« 上村松園 展 | トップページ | 一碗からピースフルネスを »

茶事をめぐって~現代工芸への視点~

 上村松園展のあとは、近くの東京国立近代美術館工芸館

へ向かいました。

Photo

 

 「茶事をめぐって~現代工芸への視点~」を

見るためです。

 

近世期の茶の湯の展示、近代作家による茶の湯の器の展示が

比較のためになされています。

 

 そして現代作家の作品。

楽吉左衛門さんは知っていますが、

他の方はほとんど知らない不勉強ぶり

 

 そんな私のため(?)に

作品リストとはべつに、ちゃーんと

りっぱな作家解説も置いてありました^^

Photo_2

ホホホ・・・助かります

 

 今あちこちで行われているお茶会では

なかなか出会えないような作品が多いです。

畳だけでなく、フローリングにも合いそう。

 

 新しいお茶事・お茶会が生まれそうな

予感がします。

 

 

 

|

« 上村松園 展 | トップページ | 一碗からピースフルネスを »

コメント

3日に行ったのですか?
わたしは2日にシャガール展を見に、上野まで行きました。ちょうどアジアの祭典をやっていて大きなナンつきのカレーを食べました。
一人だったら上村松園展も見たかったな~

投稿: 栄子 | 2010年10月 5日 (火) 12時51分

栄子さま

 シャガール展に行かれたのですか?
わたしもシャガールは大好きです
今回のも行きたかったのですが、もうあと
わずかですね。行けるかしら~

 2日に行ってきました^^
アジアの祭典ですか~
そういうところで食べるカレーって
おいしいでしょうね。
ナンつきのカレーって最近食べてないなあ。
食べたくなってきました

投稿: ちょきたら | 2010年10月 5日 (火) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶事をめぐって~現代工芸への視点~:

« 上村松園 展 | トップページ | 一碗からピースフルネスを »