« サンタクロースが歌ってくれた | トップページ | 季節の和菓子 »

室町三井家の名品~卯花墻と箱根松の茶屋~

 いづれも名品ぞろい・・・・

鑑賞眼のない私でも「おっ!」

ため息が出ます

三井記念美術館の所蔵品はとてつもないですね~ 

  

 玳玻盞(たいひさん)・・・(え~、字書けないですね

これには釘付け

中に吉祥の鳥紋様があります。

 

 そして国宝の卯花墻。

おおらかなその志野茶碗は予想よりも厚みが

ある印象。

手にとってみたいなあ。

その手触り、重みを味わってみたいです。

位置が高かったせいか、

見込みが見えなくてちょっと残念

 

 ととや茶碗(銘 かすみ)に再会できたのも

うれしい^^

 

 ほとんど自館の所蔵品ですが、

東京国立博物館からのもあります。

それが馬蝗絆 ( ばこうはん )。

もともとは三井家のものだったそう。

美しい色・フォルム。

 

他にもまだまだたくさん!

感想も書ききれないっ

出品目録を見ながら、思い返しています。

幸せな時間ですね

 

 

|

« サンタクロースが歌ってくれた | トップページ | 季節の和菓子 »

コメント

 またまた良い展覧会をご覧になられて
いいですねえ~!
 卯花墻は三井にあるのですね。
 国宝の茶碗 見たいです。
 写しを持っていますが 私の
大好きなお茶碗です。
 
 田舎暮らしでの最大の不便な点が
展覧会、実術展が簡単に見られない
ことです。
 

 

投稿: みゃあくんのおかあしゃん | 2010年12月22日 (水) 20時35分

みゃあくんのおかあしゃんさま

 首都圏は美術展や芝居で本当に恵まれて
いますね~

 他の土地ではこうはいきません・・・
美術館に行ったり芝居に行くようになったのは
こちらへ来てからです。
 

 田舎にはこちらでは見られない空・景色や
きれいな空気や風がありますもの。
お金では買えないものですね。
 

 卯花墻(これも書けない・・・)の写しを
お持ちですか
わたしは写しすら触ったことがないので、
うらやましいです^^
 

投稿: ちょきたら | 2010年12月22日 (水) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 室町三井家の名品~卯花墻と箱根松の茶屋~:

« サンタクロースが歌ってくれた | トップページ | 季節の和菓子 »