« 人形劇団プーク「怪談 牡丹燈籠」 | トップページ | 旧友と »

色紙点

 一度やってみたかったんですよね~

御所籠を使ったお点前、色紙点。

「私にはまだ無理だろうなあ」と思っていたけれど、

「やってみる?」と先生に促されて、

うれしいお稽古です

 

 古帛紗4枚を色紙のように並べるので

この名がついたのでしょう。

振り出しを網の袋にいれたり、大きな大津袋に茶碗をいれたりと

支度も他の茶箱とは違います。

 

 そして御所籠。

紐をリボン結びにしますが、

これが一度できれいに結べない私。。。。

めちゃ恥ずかしいです。。。。

 準備ができれば、とっても素敵な色紙点の

始まり

 

 ・・・・・・・とはいえ、

このお点前は右手と左手、どちらを使ったらいいか

よくわからなくなります

優雅とは程遠いくらい膨大な時間を使って、

お稽古は無事終わりました

 

 茶箱はなかなか全部覚えきれません。

どうせ覚えきれないなら、

できるだけいろいろなお点前にチャレンジしたい

と思ってきました。

来年はもう少しスムーズなお点前を目指したいです。

|

« 人形劇団プーク「怪談 牡丹燈籠」 | トップページ | 旧友と »

コメント

 いいですねえ~!
 私は 雪も色紙点も和敬もやっていません。
 色紙点は茶籠がとてもおしゃれですよね。
 一度やってみたいです。 今の私のお稽古場では なかなか思うようにならないので ちょきたらさまのブログを訪問させていただき 楽しんだり学んだりさせていただいています。 次は何かな? とても楽しみです。

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2009年8月28日 (金) 10時00分

みゃあくんのおかあしゃん様

 うちの教室でも、茶箱は久しぶりなんですよ。でも今回は色々なお点前ができて
楽しかったです

 そして、いつもお湯の量を柄杓に
頼っていることに気付きました。
鉄瓶だけで入れるのって、意外と
これくらいかな・・・と迷います

投稿: ちょきたら | 2009年8月28日 (金) 21時29分

こんにちは、コドコドです。八月は茶箱の稽古が多いですね。みんな似ているようで、やっぱりみんな違う点前。それぞれ特徴があって楽しいですね。

 茶箱でちょっと苦労してる一つに、振出しから金平糖などのお菓子を懐紙の上に出すときです。懐紙の端っこを折って防波堤?を作っているのに、金平糖ってやつは、コロコロ楽しそうに走り出してしまい「おっとっと」なんてやってるとそこら中に転がってる・・・。 屋外じゃ「3秒ルール」も利かない。困ったもんだ。 今日から九月ですね。

 

投稿: コドコド | 2009年9月 1日 (火) 06時01分

ゴトゴトさま

 茶箱のお点前は色々あって、しかも
美しい名前がつけられているので
お稽古する前からわくわくしますね

 ゴトゴトさまの教室では屋外でお稽古されているのですか?それはすばらしいですね。
たしかに畳の上なら金平糖がこぼれても拾えますが、屋外だと・・・(笑)
わたしも、金平糖を出すときはいつもドキドキ
します

投稿: ちょきたら | 2009年9月 1日 (火) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色紙点:

« 人形劇団プーク「怪談 牡丹燈籠」 | トップページ | 旧友と »