« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

この夏に失くしたもの

 8月もはや終わろうとしています。

酷暑の夏でしたね・・・・

 

 何だか失くしものの多いシーズンでした。

暑さのせいでしょうか。

 

 まず悲しかったのが、

 

 ・扇子の袋1

 ・扇子の袋1

 

でございます。

まちがってコピペしたのではありません。

本当に数日のうちに2袋も失くしてしまいました・・・・

 

 2本の扇子を持っているのですが、

まず1つ目の袋を失くし、

「もう1つのは絶対に失くさないように!!!」と

固く決心していたのに、いつの間にか・・・・

 

 「袋ほしいな~。こういうのって、普通は自分で作るんだろうな~

と思っていたある日、デパートで袋のみ販売しているのを発見

怠け者族お裁縫できない種の私は、即座に購入

いつまでたっても、お裁縫を避けて通っております<m(__)m>

 

 ・ペチュニア

20090725

昨年の夏はこんなにきれいな花を

見せてくれましたっけ。

 

 今年はもっと大きな鉢に植え替えたのですが、

色のとっても薄い花を2つばかり見せてくれたあと、

急速に枯れてしまいました

 

 1年草だから仕方ないのかなとも思いますが、

この暑さのせいか、水をやりすぎたかの

どちらかでしょう。

今度は、茶花に使えそうな花にしようかな。

 

 

 ・着物を着る意欲・・・

 

 8月も何とか浴衣をと思いつつ、

機会がないのを理由にして、すっかりTシャツ・短パン派

におさまっておりました。

 夏はいいのですが、

着物をあくせく着るのはお茶会でもない限り

意欲0

 

 だって、暑いですもん

 

 さすがに9月は着たいですが、

うーん、このまま猛暑が続けば無理かなあ。

 

 

 

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

叔母との旅

 青山円形劇場で、

段田安則、浅野和之、高橋克実、鈴木浩介の4人が

共演!

・・・と聞いたら、絶対行きたくなります

 

 4人で20人以上の役をこなし、

舞台もパリ、イスタンブール、アルゼンチン等々・・・

めまぐるしく変わります。

 

 全員が精密機械のように動き、

演技しないと成り立たない芝居。

なかなか見ごたえがありました。

Photo

 段田さん、すごいな~

 

 ところで最近、芝居の導入部分で

睡魔に襲われる傾向が・・・・

 

 観劇前に食事をするからか、

睡眠不足からなのか・・・・

原因不明でございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶と花の融合展

 相変わらず、猛暑・酷暑が続いていますね

夏が冬より好きな私でもさすがに・・・

今年は雨が降らないのも、

おかしいですね。

 

 さて、茶と花の融合展でございます。

今回もすごい人出でした

 

 写真は、岩田宗龍家元のお花。

Img_1420

Img_1421

 宗龍家元に代わって、若宗匠が

「四季と茶花」をテーマにしたお話をされました。

 

 蓮は写真のように、実、葉、蕾を一緒に

入れるのがならわし?だそう。

実は過去、葉は現在、蕾は未来を表します。

 

 大好きな熊倉先生の講演は、「後水尾院と寛永の茶と花」の

前半。おもしろくてわかりやすいお話でしたが、あっという間に

終わってしまいました。

この時代のお茶は、飲めや歌えの大宴会だったようです^^

 

 お茶席に三席入りましたが、小ぶりながら

すべて主菓子

干菓子があってもいいなあ。

 

 そのうちの一席は 野点のしつらえで茶箱のお点前。

お軸が小倉遊亀さんの書で「いろはにほへと・・・」。

朱書というのは、初めておめにかかりました。

 

 席主の先生の茶箱のコレクションが素晴らしかったです。

籠や中国の小箱、ほんとに小ぶりの茶碗、茶杓・・・・

いつの時代かは不明ですが、ため息が出ました。

 

 お花の展示は、ほとんど秋。

すすき、おみなえし、キキョウ、ナデシコ、ワレモコウ・・・・等々

が涼しげに生けられていました

 

 外の暑さを忘れさせていただきました

・・・・帰り道は汗だくでしたが・・・・・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

暮らしにお茶の楽しみを 第4回

 洗い茶巾のお点前でしたね。

今年の夏にお稽古したので、

いい復習になりました^^

 

 茶巾をしぼる音、

平茶碗や釣瓶といったお道具で

涼しさを表現していく楽しみがあります。

 

 お点前を拝見していると

私よりかなり早い

以前は「早すぎる」と怒られましたが

最近はあまり言われません。

ちょっとゆっくりなのかな・・・

 

 茶室のしつらえやお菓子・菓子器でも

涼を表現されていましたね。

 

 釣瓶や平水指の蓋の扱いも

教えていただけて、ラッキー

でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶箱ざんまい

 先日の花月は、茶箱で行いました。

え? 花月って茶箱でもやるんだ~

卯の花のみだそうです。

 

 折据を動かすタイミングがいつもと

違うのに戸惑いましたが、

まあそれなりに無事に終了

なぜなら、花がぜーんぜん

当たらなかったからです

  

 普通のお稽古では、今度は月点前に挑戦。

一番優雅な茶箱のお点前です、本来は(笑)

  

 お香を炊いたり、羽箒ではいたり・・・・

かわいらしいサイズのお道具がたくさん出てきて、

楽しいですね。

  

 ウグイスという、茶筅を支えるU字型の

針金を使うのも特徴。

わたしはどうもこのウグイスを早く刺したくって・・・

先生と先輩から「まだよっ!!」の声が

何度も飛んでおりました(笑)

  

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暮らしにお茶の楽しみを 第3回

 今回はお家元が炭や灰型の重要性について

初めにお話ししてくださいましたね

 

 4月の灰型講習会に参加した時のことを

思い出しました。難しかったなあ~

いや、難しいなんてもんじゃない。

まったく、何一つできませんでした。

できないって言っても、程度があるっていうもの。

わたしのはほんとにひどかったなあ

 

 倉斗先生がおっしゃるように

やはり練習しかないのですね

ただ、今までは灰についてはあまり見なかったのですが、

これからはお茶会でも灰について

じ~~っと観察させていただこうと思っています

 

 

 炭手前もこうして他人がすると

できそうな気がしますが、

実際してみると、こんなふうには

ならない私

 

 

 点前はもたつき、炭はうまくつかめない

いやはや・・・・

こちらは灰型よりは何とかなりそうだし、

自宅で練習もある程度可能。

後炭はもっと難しいですから、

初炭くらいはスムーズにしたいです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

和敬点

 卯の花のお道具に、薄板1枚と茶碗1個をプラスすると

和敬点の準備になります。

 

 お点前も似ていますが、ビミョーに違う

ちょっと頭がごちゃつきますね(笑)

 

 そのせいか、二杓ではお茶の量が決まらずに

三杓目でなんとかOK。

一杓目できちんと掬えなかったからです

 

 お茶の量といえば、

現在放映されている「趣味工房」シリーズでは、

お点前される方がお茶をたっぷり掬うので

びっくりしました

 

 どうやら東京は一般的に京都よりも薄仕立てに

なることが多いらしいです。

なので、京都からいらした方は

「東京のお茶は薄いなあ~(ここは京都言葉のイントネーションで) 

とおっしゃったりするそうです。

わたしもお茶は濃い方が好きですね

 

 楽しいお稽古でしたが、

帰りはちょっと寂しい気持になりました。

 

 その日お稽古でご一緒した方が

長期的にお休みされることになったからです。

 

 転勤・転職、結婚、出産、育児・・・と女性の人生は

色々変化します。

自分も今は通えても、

いずれ色々な事情でお休みせざるをえないときも

きっと来ることでしょう。

 

 プライベートのお付き合いはなかったのですが、

お稽古やその帰り道にお茶のお話をするのが

楽しくて。茶暦の浅い者同士の気楽な関係でした。

 

 「一期一会」

稽古も人生も。

若いころには何も考えてなかったことです。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お茶席の冒険

 読み終わってから、かなり日にちがたってしまいましたが、

有吉玉青さんの「お茶席の冒険」についてちょっと。

 

 有吉さんは、藪内流でならっていらっしゃるそう。

ところどころで流派の教えの違いがあって、

興味深いです。

 

 たとえば、水指の蓋を開けたら、

それを建水の上に持ってきて縦にする・・・というのは

初めて知りました。

炉だとさらに雫を切る動作が入るとのこと。

以前「趣味悠々」で藪内流のお点前を見たことがあるのに、

すっかり忘れてしまっている私

・・・・いつも新鮮な驚きです(笑)

 

 

 作家ゆえにもっと高所から、そして優雅に

ご自分の茶道を述べているのかなと思いきや、

意外とわたしくらいの目線で書いてくださっている。

とっても楽しく、「そうだ、そうだ」と相槌をうちながら

読み終えました^^

 

 「どうしてお茶を習い始めたのですか?」

と聞かれてもまともに答えられないとのこと。

それはわたしも同じです。

「何となく・・・いいなあと思って」くらいでしょうか

  

 以前どなたかがブログか何かで

「どういうことだろう?」と疑問に思われてたことに

わたしもぶつかりました。

 

 それは有吉さんが濃茶を練っていたら、

「茶筅の腰がぬけた」ということ

これって???

穂先が折れたのではなく、細かく裂いてある部分の柄に

近いところが曲がったんだそうですが、

そんなことってあるんでしょうか~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑さゆえ撤退・・・

 先日、通りかかったヘアアクセサリー店で

ちょっと質問。

 

 以前買った、髪をアップするときに使うスティック(かんざしみたいなもの)

がうまくいかないのでやり方を再度確認したのです。

 

 その時の店員さんと、教えてもらいながら

あれこれお話。

 なんと、カレが裏千家の茶道教室に通っている

んだそう

彼女は習っていないそうで、

「表と裏って何が違うんですか?」と質問されました

 

 興味はありつつも

「お茶って着物とかお金がかかりそうで・・・」とのこと。

そうですよね・・・・そんなことないよとは言えないです

うーむ。

 

 とても感じのいい店員さんで、

いつの間にか別の商品を買ってました(笑)

 

 日が変わって、今日。

暑かったですね~

この猛暑で多くの方が亡くなっています。

油断できませんね。

 

 日が暮れてから、3駅くらい歩こうかと思いましたが、

結局2駅で断念。

根性なしです

 

 しかし、もはや「危機」とか「ヤバイ」という表現が

できなくなった、わがbody。

何とかしなくてはいけません

・・・・歩いたせいで、お腹がすいて

夕食をたくさん食べちゃったのも

情けないです

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暮らしにお茶の楽しみを第1・2回

 趣味工房シリーズ「裏千家 暮らしにお茶の楽しみを」

の1・2回を見ました。

 

 盆略点前は普段お稽古ですることがないので、

あらためてテレビで見られてよかったです。

お稽古はしないけれど、自宅でお点前するには

これと茶箱点なら何とかなりそうですから。

あ、そういえばちゃんとしたお盆が自宅になかったわ

・・・え~、まあおいおいと・・・ですね(笑)

 

 お茶を点てるときには「心をこめてお茶をたてる」

拝見の時には「謙虚な心で」というように画面の上に

テロップが出ていました。

お点前だけではなく、その時の心のありようを学んで

ほしいということなのでしょう。

 

 帛紗さばきや柄杓、茶筅の扱い等もじっくり見られて

自分のお点前がまだまだとも・・・・

次回は炭手前のようです。

楽しみですね^^

 

 

 話題変わって、以前一度お店に行ったものの

あまりにも高価でびっくりして買わずに(買えずに)出てきてしまった

サダハルアオキ。

「茶の湯大百科」で見たBanbooがあまりにも美しくて

いつか食べたい、いやチラ見してみたいと思っていました。

・・・・このたび入手しました

Banboo

 このようにお店でディスプレイされてたらしいので

そのまま置いちゃいました。

横にすればよかったですね

 

 中は抹茶クリームと濃厚で瑞々しい(!)チョコが

層になっています。

お茶が重なっていますが、お抹茶にも十分合う

しっかりした甘さのケーキです。

。。。。。たぶんもうお目にかかれないだろうなあ  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バムとケロ

  蝉がジリジリ・・・・・鳴いていますね~

みなさまお盆はいかかがお過ごしでしょうか?

 

 私は数年ぶりに姪っ子たちとご飯を

食べてきました

 

 もう背がす~っと伸びて、

こんなに成長したのかとびっくり!

・・・・その分、こちらもトシをとったのですわね・・・・

 

 その姪っ子たちが好きな絵本が

島田ゆかさんの「バムとケロ」シリーズだったんだそう。

ん?それは何?

最近、小型版が出たので買ってみました。

Photo

 

 読んでみたら、おもしろ~い

そして絵の書き込みも丹念。

「ここにケロちゃんの顔した椅子があるわね~」なんて

親子で話しながら楽しめそう^^

そういう意味からも本来の大判の方が

いいんでしょうね。

いい絵本に出会えました

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

踊る大捜査線3

 1と2を見たので、3も・・・ねっ

よく考えたら、テレビシリーズはほとんど見たことが

なかったんですけど

 

 ネタバレはできませんが、

小泉今日子さんは相変わらずの存在感。

でも1の時の「狂った」イメージとは

すこし遠ざかった感じです。

 

 時の流れとともに、それぞれ出世したり

異動したりと立場が変わりました。

もし4ができるならば、新しい「踊る~」に

なると思います。

 

 エンドロールを見ていたら

「古田新太」「宮藤官九郎」の名前が

え?どこ?どこに出てたんだろう

 

・・・・後でわかりました^^

これは目のいい人ならわかるかもしれませんが、

わたしはさっぱりわかりませんでした。

 

 それにしても3週連続で映画を見たのは、初めて。

1年に1本も見ない年もあるのに・・・。

 

  最近、悲しく、涙がダ~ッと出る作品は自宅でひとりがいいなあと

思います。

でも笑える作品は、映画館でみんなで笑いたいですね

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVDドライブ

 テレビどうこうしている間に、

わがPCのDVDドライブがおかしくなりました

 

 どのCDを入れても、カチャカチャ音がしたあと、

止まってしまう・・・

何度出し入れしても同じ。

PCはドライブを認識していますが、

ソフトは読み取れない感じ。

 

えーーん、故障かっ

だとすると、外付けのを買わなきゃいかんのかっ!

と悲しい気分になりながら、

一応、ドライブ用レンズクリーナーの一番強力なのを

買いました。

 

 CDの表面2か所に、液体クリーナーをつけ

ドライブで読み込ませます。

 

 何度もカチャカチャ入れたり、出したりすること

10回ちょっと。

 

 すると、突然読み込み始めて

本格的クリーン作業を開始し始めました。

大成功

あ~、よかった~

 

 DVDドライブなんて、そんなに使ってないつもりですが

いつの間にか汚れてしまっているのですね。

1年に1回は掃除した方がいいようです

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テレビっ子になる!?

 我が家に新しいテレビがやってきました。

ちょっと大きめです^^

え?50型かって?

いやいや、とんでもない!

そんなのを置くスペースはありません

 今までがとっても小さかったので、

やっとちょっと前の世間並みになりました。

それでも従来のよりずっと大画面なので、

満足、満足

 近くでニュースを見ていると、

アップになったアナウンサーがそばにいるように

感じます

まあこれも数日で慣れるんでしょうね。

 

 記念すべき最初の画面は高校野球の入場式でした。

臨場感がありますね~

 思えば家電については、いつも世間様より

後を歩いてまいりました

エアコンも電子レンジもよそよりもず~~っと

導入が遅かったなあ。

 社会人になって、自分のお金で

テレビとビデオレコーダーを買った時は

とってもうれしかったですね

 

 先ほどは買い替えたら必ず鑑賞!と

決めていた「This Is It」を見ました

きれいな画像でとってもうれしい。

 

 しばらくはテレビ見るの、楽しいかな

| | コメント (4) | トラックバック (0)

茶箱

 5日からNHKの「趣味工房シリーズ」で

「裏千家 暮らしにお茶の楽しみを」が

始まりました・・・・が、

うっかりして第1回を見逃しました

でも12日に再放送があるので、大丈夫

録画セットバッチリです。

 

 8月のお稽古は茶箱で始まりました。

とっても久しぶり

基本の卯の花のお点前でございます。

 

 歩き方、茶巾のたたみ方を丁寧に

教えていただきました。茶巾は水屋仕事で

ぱぱっとしてしまいがち。

私はこの茶巾に関することをとても苦手にしていますので、

丁寧に改めて教えていただいたのが

とてもうれしかったです

 

 先日の沖縄土産の楊枝入れではありませんが、

あれこれ見立てで使えるのが茶箱の楽しさのひとつ^^

今回お稽古で使用した「振り出し」は、

蓋つきの楊枝入れを見立てたものだそうです。

 

 かねてより疑問なのですが、

茶箱の蓋の上に帛紗を敷いてはいけないのでしょうか。

蓋が傷ついてしまいますよね・・・

毎回お稽古のたびに思ってしまいます

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また逢おうと竜馬は言った

 25周年を迎えた、演劇集団キャラメルボックスの

サマーツアー公演でございます。

新作ではなくて再演のようです。

 

 わたしはキャラメルボックスはほんとにたまにしか

見に行かないのですが、時代劇には足を運ぶように

しています。

すごくいいんですよね~

 

 ところが・・・

なんとこの作品、どちらかというとというかほとんど

現代劇でした

キャラメルのサポーターからあきれられそうですね。

 

 役名が幕末の実在人物をもじって、つけられているよう

なんです。でもわからないのが一人。

  岡本・・・・坂本竜馬(こっちの字使ってます)から

  ケイコ・・・・桂 小五郎

  本郷・・・・西郷隆盛

  小久保・・・大久保利通

  さなえ・・・・千葉さな

  棟方・・・・土方歳三

  時田・・・・沖田総司

  石倉・・・・永倉新八????(かなあ)

  カオリ・・・???????

「カオリ」・・・謎です

さっぱり浮かびません。

もしお分かりになる方がいればご一報を(笑)

 

 もちろん、作品はとてもよかったです

動きのある芝居であり、いつもの透明感もある。

「若さ」や「青春」といったエネルギーを内包していますね。

 

 岡本役の畑中智行さんは、芝居途中から

スーツの色が汗ですべて変色してしまいました。

かなりハードな芝居です。

 

 あ、ちなみに竜馬もちゃんと出演いたします

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイストーリー3

 1・2と見たので、やはり3も見なくては。

そして先に見た方たちから

「よかった~

との声がありましたので、さっそく映画館へGO

 

 洋画は基本的には字幕で見る派です。

でも・・・「トイ3」に関しては吹き替えが多い。

しかもわたしがよく行くシネコンは字幕0

しかたなく吹き替え版3Dにしました。

3Dにこだわりはありません。

周囲が3Dで見た人が多いので、

なんとなく・・・です。

 

 ちょっと驚いたのが、

本編が吹き替え版だと、

予告編も吹き替えなんですね

 

 本編のまえに「デイ&ナイト」という小編が上映されます。

これがよくできていました

 

 いよいよ「トイ3」。

・・・・よくできていました

泣いちゃいました。

 

 わたしは子どもの頃、

あまり多くのおもちゃは買ってもらわなかった方です。

だからずっと長く遊んでいたつもりですが、

お人形、ドールハウスとかって、

結局家の片隅に追いやり、最後は捨ててしまいました

大切にしてたと言えるかなあ(涙)

 

 とにかく・・・・

「おもちゃは大切に!!」

・・・でございます<m(__)m>

 

 そうそう。

トトロが特別出演しているのも話題ですね

ちゃーんとしっかり出てきましたよ^^

---------------------------------------------------- 

 前のブログで「沖縄ネタは最後」と書いたのに、

銀座のソニービル前の交差点でこれを

発見。

201007311551000

おお!美ら海水族館を3D映像でってことですか。

 

そしてビルのまえにはデモンストレーション用(?)

の水槽が。

201007311553000

正面は人だかりだったので、

サイドから撮影。

また思い出しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »