« 400万本記念画面 | トップページ | 季節の和菓子 »

月の季の会

 岡野園さん主催の「月の季の会」へ行ってまいりました。

今回は裏千家と宗徧流正伝庵の二席。

 

 まずは裏千家のお席から。

行雲棚をつかったお点前です。

すぐに気がついたのは、帛紗。

よく見たらお運びのみなさんも同じ帛紗をしていらっしゃる。

兎さんがたくさん描かれた、とてもエキゾチックな色彩の帛紗でした。

 

 お軸は「山色清浄身」。大亀老師の筆だそうです。

お釜が六瓢ってことで、

つまみ、かんつき2個、側面2個、外観そのもの・・・と

6個でいいのですよね

席中では同席した方と「5個しか見つからない!」と

あせりましたが、こうしてよく考えれば6個ありますね

よかった、無病息災でいられそうです(笑)

 

 続いて宗徧流正伝庵のお席へ。

すすき等の7種のお花がわたしたちを

迎えてくれました

 

 棗や茶筅を最初に置く位置が、

裏千家とはちょっと違っていて

おもしろいです。

茶筅も煤竹というのか・・・でも煤竹よりもっと黒い感じがしました。

 

 正客のお茶碗は、高麗井戸茶碗。

そして替茶碗は隣近所とは同じにならないよう、

さまざまな秋の意匠がほどこされたもの。

私のは紅葉したもみじ柄でした。

 

 そしてお菓子は、月に雲、とお月見だんご(三方にのってます)を

象った、お干菓子。

かわいかったです

 

 煙管もおもしろい感じでしたね~

両端に「一朱銀」とありました。

昔の貨幣が巻きつけてあるんですね

 

 香合は松田祥幹さん作の平家琵琶を象ったもの。

山田宗徧は平家琵琶を製作したり、嗜んだりしたそう。

替茶碗にも琵琶の絵柄のがありました。

 

 帰り道に柿の木を発見。

Img_0595

 色づき始めています。

 

 

|

« 400万本記念画面 | トップページ | 季節の和菓子 »

コメント

今回は花月百騎と重なってしまい
行けなくて残念でしたが、こちらのブログで
雰囲気を味わいました。

秋がいっぱい 溢れてる・・・・

ありがとうございました。

投稿: 竹とんぼ | 2009年9月27日 (日) 21時08分

竹とんぼさま

 花月百騎、楽しかったですか~
月の季の会、写真がほとんど撮れなかったの。
ごめんなさいね、こんな拙いレポで
そうそう、葉摘みさんのお着物、緑色地に黒い
柄で素敵でしたよ~

 

投稿: ちょきたら | 2009年9月27日 (日) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月の季の会:

« 400万本記念画面 | トップページ | 季節の和菓子 »