« 中秋の名月 | トップページ | 風が強くなってきた! »

靖国神社献茶式

 献茶式というのに初めて行ってきました!

起床したのは4時

早く到着しないと鵬雲斎大宗匠の献茶式が見られない~

というわけで、がんばりました~

・・・着付けに時間がかかるからです。

もっと早く着られるといいのですが。

Img_0604

 

 献茶式は拝殿で行われました。

Img_0603

 

  大宗匠のお姿は人の頭のすきまから

たまーに見ることができました

おごそかで、力強くて、とても自然なお点前でした。

 

 点てられた二椀のお茶は、本殿に備えられます。

わたしたちも本殿まで進んで、拝礼しました。

そのあとは、お神酒(!)をいただき、

お土産(?)が。

Img_0608

こちらの小箱です。中味はなんだろう・・・?

 

 そのあとは立礼席、薄茶席、濃茶席を回りました。

立礼席は、能舞台の上にしつらえられました。

楽吉左衛門のお茶碗、すてきでした~

 

 薄茶席はJC(日本青年会議所)さんのお席。

お客様は椅子でしたので、とても楽でした。

替茶碗は独自の「JC」ロゴ入りです。

水指は青磁一閑人。ふたを開けると底に魚が

それを一閑人がのぞきこんでるという構図。

おもしろいですね~

 

 濃茶席はどうなるのか、ちょっと心配でした。

昨今の新型インフルエンザのおかげで、

濃茶が中止になるお茶会が出てきていると

聞いていたからです。

 

 しかし、濃茶は普通にありました

3名ないしは5名でなごやかに、おいしくいただきました。

お菓子の「米のなる木」も美味

茶入や水指がとてもよかったので、

じっくり拝見してきました。

 

 帰宅して小箱をあけたら、

Img_0610

こちらのお菓子とお茶でした。

明日にでもいただきましょう^^

そうそう、点心のお弁当もおいしかったです

 

 

 

 

|

« 中秋の名月 | トップページ | 風が強くなってきた! »

コメント

貴重な体験をなさったんですね。
「米のなる木」なるお菓子があるんですか。
名前がかわいいので気になります~。
食欲の秋、のせいでしょうか(という
言い訳が立つので秋は好きです笑)、
食べ物にばかり目が行きます。

投稿: まな。 | 2009年10月 6日 (火) 17時35分

今調べてみました、有名なお菓子なんですね。
ちりばめられたお米がかわいいです。

投稿: まな。 | 2009年10月 6日 (火) 17時37分

まな。さま

 「米のなる木」、まな。さんが調べたのは
「つるの玉子本舗」のでしょうか。
当日のお菓子は、花園製だったんです。
花園って花園饅頭さんなのかなあ。
HPを見たけど、「米のなる木」は
なかったんです・・・

 お餅のような生地に餡が入っていて、
生地全面に茶色の粒々(炒ったお米をつぶした
のかしら・・・???)がまぶしてあったの。
写真がなくて、残念

投稿: ちょきたら | 2009年10月 6日 (火) 23時49分

ほっとしました!
そうそう私が調べたのは「つるの玉子本舗」さんのです。違うといわれたから言うわけではありませんが、美味しそうなお菓子ではあるけど
これをお茶会で…?と
少し不思議に思っていたのです。とはいえ、
私のような初心者には計り知れない何かが
あるのだろうと考えて勝手に納得したのですが、
違うと教えてもらってやはりほっとしました(^_^;)

投稿: まな。 | 2009年10月 7日 (水) 00時13分

まな。さま

 わたしも「米のなる木」が手に入るなら・・と
PCで調べたら、つるの玉子本舗さんのお菓子が
出てきました
お茶会のは特注なのかもしれませんね。

 お献茶、おもしろかったけど、
待ち時間の長いお席はずっと正座だったので
足がとても痛くなりました
まだまだ修行不足ですね。

投稿: ちょきたら | 2009年10月 7日 (水) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靖国神社献茶式:

« 中秋の名月 | トップページ | 風が強くなってきた! »