« 生涯2度目の… | トップページ | いつのまにか釣釜 »

趣味悠々 表千家 一期一会 第4回

 第4回は懐石のいただき方でした。

 

 それほど裏千家と大きく違っているわけではありませんが、

最初に出されたお膳のご飯を半分残すことは違っていますね。

向付には、鯛の刺身に黄身をまぶしたものでした。

菜の花を思わせる献立ですね

 

 昨年お茶事の稽古に参加したときのことを

思い返しながらテレビを見ていました。

亭主はほんとうに大変です

食事をする暇はほとんどありません。

料理を作り、盛り付け、自ら運ぶ。

お茶事は究極のおもてなし。

 

 信長も亭主となって、お運びをしたという

記録があるそうです。

恐れ多いことですね(笑)

|

« 生涯2度目の… | トップページ | いつのまにか釣釜 »

コメント

 今日は 一期一会 第5回ですね。
 お茶事を経験しないと 茶の湯の醍醐味は
わかりませんね。
 亭主を務められたのだから 凄いですよね。
 
 いつか自分でお茶事を開けたら・・・・
 夢です♡ ♡ ♡
 

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2010年3月 3日 (水) 21時26分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 いえ、いえ、いえ!!!!
亭主なんてとてもとてもとても
務まりません。やったことがないです。
炭手前もろくにできないのですから・・・
お花も生けられません。
まだまだ正真正銘、掛け値なしの初心者です。

 以前お稽古茶事に参加した時はお客さまです^^
そのときに亭主を務めた方に大変さをおききし、
また実際に目にして、自分にはとても無理だなあ
と実感しました。
でもご亭主の「補佐」くらいは務められるように
なりたいです。

投稿: ちょきたら | 2010年3月 4日 (木) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 趣味悠々 表千家 一期一会 第4回:

« 生涯2度目の… | トップページ | いつのまにか釣釜 »