« 親睦茶会 | トップページ | 今の私をカバンにつめて »

暮らしにお茶の楽しみを 第8回

 流し点でのお茶会風景でしたね^^

 

 私的に親しい方をお呼びして・・・

という場合、堅苦しすぎなくて

なごやかな雰囲気になりますね

 

 お客様と会話しながらお点前するっていうのは、

私にはかなり難しいです

きっと何かを忘れるか、順番をまちがえることでしょう

  

 ・・・とお点前やお道具も見ましたが、

一番気になったのは次客のお着物でした(笑)

すてきでしたね~

べっぴんさんでしたし

 

 「ああいう色もいいなあ」

 「でもちょっとわたしには無理だなあ」

等々お茶を忘れて、着物についてあれこれ考えて

しまいました

 

 最後にお家元からアナウンサー氏に

「最近、月をご覧になりましたか?」と問いかけがありましたね。

「いえ・・・」とお答えになっていましたが、

茶道を学ぶ前のわたしもそうでした。

月のことは日常から眼中になかったですねえ。

子どもの頃の方がよく見ていました。

 

 それが茶道を学ぶようになって

ちょっとだけ月を気にしたり、

道端の草をながめたり、

よそのお庭の木々をながめたり・・・・

と、今まであまりしないことをするようになりました。

 

 季節の移ろいを感じるには

ある種の「訓練」が必要なのかもしれませんね(笑) 

 

|

« 親睦茶会 | トップページ | 今の私をカバンにつめて »

コメント

 いよいよ残り 1回になりましたね。
 流し点ての風情は好きです。
 もし 点前の順序を間違えたと
しても それも風情と楽しんだり(笑)
 秋の夜長に 親しい人と一服を
楽しむ・・・ いいですねえ~。
 やりたいです。

 先日茶友がちょきたらさまと
全く同じことを言っていました。
 茶道を始める前は何となく見過ごして
いた事に気づくようになったとか。

 それが 茶道の楽しみ方の一つ
ですね。

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2010年9月30日 (木) 00時02分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 あと1回と思うとさみしいですね。
流し点の風情は私も好きです。
でもいつも水指を置く位置を
迷ってしまいます(笑)

 季節の移ろいを感じられるのって
幸せなことですよね。
心のゆとりがないとなかなか
そちらへの注意がおろそかになってしまいます。 

投稿: ちょきたら | 2010年9月30日 (木) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暮らしにお茶の楽しみを 第8回:

« 親睦茶会 | トップページ | 今の私をカバンにつめて »