« これは… | トップページ | 葉蓋 »

新選組 ARTIZAN

 岡野園さんも後援していらっしゃる、

新選組のみなさんの作品展アンド即売展

に行ってきました。

 

   ⇒「新選組」については、昨年のブログをごらんください。

 

 まずは入り口で、筆ペンにて署名・・・

これがもうミミズの這ったような字でして

受付の方が見かねて、別の筆ペンを持ってきてくださるも

まったく関係ありませんでした

せめて自分の住所と名前くらい、きれいに書けるように

しないとねっ

・・・・と毎回思います。

 

  葉摘みさんは相変わらずスレンダーでクールビューティー

見とれているあいだに、添釜にお声がかかりました。

 

 石州流野村派の堀一孝先生による、立礼席です。

そこで使われているお道具のほとんどが、

新選組の方々によるものでした。

 

 お席のあとは、池田泰輔先生にお目にかかって

先日のお礼を述べさせていただきました。

この梅雨時のうっとうしさを忘れてしまう、

すがすがしいお声。とやさしいまなざし。

どうして同じ人間生まれてこうもちがうのかしら・・・

と考えさせられます。

 

 

 松田祥幹さんには蒔絵の実演をしていただきました。

なぜ蒔絵と言うか。

漆で書いた絵に金や銀の粉を蒔いていくことから、

というのがよくわかる実演でした。

 

 その粉は240種類!くらいあり、特に金はとても

高価だそう。蒔絵のお道具が高価なのもうなずけます。

 

 下絵であり、接着剤の役目もする漆には、

大変細い筆を使用。猫やネズミの毛だそうです。

粉を加工する職人さん、筆を作る職人さんは

ともに高齢で、後継者がほとんどいらっしゃらないとのこと。

将来が心配になります。

 

 祥幹さんが筆で、直線や曲水をす~っと描くと、

ほぅ~とあがるため息。

もうそれだけで芸術

筆ペンすら扱えない私には、

ただただ驚嘆です

 

 今回もまたまた勉強になりました。

いつかお金をためて、買いたいです

 

|

« これは… | トップページ | 葉蓋 »

コメント

私は土曜日に伺いましたが
(反対方向に進んでさんざん迷った揚句)
またまた池田さんにはお会いできませんでした。
葉摘みさん曰く「よほどご縁がない」ようです。

長野さんとお話しさせていただき 新しい風を
起こそうというエネルギーを感じて帰ってきました。

投稿: 竹とんぼ | 2010年7月 4日 (日) 23時53分

竹とんぼさま

 わたしは何とかたどりつきました
途中もおしゃれなお店がありましたね^^

 まあ、池田先生にお目にかかれなかったのですか~ それは残念でしたね。

 私は新さんとお話したことがないのよ~
うらやましいわ。
 
 作家さんの情熱やひたむきさが
よく伝わってきますね。

投稿: ちょきたら | 2010年7月 5日 (月) 00時52分

 とてもすばらしい催しですね。
 ちょきたらさまの巧みな文のおかげで私もちょっとだけ そこにいたような気になることができました。

 都会に住んでいて マメな性格だと色々と勉強の機会がありますね。
 本当にうらやましいです。
 

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2010年7月 5日 (月) 06時51分

★みゃあくんのおかあしゃんさま

何をおっしゃいますか。私ほどの不精者はそうはいません(^^ゞ
ただ鑑賞しただけですから。自分で作ったり、育てたり、本で調べたりする方が本当にマメな方なんだと思います。

どの作品もすばらしかったのですよ。お買い上げで貢献できる日が来ればいいのですが。
…宝くじ次第ですね(笑)

投稿: ちょきたら | 2010年7月 5日 (月) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新選組 ARTIZAN:

« これは… | トップページ | 葉蓋 »