« 祝・決勝トーナメント進出 | トップページ | ありがとう~!!! »

切磋琢磨

 先日のお稽古では久しぶりに唐物をしました。

ひょっとしたら・・・の予感が当たって、メモをさらっと

読んでいって正解

・・・でもやっぱり、あれこれそれとほとんど忘れてしまっていました(涙)

 

 使用した楽茶碗の口作りが「山のようだなあ」と

思っていたら、「楽の口作りは京都を囲む五山をあらわしていることが多いのよ」

と先生。

 

 おお!

・・・・して、五山とは????

それは宿題(笑)

「京都」「山」というと、「比叡山」しか浮かばない無知な私

しかし調べてみると、比叡山は入らないようですね

五山の送り火とよくいいますが、その五山なのかなあ。

 

タイトルの「切磋琢磨」は、この日のわたしがつけた茶杓の銘。

サッカー日本代表の決勝トーナメントを祝した銘をつけたかったのですが

いい言葉が浮かびませんでした。

おそらく稽古場にいた人には伝わらなかっただろうなあ。

ああ・・・ボキャブラリー不足

 

どんな銘がしっくりくるかしら。

|

« 祝・決勝トーナメント進出 | トップページ | ありがとう~!!! »

コメント

 いつも茶杓の銘には苦労しますが
「切磋琢磨」いいですねえ!
 ボキャブラリー不足なんて、ご謙遜を!
 
 唐物、久しく私もやっていません。
 さらっておかなくては・・・

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2010年6月27日 (日) 11時36分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 いえいえ。もっと躍動感とか、一丸となって
戦う姿を表現する言葉があるような気がするん
ですよね・・・
それに「切磋琢磨」だと、銘らしくない気も
しまして

 唐物は必ず何かを飛ばしてしまいます。
ふすまを閉めることとか・・・

投稿: ちょきたら | 2010年6月27日 (日) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切磋琢磨:

« 祝・決勝トーナメント進出 | トップページ | ありがとう~!!! »