« 季節の和菓子 | トップページ | 野球観戦 »

ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)

 ここ数年GWには、ラ・フォル・ジュルネに行くのが

恒例になっています。

Photo

一日に何公演もあるので、選ぶ楽しさもあり、

しかも1公演あたり約45分とお手軽です。

だからチケットにも手を出しやすいですね^^

 

わたしは2日の夜に、2公演を聞きに行きました。

はじめはシューマンの交響曲第4番。

イプ・ウィンシー指揮、香港シンフォニエッタ演奏です。

2曲目はそれに竹澤恭子さんのヴァイオリンが加わって

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲

誰もが聞いたことのあるメロディーで、

演奏後は惜しみない拍手が何度も何度も贈られました

 

つづいてはピアノ。

ボリス・ベレゾフスキーがリストピアノ・ソナタをソロで弾いた後、

ブリジット・エンゲラーが登場!

ん?このおばさん(失礼!)前にもみたことある

 

ふたりで3曲連弾したあとは、やんやの拍手。

鳴りやむことのない拍手に

ついにアンコールがっ

普通このコンサートではアンコールないのがお約束。

 

「チャイコフスキー」とブリジットおばさんの一言のあと、

聞き覚えのある曲の連弾が始まりました。

曲名は・・・なんだろう???

 

またもややんやの拍手に、

もう1曲アンコール曲を演奏してくれた2人。

もう・・・大感激です

|

« 季節の和菓子 | トップページ | 野球観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日):

« 季節の和菓子 | トップページ | 野球観戦 »