« 趣味悠々 表千家 一期一会 第6回 | トップページ | 花寄せ »

趣味悠々 表千家 一期一会 第7回

 いいお天気でしたね

そして日も長くなりました

1日が長くなって、うれしいです

 

 やっと追いつきました

第7回は、正午の茶事の初座です。

心なしか、貫名宗匠もいつもより力が入っているように

見えました

 

 初炭手前をちらっと映していましたね。

表千家の炭手前を初めて見ました。

裏千家とよく似ていますが、

種火の炭の形が違うように見えましたし、

炭をつぐときに皮目と皮目をくっつけないのですね。

・・・・もう少し見たかった~

 

 席入りまで、ほとんど亭主と客が言葉をかわすことが、

ありません。静寂の中で「その時」を待つのですが、

その間に亭主がつくばいを清める音が聞こえたりします。

「静寂の中で音がすると、よけいに静寂が際立つ」

のだそうです。

 

 静けさの中に身を置くというのは、

現代ではかなり難しいことです。

そしてそれを求めない人も多くなっています。

 

 私などは腰掛待合で露地を眺めながら、

ぼ~っとしていたいですが(笑)

 

  

|

« 趣味悠々 表千家 一期一会 第6回 | トップページ | 花寄せ »

コメント

 炭の皮目のこと 種火のこと同じことを考え
ながら 見ていました。
 お茶事では 本当に静けさが 御馳走と
言えますよね。
 日常のお稽古でも 釜の煮える音は
ホント 落ち着き 茶の湯っていいなあ
{和風総本家ではないけど)と しみじみ
思います。
 

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2010年3月22日 (月) 19時42分

 お願いをしておきながら、
ちょっと留守にしていて すみません
でした。
 下田はやはりキンメダイですね。

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2010年3月22日 (月) 19時44分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 静かな茶室に、釜の煮える音。
本当に心を落ち着けるにふさわしい空間だと
思います。味わえて幸せですね^^

 下田駅に着いた途端、キンメダイの煮つけの
香りがするんですよ(笑)

投稿: ちょきたら | 2010年3月22日 (月) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 趣味悠々 表千家 一期一会 第7回:

« 趣味悠々 表千家 一期一会 第6回 | トップページ | 花寄せ »