« ガンダム詣で | トップページ | 雪点前 »

長緒の練習

 茶箱には、茶碗や棗を仕覆で包むお点前もあり、

それが長緒の扱いに似ているらしい。

 

 来るべき次回のお稽古に向けて、

長緒の「こそ練」をしました

 

 以前に書いたメモを見ながら練習しましたが、

日頃の悪筆プラス書きなぐりのため

何だかよくわからない部分も・・・

清書しなくちゃ

 

 Photo

 これは長緒の練習のために

ずっと前にお安いのを購入したもの

 

 結ぶのもうまくいかないなあ・・・

右の結び目が1本だけちょっと大きいのは

ほどく時の手掛かりにするためです。

 

 最後のひもの始末や途中のひもの扱いもすっかり

忘れてしまってます

 

 このところ、1つ覚える前に5つ忘れる・・・・

 

 

|

« ガンダム詣で | トップページ | 雪点前 »

コメント

 長緒、すっきり結ぶの難しいですね。
 茶箱の時、カタトンボとかいう結びをするのではなかったですか? その時は覚えたつもりでしたが、思い出せなくて・・・。
 その時に すぐにメモしないと私の頭で「後で・・・」は無理になりました(涙)

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2009年8月19日 (水) 12時01分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 最近の私は、一瞬ですべて忘れてしまいます 帰り道で思い出そうとしても、さっぱりです(涙)

 この次のお稽古で教えていただくとおもうのですが、先回の時に長緒と同じ結び方をするとおっしゃってました。そして、ほどいたあとのひもの始末の時に輪を二つではなく一個作り、そこに通して結ぶ・・・ってことのようでした。
これがカタトンボなのでしょうか。

 長緒を練習しなくては!

投稿: ちょきたら | 2009年8月19日 (水) 20時49分

 そうなんですか!
 それでカタトンボなのですね。
 疑問が一つ解けました。 有難うございました。

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2009年8月19日 (水) 21時21分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 本当に合っているかどうか、わかりません
どなたか他の方にも聞いてみてくださいね。

 不器用なので、結んだりほどいたり
する動きが美しくできません・・・

 練習あるのみですね。

投稿: ちょきたら | 2009年8月19日 (水) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長緒の練習:

« ガンダム詣で | トップページ | 雪点前 »