« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

Windows7へ ①

 特に日頃不満があったわけではないのですが、

PCのOSをVISTAからWindows7にアップグレードしました

 

 OSアップグレードなんて、もちろん初めて

実はVISTAがほしかったわけではなく、

Windows7がもうすぐ出る!ってわかっていたのに

前PCがあえなく使い物にならなくなったために

泣く泣く買ったという事情があります。

 

 「重い」と評判が悪かったVISTAですが、

わたしにはそうは感じませんでした。

起動時間もわりと早かったです。

 

 とはいえ、「Windows7、いいよ~ 早いよ~

売れてるよ~(これは関係ないですが)」と言われると

「アップグレードだいっ」となってしまいました。

Windows7がどういうものか体験してみたくなったのです。

 

 まず、「Windows7アップグレード・アドバイザー」なるソフトを

ダウンロードして、VISTAPCに入っているソフトの互換性を

チェック。 

 

 そして問題があるソフト数が「11個」とでました。

ここからが面倒な作業の始まりです。

ソフト会社にアクセスして対応はどうなっているかチェック。

最新のソフトと入れ替えたり、削除したりして

ああ、終わった~

 

 再度チェックしたら、なぜか「1個」と表示される

え?「0個」じゃないの?

また対処して、チェック。すると「1個」と表示。

この後出しじゃんけんみたいなの、やめてほしいです(涙)

何度も繰り返して、やっと「0個」に。

 

 えーっと、これからいよいよバックアップをとって・・・・

長くなるので続きはまた次回に。

(ほんとに長いんです、これからが)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クロワッサン

 先日福岡のお土産にクロワッサンを

いただきました

 

Photo

 袋に1個ずつ入っていて、とってもおしゃれ。

そして食べてみると、おいしい~

 

 クロワッサンは好きですが、

とってもカロリーが高い

だから食べないようにしていたんです。

なのに、なのに・・・・・

ああ~、呼び覚まされてしまった。

 

 福岡にある三日月屋さんのクロワッサンです。

たくさん種類があるようで、

わたしはメープルとチーズを食べました。

メープルの方が好きです

 

 福岡だから、当分食べることもないわねと

思っていたら、あちこち全国デパートを巡回しているらしいです。

もし、出会ったら・・・・

無視できないかも!(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

趣味悠々 表千家 一期一会 第8回

 楽しみにしていた番組も、一応これで最終回となりました。

 

 正午の茶事の後座から。

竹花入れが美しい。

白竹がすっとした端正なたたずまいです。

そこにマンサクと白・赤の椿。

余計なものがない。いつまでも眺めていたいです。

 

 「うまく点てられたかなあと亭主は本当に緊張します」と

貫名宗匠がおっしゃられたのには、びっくり。

宗匠も緊張されるのですね。

ならば、わたしなどいつもお稽古で

「むむむ・・・今日もいまひとつかなあ」なんて

思ってしまうのは当たり前なのかも

 

 薄茶で「一碗ずつ点てられます」というナレーションで、

茶道を習い始めた頃を思い出しました。

 

 (なぜ一碗を回し飲みする濃茶の方が、

一碗ずつ点ててくれる薄茶より格が高いのだろう???)

 

 こう思った人って、わたしだけですか~

習い続けるうちに、だんだんとそう思わなくなってきましたが。

 

 そういえば後座の席入り前は、鐘でのお知らせでしたね。

あれは回数とか決まっているのかしら。

音ではなく音の消えるさまを聞くのだそうです。

余韻を胸に受け止めるということでしょうか。

 

 熊倉先生の陰陽のお話もわかりやすくて、

もっと聞きたかったです。

茶道は陰陽を取り入れていますが、

わたしはこれが苦手で・・・

なかなか意識できないのが現状。

お軸が1で、水指と釜で2・・・

なかなか深い世界です。

 

  

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お茶会へようこそ

 21日は強風でした

交通機関が乱れていて大変でしたが、

出かける用事があり、あたふたと支度。

それでもテレビをできるだけ見ながら・・・・

とがんばっていたのですが、時間切れで家を出ました。

 

 そのとき見ていたのがNHK「課外授業 ようこそ先輩」。

武者小路千家の千 宗屋若宗匠が出演されるので、

かぶりつき?で見ていたのです

(情報ありがとう!でん助さん^^)

 

 今夜やっと、全編見ることができました。

新町小学校の子たち、うらやましいなあ

官休庵にお招きされて、お茶をいただけるなんて・・・

豆茶人には、ちょっと正座はつらそうでしたが

 

 「おにはそと ふくはうち」のお軸、豆の形の主菓子。

節分にふさわしくて、とってもおもしろい

 

 学校では、クラスで5人の正客を選び、

その子たちをもてなすお茶会が5席企画されました。

 

 正客が関心のあること、好きなものをテーマに

しつらえやお菓子を考えてゆきます。

毎日一緒にいる仲間のこと、けっこうよく

知ってるんですね。

 

 美しい鳥の絵を書いたり、お菓子を作ったり、

折り紙、プラネタリウム、音楽つき(嵐!)等々、

大人の世界のお約束事にとらわれない

自由な発想のお茶会が展開されました。

 

 でも「おもてなしの心」がストレートに伝わってきて、

感動です なんでもみんなで協力して手作り。

・・・・それにひきかえわたしときたら

反省です・・・

 

 それにしても、若宗匠、とても楽しそうでしたね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

花寄せ

 お稽古に行くと、

先生がお庭からいろいろなお花を摘んで

いらっしゃいました。

 

 ん?

何か新しいことが始まる予感・・・

 

 花月札をひいて、順番に花入れに

好きな花を入れていく「花寄せ」をみんなで

行いました。

 

 いろいろな椿(・・すみません。名前おぼえきれません)

クリスマスローズ、ユキヤナギ、ロウバイ

シュンラン、ウグイスカグラ・・・・・

(もっともっとたくさんあったのですが、

とにかく名前がっ・・・・

 

 わたしは花を生けるのが苦手

ドキドキしながら、順番を待っていると

ついにわたしの札が呼ばれました

  

 ・・・花器に合わせなくては・・・と思い、

ユキヤナギを選んでいると、

「前の人とちがう花を選ぶように」とのお言葉が。

えっ!そうなの?

 

 結局、黄色い花と椿(・・・たぶん荒獅子?)

を選び、花器に入れました。

でも形造ろうと思っても、言うことをきいてくれない

なすがままの状態になりました

 

 たくさんの花入がならぶと、とってもきれい

自分のは無視して(笑)、ほかの方のを眺めておりました。

 

 もう少し時間をかけて、じっくり入れてみたいなあ。

あれだけの花から選んで入れるのは、

難しいけど、楽しそうだと思うのです

 

  

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

趣味悠々 表千家 一期一会 第7回

 いいお天気でしたね

そして日も長くなりました

1日が長くなって、うれしいです

 

 やっと追いつきました

第7回は、正午の茶事の初座です。

心なしか、貫名宗匠もいつもより力が入っているように

見えました

 

 初炭手前をちらっと映していましたね。

表千家の炭手前を初めて見ました。

裏千家とよく似ていますが、

種火の炭の形が違うように見えましたし、

炭をつぐときに皮目と皮目をくっつけないのですね。

・・・・もう少し見たかった~

 

 席入りまで、ほとんど亭主と客が言葉をかわすことが、

ありません。静寂の中で「その時」を待つのですが、

その間に亭主がつくばいを清める音が聞こえたりします。

「静寂の中で音がすると、よけいに静寂が際立つ」

のだそうです。

 

 静けさの中に身を置くというのは、

現代ではかなり難しいことです。

そしてそれを求めない人も多くなっています。

 

 私などは腰掛待合で露地を眺めながら、

ぼ~っとしていたいですが(笑)

 

  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

趣味悠々 表千家 一期一会 第6回

 有名・高名なお茶室は雑誌でしかみることがかないません。

テレビでとりあげていただけると、写真や図面よりわかりやすくて

助かりますね

  

 第6回は「茶室を訪ねる」でした。

 

 一つ目は大徳寺の「蓑庵(さあん)」。

茶室の真ん中に中板があるので、

広く見えますね。

 

 皮つきの赤松の中柱が湾曲しているのが、

おもしろいです。

  

 二つ目は表千家の不審菴。

 露地口をぬけてしばらくすると

中潜りというのがあってそれを潜るのですが、

これは女性が着物を着ていても潜れるのでしょうか

 

 中潜りから見る露地はとても素敵です。

緑で心が洗われるよう・・・・

  

 お茶室は3畳と点前座。

ここでお点前されるのは家元だけだそうです。

  

 床には丸太、天井には庇と同じ素材等々、

「草庵」を形作るには創意工夫がありますね。

 

 下地窓、連子窓からもれる日差しは

どのようにやわらかいのでしょうか^^

 

 若宗匠のお顔を初めて拝見しました。

体はがっちりとされていましたが、

とても穏やかな表情でお話されていました。

 

 利休はお茶室はあまり明るくない方がいいと

考えていたそうです。

二室とも実際に入るとおそらくテレビで見るより、

かなり暗いのではないかと想像。

 

 その陰影もすばらしいとは思うのですが、

現代人のわたしからすると、もう少し明るくても

いいような気がしますが・・・

どうなんでしょう。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

下田の旅

 下田のお湯と言うべきでしょうか(笑)

 ちょっとのんびりしたくなって、

5-6年ぶりに下田へ行ってきました。

 

 下田といえば、唐人お吉と黒船

・・・・でした。昔は。

 

 でも今は、龍馬で湧きかえっています

Img_0751

 下田は「龍馬飛翔の地」なのです

 

 実際、福山雅治さんたちがこの地で撮影

するために何日か滞在したそうなんです

 

 お湯につかるのが目的ですが、

ペリーロードなどをちょっと散歩

  

 すると感じのよさそうなカフェがあり、

そこでついついカキのキッシュとエルダーフラワーという

飲み物を注文。

Img_0762

 エルダーフラワーというハーブを使った炭酸飲料。

ほんのりいい香りで、キッシュともとっても合う

おもいっきり食べてしまいました。

 

 それが間違いの元。

ホテルの晩ごはんがごちそうなので、

おなかが一杯でも無理やり食べまくってしまいました

イセエビ、ステーキ、お刺身、キンメダイ・・・・

どれも放棄することはできませーん

 

 結局、食べ過ぎて胃痛に

疲れと胃痛を癒すためにお湯に何度もつかりました

 

 この時期の下田は、強風が吹き荒れます。

それでもやっぱりのんびりと歩きたい街。

Img_0758

菜の花がゆれています。

Img_0798

海がとっても身近。

 どことなくキンメダイの煮つけの香りがします。

またのんびりしに行きたいなあ。

今度は夕食前に間食はしません!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

中谷 美紀さん

 何気なくテレビを見ていたら、

女優の中谷 美紀さんがパリで現地の友人たちに

お茶を点てていらっしゃいました。

たぶん裏千家流。

 

 その美しさに思わず見入ってしまいました。

せめてこの空気・雰囲気の1万分の1でも身にまといたかったです。

着物姿はもちろんですが、その所作、話し方、表情、

すべてが何とも表現できない空気をつくりだしていました。

 

 番組は「アナザースカイ」

海外にある、第二の故郷について語る番組のようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長板総荘り

 皆具を使った、長板の濃茶点前の稽古をしました。

初めてです。

 

 尺立があり、そこに柄杓と火箸が入っています。

建水と蓋置も長板の上に載っています。

 

 これって柄杓の運び出しがないから、

楽よね

・・・・なーんて思っていたら、

そんなことはありませんでした

 

 そもそもなぜここに火箸があるのかしら????

使わないですよね・・・・

先生におうかがいしようかなと思っている

間に、お点前はたどたどしく進行。

 

 柄杓の扱いがいつもと違う。

ほかの部分もいつものお点前と基本的には同じでも

ちょこちょこっと相違点があります。

 

 帰宅途中でメモを取ろうとしても、

手の動きが断片的にしか思い出せない

 

 ああ・・・もう一度お稽古したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

趣味悠々 表千家 一期一会 第5回

 今年はどれだけ雪が降るのでしょう

3月も3分の1を過ぎたというのに。

明日朝の積雪が心配です

 

 でも今は雪を忘れて、

表千家の桃の節句の茶会を楽しみたいと思います

 

 了々斎の掛物のお雛様、お内裏様の絵、

かわいかったですね^^

 

 そして、柳の皆具が画面いっぱいに映し出された時、

「きれい~」と思わずため息

 風炉先屏風も食籠も柳。

柳がこんなに美しいものだということを

あらためて実感させていただきました。

 

 そして恥ずかしながら、

桃の節句というと、桃しか浮かんでこない私。

柳もいいんですね。

青柳って言いますものね

 

 雅なものを求めて華やかになりがちですが、

今回のお道具はとてもシンプルな美を感じました。

その分ぐっと上品です。

 

 お菓子にあこやがありました。

あれはいわゆる「引きちぎり」と同じなんでしょうか。

3色あって、とてもかわいらしかったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いつのまにか釣釜

 バタバタしているうちに、雛祭りが通りすぎて

行きました~

 

 3日にブログを書こうと思っていたのに・・・・

Photo

この写真もそのために撮影したのに

 

 バタバタの原因の一つは、PCのマウスが使えなくなった

こと。そのうちにタッチパッドも使えなくなり・・・・

悲惨なことになりました

「電源はどうやって切るのよ~っ」と

あせりました。

 

 しかし今は回復 

わかってしまえば何てことのないことですが、

それまでがひと苦労ですね。

 

 そんなこんなで心と時間の余裕がない時にお稽古に

行ったら・・・・、そう!

釣釜に変わっていました。

 

 ゆらゆら揺れる釜を見ながら、

炉の終わりを予感・・・・

そして釜の蓋のつまみを直そうとして、

思わず帛紗を近づけると、

「茶巾でするのよ」とお声がかかりました。

そうでした

ああ、どうして1年たつと忘れちゃうんだろう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

趣味悠々 表千家 一期一会 第4回

 第4回は懐石のいただき方でした。

 

 それほど裏千家と大きく違っているわけではありませんが、

最初に出されたお膳のご飯を半分残すことは違っていますね。

向付には、鯛の刺身に黄身をまぶしたものでした。

菜の花を思わせる献立ですね

 

 昨年お茶事の稽古に参加したときのことを

思い返しながらテレビを見ていました。

亭主はほんとうに大変です

食事をする暇はほとんどありません。

料理を作り、盛り付け、自ら運ぶ。

お茶事は究極のおもてなし。

 

 信長も亭主となって、お運びをしたという

記録があるそうです。

恐れ多いことですね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

生涯2度目の…

生涯2度目の…
よしぎゅう(吉野家の牛丼)です。

つゆだくでーす♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »