« ガス人間第1号 | トップページ | 季節の和菓子 »

ヴィヨンの妻

 すっごくおもしろいとかってことはないんだろうけど、

でも気になる・・・・

ってことで、久しぶりに映画へGO

 

 「ヴィヨンの妻」は、ごぞんじ太宰治作品の映画化。

でも私、この小説は読んだことがないんです。

太宰の分身のような大谷に浅野忠信、その妻佐知に

松たか子の配役。

 

 借金、愛人との心中等、破滅的生活を送る夫への

一途な愛。でもそれをつらぬくために、

状況によってはしたたかに生きざるを得ない妻。

 

 佐知以外の女性も、みんな肝がすわって

たくましい。

女性は、皆か弱くなんかないのです!(笑) 

|

« ガス人間第1号 | トップページ | 季節の和菓子 »

コメント

お元気にお過ごしの様子いつも楽しく拝見しておりますよ~
ビヨンの妻でん助も読んだことがないんです。でも「聞く小説」にて最近ゲット。読み手も奈良岡さんなのでとてもぴったりでした。
こちらもお勧めよ~~~。

投稿: でん助 | 2009年10月29日 (木) 19時50分

でん助どの

 へええ~ 「名作を聴く」シリーズでしょうか。
奈良岡さんの朗読だったら、すてきでしょうね
昔の小説は文章が短くて、無駄がない。そしてとても
言葉使いが美しいですね。朗読で聴くのにぴったりかも!
映画もそのうちテレビ放映されるだろうから、
気が向いたら観てみてくださーい

投稿: ちょきたら | 2009年10月29日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィヨンの妻:

« ガス人間第1号 | トップページ | 季節の和菓子 »