« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

旧友と

 友人が出張で数年ぶりに出てきました。

さっそく神奈川に住んでる友人ともども誘い合わせて

ランチ&お茶

 

 3人で会うのは、2年ぶり?

あれからあれからちょっとだけ、みんな環境が

変わりました。

肩が凝るとか、疲れやすいとか身体に関する

愚痴も・・・

でも元気なのはまちがいなし

長時間おしゃべりして、笑って、

楽しい時間があっという間に過ぎました

 

 お茶では千疋屋のフルーツパーラーの

アフタヌーンティセットを注文。

1皿目にフルーツカットの盛り合わせ、

2皿目にフルーツゼリー、

3皿目にフルーツサンドと

フルーツづくし。

 

 パイナップルはそれほど好きではなかったのですが、

ここのは酸味がなくて甘くておいしい

好きになりました

 

 これだけたくさんの果物を食べたのだから、

みんなすこしは美肌になったかな

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色紙点

 一度やってみたかったんですよね~

御所籠を使ったお点前、色紙点。

「私にはまだ無理だろうなあ」と思っていたけれど、

「やってみる?」と先生に促されて、

うれしいお稽古です

 

 古帛紗4枚を色紙のように並べるので

この名がついたのでしょう。

振り出しを網の袋にいれたり、大きな大津袋に茶碗をいれたりと

支度も他の茶箱とは違います。

 

 そして御所籠。

紐をリボン結びにしますが、

これが一度できれいに結べない私。。。。

めちゃ恥ずかしいです。。。。

 準備ができれば、とっても素敵な色紙点の

始まり

 

 ・・・・・・・とはいえ、

このお点前は右手と左手、どちらを使ったらいいか

よくわからなくなります

優雅とは程遠いくらい膨大な時間を使って、

お稽古は無事終わりました

 

 茶箱はなかなか全部覚えきれません。

どうせ覚えきれないなら、

できるだけいろいろなお点前にチャレンジしたい

と思ってきました。

来年はもう少しスムーズなお点前を目指したいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

人形劇団プーク「怪談 牡丹燈籠」

 人形劇のイメージって、その昔NHK教育テレビで見た

子供用の小さなかわいい人形たちが浮かびます。

あるいは「人形劇」とは言わないけれど、文楽(人形浄瑠璃)のような

人形とか。

 

 人形劇団プークはそのどれでもない人形を使った芝居をする

劇団でした。

 

 かなり大きな人形(大きいものは120センチくらいはありそう)を

黒子として後ろから持って動かし、せりふもその黒子の人たちが

話します。非常に訓練された演者の方たちで、発声も演技も

すごくよかったです。

 

 しかも人形劇って、舞台の上に大きな台があってその上で

上演するってイメージですが、プークは人形が大きいだけあって

台はなく舞台を人間が演じるように自由に動きます。

動くときは足が宙に浮きますが、座ってしまえば人間と同じような

姿勢です。

 

 そのプークが創立80周年記念公演として

「怪談 牡丹燈籠」を上演しました。

Photo_3

80周年

日本の劇団にこんなに長く続いてる劇団って

ないのでは。文学座は72年くらいです。

人形劇でこの年数続いてきたのは、

質の高い人形劇を見せてきたからでしょうね。

これってすごいことです。

機会があって、観劇できたのはラッキーでした

 

劇場出口には、三遊亭円朝役の人形が

お見送り

うれしかったなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節の和菓子

 このところ蒸し暑いですね

とくに夜はべっとり、ぐったり。

まあ、これでも例年よりは過ごしやすいのですが。

Img_0526

見ているだけで、涼しくなりますね^^

 

Img_0527

銘を「涼風」といいます。

きんとんの白い部分が増えると涼しげですね。

 

Img_0528

こちらはゆずまんじゅう。

中のあんからゆずの香りがします。

 

このところ睡眠不足で、すっかり顔に

クマが・・・・

早寝早起きを心がけます。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斎藤 幸子

 以前他の劇団で上演されたらしいですが、

今回は斉藤由貴主演で再演されました。

「斎藤幸子」です。

Photo_2

 東京・月島のもんじゃ屋の娘、斎藤幸子を中心とした

波乱万丈(?)ですこしほろ苦く、しかもかなりおまぬけで

心優しい人々のお話です。

 

 もう少し小さい劇場のほうがしっくりくるかなあ。

「ル・テアトル銀座」は、ちょっと豪華?すぎるかも。

粟根まことさん、やっぱり最高です

 

 それと、劇より気になったのが座席。

すわったとたん、おしりがぐっと沈み込んでしまうのです

前からそうだったかなあ。

 

 おしりは痛いは、自分の座高が妙に低くなってしまって、

前の人の頭で舞台が見にくくなるは、で、

ちょっと残念な気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪点前

 茶箱の点前には、美しい季節の名前がついています。

雪、月、花、卯の花、色紙、和敬。

名前だけ聞いても、「どんなお点前かしら~」と

興味しんしんになりますね

 

 今回のお稽古では、雪点前をしました。

「こそ練」の長緒練習は役にたちましたが、

輪をつくってしぼるところとか、

仕覆を広げるあたりがぎこちなく、名前通りのお点前には

とても遠すぎます・・・・・・

 

 雪点前では、茶箱の中蓋のような「掛合」というのを

使用するのも特徴でしょうか。

 

 他の方は、月点前をなさいました。

いつかやってみたいお点前です。

器据とウグイスを使用するのが特徴でしょうか。

このお点前だと茶箱が傷むことがなくて、

いいですね

 

 卯の花、和敬、雪は、茶箱の蓋にあれこれ乗せるので、

傷つくのが心配

その点、月は器据があるので安心です。

 

 「箱からどんなお道具が出てくるのかしら~」と

お客様をワクワク気分にさせるのが

茶箱の魅力のひとつですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長緒の練習

 茶箱には、茶碗や棗を仕覆で包むお点前もあり、

それが長緒の扱いに似ているらしい。

 

 来るべき次回のお稽古に向けて、

長緒の「こそ練」をしました

 

 以前に書いたメモを見ながら練習しましたが、

日頃の悪筆プラス書きなぐりのため

何だかよくわからない部分も・・・

清書しなくちゃ

 

 Photo

 これは長緒の練習のために

ずっと前にお安いのを購入したもの

 

 結ぶのもうまくいかないなあ・・・

右の結び目が1本だけちょっと大きいのは

ほどく時の手掛かりにするためです。

 

 最後のひもの始末や途中のひもの扱いもすっかり

忘れてしまってます

 

 このところ、1つ覚える前に5つ忘れる・・・・

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ガンダム詣で

 実際に見に行った人は、「おおっ!」と

思うらしいです。なのでわたしも「おおっ!」を

体験しよう

 

 お台場の潮風公園にある、実物大ガンダムです。

18メートルですぞ。 

 Img_0515

 まずは後ろ姿から。

 

Img_0518

正面に近づきました。

 

Img_0519

正面。足が切れました・・・

 

Img_0520

足の下をくぐれます。

歩きながら触ってもいいのですが、

コンコンと小突くのはダメ。

「ガンダムをたたかないでくださーい!!」と

猛暑でつらそうなお兄さんから哀願されてしまいます

 

 ガンダムファンではありませんが、

実物大とかって聞くとこの目で見たくなります。

そして「おおっ!」と思いました

 

 暑くて、人出も爆発的

でもこれが本来の夏~!

そして、思い出しました。

Img_0522

昔は木陰が涼しかった。

この日も涼しさを実感。

 

 でも、もう夏も終わりかなあ。

雲が入道雲ではなく、ちぎれ雲っぽかったです。

そして夜は涼しいですもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆ではありますが

 世の中はお盆休みに入っております。

お店はお休みだし、街の人口がどっと減って静か。

帰省も旅行もしない私ですが、心はホリデイモード

 

 友人もそう思ったようで、急きょ

軽く飲もうということに。

行ったことがないお店にしようということで、

探してくれたのが「福徳茶屋」

 

 お店の中に神社があるんですって

ひょっとしてキワモノかな、と思ったのですが、

そんなことはなくて、室町福徳塾という、

コミュニティの中にある飲食店。

 

 おでんも、くし揚げも、牛すじ煮込みも・・・・

どれもこれもおいしかった

余裕を持って置かれたテーブルが

店内に落ち着きを与えています。

 

  食事が終わって、店外に出れば

気持ちのいい、さわやかな空気が漂っています。

 

 幸せ気分になり、腹ごなしに30分くらい歩きました

うーん、満足 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和敬点

 茶箱のお点前をするのは、何年ぶりでしょうか。

すっかり忘れております・・・・

茶箱内の配置すら、忘却の彼方・・・・

 

 なーんて言ってられません(笑)

がんばらなくては

そして初めての和敬点となりました。

 

 和敬点は箱の中にお茶碗を2つ重ねて

用意します。お茶碗や棗に仕覆がないので、

卯の花のお点前にかなり近いです

 

 茶箱だったら、お金をがんばって貯めれば

将来は買えるかも

中のお道具も見立てで集めてもいいし・・・と

ちょっと夢がふくらんだのでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アマルフィ 女神の報酬

  映画評ではあまり芳しくない評価のようですが、

それなりに楽しめました

映画「アマルフィ 女神の報酬」です。

 

 外交官黒田が誘拐事件に巻き込まれて・・・

というお話。イタリア観光ガイドブックのようだとも

評されていますが、映画ででも見られるのは

行ったことのない私にはうれしいことです。

 

 ストーリーもあまりひねりがないですけど、

単純思考のわたしにはこれくらいでもいいかな

織田裕二の演技はよかったと思います。

 

 

黒田に電話をかけてくる同期(?)の声が

誰のか分からなくて・・・・聞いたことがあるのに

でもわからない。

最後のクレジットで判明して、「ああ、あの人」

よく知っている俳優なのに、声だけだと案外

わからないものですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すれちがい通信

 前の記事の「東京ドーム」の行き帰り、

バッグにDSをしのばせておりました。

「ドラクエ9」のためです

 

 電源を入れて、「宿屋のよびこみをする」と

宿屋に1度に3人ずつお客を連れてくることが

できるのです。

 

 1日に何人くらい来るのかなあと

思っていましたら、来るわ、来るわ~

こまめにチェックしていれば、あっという間に

30人になるでしょう。

 

 わたしは数時間ごとのチェックだったので、

12人。何人かから地図ももらえました

わたしも地図をどれかクリアして、おみやげに

持たせなきゃ

いただくばかりじゃ、申し訳ないですものね。

 

 もっともゲーム自体は、遊べない日が多いので、

なかなか進みません・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっと夏っぽい?

 昨日・今日と朝から蝉の声。

これが夏ってものですね。

 

 とはいえ例年に比べて、ぐっと涼しい。

しかも雨降りすぎです

 

 いつもの夏は、来ないのか・・・

Photo

「蝉しぐれ」という銘のお菓子です。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京ドーム

 久しぶり・・・とはいえ、今年3回目の野球観戦

去年は2回しか行かなかったのですが。

 

 対ヤクルト戦で、デーゲーム。

8月は夏休みということで、デーゲームが多いです。

今日も満席だそう。

 

 入り口でもらったのが、このうちわ。

Photo

 小笠原道大選手は、小笠原村の観光親善大使

なんですよね~

このうちわを見ていたら、小笠原村に行きたくなりました。

父島、母島、遠いですけど、行ったら帰りたくなくなっちゃう

かもしれません。

 

 試合は1対1で延長戦へ。

まったりした試合で、睡魔が襲いかけた時、

亀井選手のサヨナラホームランが出ました。

眠気もふっとび、タオルを振り回しておりました

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベジタブルバーガー

 今夜の晩ごはんの一部です(笑)

故あって、今夜はファストフードになってしまいました

フレッシュネスバーガーのベジタブルバーガーを注文しました。

Photo

 白いのは、なんとお豆腐!

アボカドとトマト、レタスが添えられて

ちょっぴりピリ辛なソースがかかっていました。

 

 ヘルシーだから・・・と思って注文したのですが、

実際のカロリーは・・・・

な、なんとっ461Kcal

フレッシュネスバーガーは、386Kcalなのに・・・

 

カロリー計算って、奥が深いというか・・・

よくわかりませーん(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマーウォーズ

 あんまり期待していなかったのですが、

とってもおもしろかったのが「サマーウォーズ」

 

 アナログ色豊か(?)な長野の名家と

仮想都市との組み合わせが絶妙

映像も美しく、細かーい!!

 

 仮想都市に所属(?)している人(アバター)って

全世界でもんのすごい数らしいですからね。

この映画のようなことも起こりえるかも

 

 そうそう。

このブログもアバターを出せるのですが、

登録とかめんどうなのでやってませーん(笑)

 

 上映前にこのハガキもらえました^^

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恩師

 先日、数年ぶりに高校時代の恩師と

電話でお話しました。

 

 高3の時の担任で、進路について色々

相談にのっていただき、ずいぶんお世話になりました。

高校卒業後もお目にかかってはいたのですが、

わたしが引っ越してからはなかなかお会いできません。

 

 高3のクラスメンバーは、とても個性的な人が

多かったなあ。そのせいか、先生も卒業後○○年も

たつのに、記憶は鮮明のよう。

 

 「あんたたちは・・・・・だったもんねえ」

の「・・・・・」には、ここでは書けないようなことばかり

ずいぶん生意気な生徒たちでした。

クラスのみんなを代表して、この場で謝ります!

諸先生方、申し訳ありませんでしたっ!!<m(__)m>

 

 あんなに相談にのっていただいたのに、

今の私はあの頃迷って進んだ道とは

超無縁な、ていたらくぶり。

話しながら、なんだか先生に申し訳ないような

気がしました。

 

 でもこうやってお話できる関係であることを

喜んでいてくださるのも感じました。

 

 またいつか時間を作って会いましょうと言って

電話を切りましたが、

最後に会ってからお互いずいぶん風貌が変わりました

無事待ち合わせ場所でお互いがわかるかしら。

先生は携帯もPCメールもされないようなんです。

 

 それにしても声はまったく変わっていなかったなあ。

先生もそう思ってくださったかしら。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンデーインザパークウィズジョージとブラックバード

 7月はほかに2本も見たのでした

せっかくだからカンタンに書いておこう。

(行ってもなかなか書きそびれちゃうんですよね~、いつも)

①サンデーインザパークウイズジョージ

 戸田恵子と石丸幹二の組み合わせ

と聞けば、行きたくなりますよね~

 点描画のスーラを石丸さんが、その恋人を戸田さんが

演じました。

ストーリーは・・・・・うーん。ちょっとリピーターが出にくいかなあ。

スーラの絵の解説っぽい感じがしました。

舞台装置は、「あれ、どうなってるんだろう」って

興味がもてる、斬新なものが使われています。

装置で絵を書いてるって感じ。

 

 石丸さんが元気そうでよかった^^

 

②ブラックバード

 内野聖陽さんと伊藤歩さんのふたりで、

話は進みます。

15年前の少女誘拐事件の被害者が伊藤さん、

犯人が内野さん。

内容と結末があまりにブラックで

終わった後「・・・・・・」絶句。

 

 普段見ない種類の芝居だったので、免疫がないからかも

しれませんが

 内野さんは中年男にうまくなりきっていました。

つまりわざとカッコヨクない男性に扮していたと思います。

伊藤さんはかなりセリフを噛んでました。初日からまだ

日にちがたっていなかったからかも。

あ、でもすごい脚線美

ふたりきりだと膨大なセリフ量ですからね。

大変だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風を継ぐ者

 演劇集団キャラメルボックスの「風を継ぐ者」を

見てきました。

 

 新撰組のお話ですが、

「継ぐ」という言葉通り、新撰組が終わった後も

描かれています。

 

 Img_0506

 いつも(と言ってもそんなには見てませんが)

殺陣がうまいですよね~

 

 そして、三鷹銀太夫役の阿部丈二さん、

おもしろかった~ 大熱演でした。

 

 沖田総司ってどうやら実際は美少年ではなかったと

言われてますが、やはりかっこよくないと観客は納得しないでせう(笑)

畑中智行さんは美少年かどうかはわかりませんが、

やはり純粋さ一途さをうまく表現できていたと思います。

 

 パンフレットを見たら、なんと上川隆也さんが

退団されると出ていました。

ついに・・・・

わたしはキャラメルの熱狂的なファンではありませんが、

でも好きな劇団のひとつ。

上川さんにはたまにでもいいから、出てほしかったなあ。

将来的にはゲストで・・・ってのもあるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »