわたしの髪はバサっと乱れてしまい、

かっこ悪いことこの上なし(涙)

(もっと早く直せばよかった・・・)

 

 最後は大プロデューサー葉摘みさんと、

とてもそのお歳とは思えないダンディなお父さまに

ごあいさつして会場をあとにしたのでした。

|

« 涼の季の会 その2 | トップページ | 夏風邪 »

コメント

3回にも分けて詳しく載せてくださって
ありがとうございます。
楽しんでいただけたようで嬉しいです。
暑い中、絽の着物姿がきまってましたよ!

気を配るところが多くゆっくりお相手できなくて
ごめんなさいね。

投稿: 葉摘み | 2009年7月22日 (水) 01時35分

葉摘みさま

 お疲れ様でした!!
あのメンバーをまとめ、すてきな
お茶会にしてしまったのはさすが葉摘みさん! 

 行ってよかった~

 次回も楽しみにしています。
どうか、しばらくはゆっくり休んで
くださいね

投稿: ちょきたら | 2009年7月22日 (水) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼の季の会 その3:

« 涼の季の会 その2 | トップページ | 夏風邪 »