« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

よいお年を

 今日は強風が吹き荒れ、

こんな中で窓ふきをする自分が情けなかったです

・・・これって毎年の繰り返しなんですよね。

寒風と窓ふきはもはや年末の風物詩?なのかも

 

 今年もあとわずか。

秋くらいからあまりいいことがなく、ちょっと落ち込んだ

こともありました。

そして健康であることの大切さを実感しました。

 

 でも今は、こうして無事に静かに年を越せることを

幸せに思っています

 

 来年は楽しい年になりますよう

みなさまよいお年をお迎えください。

 

 ・・・・あ、これから年末ジャンボ見なくっちゃ

当たれ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

こんなに押し詰まってきたのに・・・

 年末土壇場で胃痛・・・・

数日前からです。なのになのに忘年会がまだあり(涙)、

胃酸を封じ込めるべく、がむしゃらに食べてきました

                  (単に食いしん坊なだけか?)

 

 今日はやや持ち直してきました。

これから

   お餅を食べたり

   花びら餅を食べたり

   おせちを食べたり

   ・・・・いろいろ食べたりしなきゃ、

いけんのですから!

とにかく回復につとめなくては。

 

 というわけで、大掃除は明日だけがんばります

 

 明日の紅白に「国内大物アーティスト」がサプライズで

出るんですって?

誰なんでしょう・・・?

気になる~

 

 やっぱり、アノお方ですよね?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

観劇納め

 今年最後の観劇は、劇団四季の「アイーダ」となりました。

  

 「アイーダ」ってオペラで有名らしいですね。

でもわたしはまったく内容を知らずに、鑑賞しました。

 

 エジプトの将軍ラダメスと敵国ヌビアの王女アイーダの

悲恋。時空を超えて描かれます。

 

 アイーダを演じたのは、濱田めぐみさん。

もはや四季の看板女優です

「ウィキッド」を最初に見たときも出ていました。

ラダメスは渡辺 正さん。

わたしは初めてお目にかかりましたが、

ちょっと哀愁の漂う俳優さんで、

この役に合っていますね^^

 

 エジプトの王女アムネリスを加えた三角関係

は緊迫感があり、今年最後にふさわしい充実したミュージカル

でした

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

稽古納め

 今年最後のお稽古。

集大成?として、濃茶平点前をしました。

苦手な「練り」を少しでも克服したかったのです

 

 わたしには「忘れる癖」があって、

以前は薄茶だと水指の蓋をあけることを、

濃茶はなぜか四方さばき(!)を

せずに草のさばきをしてしまうということが

ありました

濃茶でこれはありえんよなあ・・・

このところはそういうこともなく、

やっと体に染み込んだと思っていたのですが・・・

 

 腰から帛紗を引き抜いて・・・・

あれ~?

なぜか自然に草のさばきをしてしまいましたっ

手が動いちゃったって感じ。

あまりに滑らか(?)で先生も気づかぬほど

あ~

ノーミスで終わることができなかったのが

悔しい

  

 新年からは気合をいれて緊張感を

持ってお稽古します。

稽古も「一期一会」ですから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマス

 クリスマスをみなさんはどのようにお過ごしでしょうか。

 

 わたしは例年どお~ってことない過ごし方です

ケーキも買ったり、買わなかったり。

 

 今年はイブに初めてチキンを買いました

ジューシーでおいしかったです

そのかわりケーキはなし

 

 クリスマス当日は、友人としゃぶしゃぶに

和食にもかかわらず、クリスマスメニュー

ありました。

うーむ、ここはフンパツするか

Photo

箱庭にサンタさんやちょこちょこっと料理

 

Photo_2

お刺身~

このあと、お肉をしゃぶしゃぶして

おいしくいただきました~

おなかいっぱい!

 

 ・・・のはすが3時間後には

お腹が落ち着いてしまった

野菜たっぷりだったから、

消化がいいんですね(笑)

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グッドタイミング

 以前芝居の「ガス人間第一号」を見たとき

オリジナルである映画が見たーい!と書きました。

 

 そしたらなんと、放映されたんですっ!

さっそく見ましたよ~

 

 とにかく美しいです、八千草薫

優しい女性というイメージがありますが、

この映画では芯の強い、凛とした舞踊家を

演じています。

 

 ガス人間の特撮も当時としては最高ではないでしょうか。

1960年の作品ですもの。

 

 舞踊シーンもふんだんで、特撮映画ということを

忘れてしまいそう。

 

 最後のシーンはやはり目をみはります。

恋愛映画と言ってもいいでしょう。

後藤ひろひとが舞台化したかったという気持ちが

わかります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

根津青山の茶の湯展

 23日までということで、あわてて行ってきました。

根津美術館の「根津青山の茶の湯」展でございます。

Img_0707

  初代嘉一郎氏が行った茶会の道具組を

紹介しています。

「庭園講評会」「歳暮茶会」「夕陽茶会」等々のお道具は、

どれも渋くてすばらしいです。

 

 わたしがいちばん手にとってみたいなあと

思ったのは、玉子手茶碗で銘を「小倉」というもの。

これだけいいお道具だと、好みも分かれますよね。

 

 お道具拝見のあとは、お庭散策。

こちらの美術館では、はずせません。

Img_0703

お舟に枯葉が。

 

Img_0702

Img_0706

 冬枯れとところどころの紅葉のコントラストが楽しめます。 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

忘年会シーズン

 今月はありがたいことに忘年会やら

何やらでデリシャスな料理にありついております

 

 先日も忘年会ではないものの

楽しい食事会がありました。

そこで食べたものは、

200912182150000

鹿ですって。

 

200912182139000

こちらはパイナップルポークだそう。

 

 むむむ、すっかり草食系男子ならぬ

文字通りの肉食女子に

ま、たまにはいいですかね。

体重だけが心配ですが

 

 おいしいものはみんなを笑顔にしてくれます^^

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

目覚まし時計が・・・

 困ったものです

前夜目覚まし時計をセットする→寝る

→寝る→寝る→寝る・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

はっ 寝坊した~っ

目覚まし時計、鳴った?鳴った?

鳴ってないじゃーん

 

 目覚まし時計が鳴らないのですっ

なんで~??

よくみると「PM」になっているではありませんか

 

 ↑

 てなことをもう何回か経験しました

どうやら朝6時とセットしてある時計を5時に変更する場合、

1周して「5:00」になった時点で、セットOK・・と思い込んで

寝ちゃっているみたいなんです。

2周しないと「AM」にならないんですよね。

 

 これまでは大事にいたりませんでしたが、

いつとりかえしのつかないことになるやもしれません。

これからはAM・PM表示をちゃんと確認しないとっ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

クリスマスクリップ

Photo

 今のシーズンにぴったりのクリップ。

しかも色つき

 

 買わずに通り過ぎるなんて、

できませーん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街はクリスマス一色

 昨夜はもんのすごい強風が吹き荒れ、

寝付けなかった方も多かったのでは。

わたくしは、もちろんすぐに熟睡しちゃいましたが

 

 今日は曇っていたけれど、風はおさまったので

ちょっと外出 銀座のホコ天にも寄りました。

2009_2

ミキモトのクリスマスツリー

毎年毎年、人々の目を釘づけにしています。

 

 デパートの飾りつけもキラキラ

いい子にして靴下ぶら下げていたら、

サンタさんから何かもらえそう

・・・なーんてことはないのですが、

そんな気分になっちゃいますね。

 

 もっと進むと何やら人だかり。

Photo

お兄さんたちがずらーり!

この方々、アバクロンビー&フィッチ(通称アバクロ)の

ストアモデルと言われる方々。

寒空の中、何時間も立っていらっしゃいました。

15日オープンだと告知デモンストレーションしていたの

でしょう。

ギャラリーがわたしも含めて写メパチパチ。

 

 このビルって以前は何があったっけ?

銀座は次々と変わっていきますね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

くせというのは・・・

 このところ先生に毎回指摘されている「くせ」があります。

柄杓に関する事なのですが、なかなかしみついたものは

元に戻せないものなんですね

 

 自宅でもその部分を稽古し、

お稽古場でも扇子を使って、確認。

そしていよいよお点前に・・・・

 

 と臨んだら、さっそく先生からご指摘がっ

毎回なので先生もそのうち呆れて、

(いや十分呆れられていると思いますが・・・)

言われなくなっちゃうかも。

「直す気あるのっ!」と怒られましたが、

もちろんあります

まだまだ体に染み込んでいないのですね・・・・

 

 お点前は流し点をしました。

別名「お見合い点前」(笑)

水指の置く位置がいつもとちがうので、

ちょっと不思議気分。

でも、お客様と一対一のときなどは、

くつろいでお話ししながらできるお点前ですね。

わたしにはそんな余裕はありませんでしたが

| | コメント (2) | トラックバック (0)

健康診断と季節の和菓子

 先日健康診断の結果が来ました。

まあ、特にひどい結果ではなかったのですが、

コメントが一言。

「甘いものを控えましょう」

・・・・・・こ、これはっ

Img_0686

もう、こういうお菓子や

Img_0687

こういうお菓子は厳禁なのでしょうか・・・・(涙)

・・・ちなみにわたしは甘党ではありません。

コーヒーも紅茶も砂糖はいれません。

・・・まあ、ちょっとは控えてなきゃいけないのかなあ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大茶盛

  大茶盛というのは、奈良の西大寺で行われるのが

有名ですが、川越の喜多院でも開催されます。

以前より興味しんしんだったのですが、

岡野園の葉摘みさん親子と御一緒することができました

 

 当日は出足が早く、長時間待ち。

しかたなくランチを先に・・・と周辺を散歩。

これが当たりました

 

 香ばしい醤油の香りを漂わせたおだんごに

ありつけるは、豆や粉もの(さつまいも粉もあった!)

やきび餅等を売っているお店を発見するはで

もはや当初の目的を忘れそうに・・・・(笑)

 

 あちこち散歩しても、まだ順番が来ない・・・

なので喜多院の五百羅漢を見学。

Img_0691

五百体あるんだそう。

一体一体ちがっていて、おもしろいです^^

Img_0697

わたしも腰をもんでもらいたい・・・・・

Img_0698

これから日本のあちこちで見られる風景(笑)

 

 このあと席入りし、薄茶席のあと、

いよいよ大茶盛!

これがもう・・・お道具が超大きい

お茶碗は、おうどん用のどんぶりより大きいし、

茶筅は自宅に飾りたくなるほど。

いただくときは人に支えてもら合わないと、

危険

茶杓を手に取らせていただきましたが、

30センチくらいありましたね!

 

 こういう趣向のお茶会は、ずっと続けてほしいです。

お道具拝見とはまた違った、お茶の楽しみがありますね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

紅葉の・・・じゃなくて食欲の京都③

 夕食には、「北斎」というところの御猟鍋を食べました。

200911281852000

 農具の鍬を鉄板として使用するんです。

下に炭火があります。

 

200911281852001

竹の皮でできた容器に入っているのは、京野菜。

これらやお肉を鍬の上で焼いて、たれをつけて

いただきます。

おもしろーい、そしてヘルシー。

九条ネギや京にんじんって、おいしい

 

 お世話をしてくださった仲居さんは、おん歳75歳だそう

とてもそんなお歳には見えません

歳をとってもこういうふうに生き生きと働けるなんて、

すばらしいですね。

 

 お腹いっぱいになり、人生の大先輩に励まされた

ちょきたらでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紅葉の京都②

 紅葉の時期は、メジャーなところはどこも超混み混み

なので穴場?めぐりをしましたが、

ライトアップくらいは、これぞ!というところへ、と思い、

清水寺へ

 

 何年ぶりでしょう。

何度か京都へ行っても、

あまりにもベタな気がして、いつも避けていました。

なので、すっかり忘れていました。

すんごい坂道を登っていかねばならないのですね

 

 エッサホッサと登った先は、すんごい人・人・人・・・・

一番の絶景ポイントは、人が動かなくてまったく見えませんでした

それでも美しかったです。

200911282151000

200911282126000

  

そうそう。京都でみかけるこういうもの。

200911281125000

「犬夜来(いぬやらい)」と言うらしいです。

犬のおしっこを防ぐ目的もあるらしいですが、

何者かが壁に耳をあてて、盗み聞きするのを

防ぐとか。

なるほどっ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

紅葉の京都①

 もう12月じゃないですかっ

1年が終わっちゃいますね

 

 そんな中、京都へ行ってきました。

200911281519000

 将軍塚の紅葉。

美しかったです~

 

 Photo

 このお方は、豆千穂さんという舞妓さん。

超売れっ子なんだそう。撮影会があったのです

本物の舞妓さんを間近で見たのは、初めて!

 

 思ったより寒くなかったし、

心配していた雨にもふられなくってよかったです^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »