« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

大人は、かく戦えり

 大竹しのぶ、段田安則、秋山菜津子、高橋克実の4人芝居。

魅力的な方々ではありませんか~

当然、見に行かなくては~

「大人は、かく戦えり」でございます。

  

 2組の夫婦がそれぞれの息子同士のケンカ→ケガについて

話し合うために集まります。

ちょっぴりセレブな感じの2組。

最初は上品かつ冷静な感じでしたが・・・・・

 

 この作品は女優が演じてみたい役どころに

なっていますね~

大竹さんも秋山さんも血管キレそうな演技で

ございました(笑)

そして男性陣は・・・・なかなかツラいものがありますね~

 

 上演時間は1時間20分。

短いようですが、詰め込まれたセリフ・演技は

その倍以上。

笑いっぱなしでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

優勝!!!

 やった~

アジアカップ優勝です

 

 川島選手、何度も何度も超ファインセーブ

わたしの中ではMVPは、あなたです

 

 李選手、よくぞ決めてくれましたっ

Img_1713

 

 本田選手、岡崎選手・・・・・みんな、みんな

どうもありがとう

いい試合だった~

Img_1714

 

 それにしてもザッケローニ監督は、

選手の起用がうまい。

交替した選手が活躍しますよね~

 

 目が冴えちゃってますが、

これから眠ります。

おやすみなさーい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪あがき

Img_1710

 え~、また買っちゃいました

 

 あーあ、読むだけで痩せる雑誌ないですかね~

・・・っていつも思っています(笑)

 

 雑誌は増えて、体重も増えてます

 

 それにしても・・・

黒木メイサさん、ステキですね

同じ人間でどうしてこうも違うのか(涙) 

 

 このところ口内炎でも苦しんでいました。

「トラフル錠」を飲み続け、やっと回復基調に。

 

 

 口内炎はどうも睡眠不足と関係があるみたいです。

でも、明日はサッカーもあるからなあ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初炭手前

 向切の初炭手前をしました。

  

 当たり前といえば当たり前なのですが、

炭斗の位置が火の左側になるので、

道具を左手でとることになるのですね

  

 火箸の扱いがちょっとややこしい。

理解したとは言えない私(汗)

いや、炭手前全体がまったくダメです

 

 でも、久しぶりにお炭の稽古ができた充足感

があります。

お湯がいい具合にお煮えがついて、

(もちろん先生のおかげ)

おいしいお茶をいただけました

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴代 沈壽官展

 白地にさりげなく描かれた数輪の花の水指。

あるいは一匹の魚がすっと泳いでいる茶碗。

以前デパートの茶道具売り場で見た沈壽官さんのお道具は、

高潔な美しさを放っていました。

 

 今回の「歴代 沈壽官展」もそういう世界を期待していたのですが、

とんでもない!

もっと精密で繊細で華やかで、そしてダイナミックでした

でもやはり高潔さをたたえている作品ばかりです。

Img_1694

 

 秀吉の時代に、朝鮮から連れて来られた陶工のひとりが

初代の沈当吉。彼らは生きるために薩摩の地で白い土をさがし、

それが「白薩摩」のはじまりになったのだそうです。

 

 先週テレビ「日曜美術館」で取り上げられていたのを

偶然見ました。それも今回の鑑賞に役立ちました^^

Img_1695

 

 当代は十五代になられます。

歴代の壽官さんは時代に翻弄され、

苦難の連続だっだようです。

その祖先の思いを受け継ぎ

さらに洗練された作品を作りだされていらっしゃいます。

 

 その美しさには、息を飲みます。

でも、白い生地にさりげなく絵付けされているのも

すてきなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

向切

  今夜のカタール戦、よかったですね~

いやあ、先手をとられたり、途中から10人になったりで

ハラハラしましたが・・・・やってくれました

 

 さて、新年明けてのお稽古は

なんとっ!

向切でございました

 

 数年前にお稽古したものの、

よく覚えていない・・・・

お道具の位置も?????

 

 向切の場合は足が重要。

いつものように颯爽?と歩いてしまうと、

あれ?ということに

点前座が近いので、気をつけないと

 

 薄茶を点てたのですが、

手首の動きが悪い

これでは美しい泡がたたないです。

ううっ!さぼっていたせいだわ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ろくでなし啄木

 三谷幸喜の新作芝居。

藤原竜也(啄木)、中村勘太郎(テツ)、吹石一恵(トミ)の3人で

啄木に翻弄される女性と男性を描いています。

 

 いやはや、いつもの三谷作とは違い、

なまめかしい作品なのでちょっとびっくり

Photo

仮チラシです。

 

 勘太郎さんはお父さんの勘三郎さんに

ますます似てきました

 

  3人ともいい演技で、おもしろかったです^^

ちょっと目のやり場に困りますが・・・(笑)

 

 小学生の頃、石川啄木の伝記を読んで、

「何て悲運な人なんだ」と心を痛めていた私。

偉人伝を読んで、その人物のエピソードを絵にする

という課題があったとき、啄木を選んだものです。

 

 後年、子ども向き伝記には絶対に書かれないことを

目にするたびに複雑な気持ちになっております 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国宝や重文がいっぱい

 美術品を鑑賞するときは、持ち時間がたっぷりないと・・・

と痛感させられました

 

 東京国立博物館の本館リニューアル記念には、

国宝や重文がたくさん出品。

とくに↓のサイトの作品は見てみたい

http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=B06&processId=00&event_id=8145

これらの作品だけ見よう!と

用事と用事の谷間の時間に、足を運んできました

  

 とはいえ、根っからの方向音痴である私。

しかもここは中央吹き抜けで、スペースも広い

それに展示場所をメモしないアホさが掛け合わされて、

右往左往

何度も同じ場所を行ったり来たりと効率悪い・・・

「早く見なきゃ」という気持ちが空回りしておりましたね。

  

 おかげで時間を気にしつつも、

お目当てのもの以外にも目

行ってしまい、なかなか抜け出せませんでした(笑)

  

 雪舟の山水画の秋と冬が並んで展示されるのは

珍しいようです。ふつうは片方だけみたいです。

  

 すごい

と素直に感動したのは、古今和歌集。

この保存状態のすばらしさ!

平安時代のものだなんて、信じられないくらいです

 

 駆け足でも漆工と茶の芸術コーナーはじっくり

見てきました。

  

 漆の技法はたくさんありますが、

難しくて区別がつかないですね。

今回の展示では、技法の解説もありました。

そして、展示物のすばらしかったこと

  

 帰りはあまりにも何度も通り抜けすぎて、

申し訳ない気持がして仏像コーナーを

一体ずつ拝見。

そしてフラフラと1階方面に行ったら、

初めてみるコーナーへ。

近代美術のようでした。

  

 そこで、思いがけない出会いが

高村光雲の「老猿」がそこに

  

 大昔、高村光太郎のことを調べていたことがあって、

その折に光雲の作品も本で見ていました。

その現物がここに!!!

しかも自分が予想していたより、はるかに大きい作品。

  

 うれしく懐かしいお土産をいただいた気分で、

博物館を後にしました 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うさぎ年はいいなあ②

 これは買っちゃうでしょ

Img_1690

かわいい~

マグネットなんですよん。

 

 干支とは関係ないですが、

これもちょっとリアルで

Img_1691

へへへ・・・・くいしんぼうでして

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うさぎ年はいいなあ①~季節の和菓子~

 うさぎさんはかわいいから、

何を作っても絵になる、形になる。

うさぎ年の方がうらやましいです^^

Img_1687

か、かわいい~

 

Img_1689

字もいいなあ

 

Img_1688

鶴と松を表しているそうです。

  

Img_1686

こちらは今年のお題「葉」にちなんだ

お菓子だそうです。

 

干支のものを身につけたいですけど、

わたしのは・・・

ちなみに何年かは、ナイショ!です

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初釜

 今年も初釜に出席させていただきました

 

 当日はみなさん艶やかな着物姿

わたしは毎年のごとく見切り発車の着付け

です・・・寝坊しました

 

 先輩がお点前することもありますが、

今回は先生自ら濃茶点前をされました。

一同感涙

 

 薄茶は大先輩がされましたが、

そのおいしかったこと

わたしもこういうお茶を点てたい

決意を新たにしました

 

 初釜には結び柳が飾られますが、

今年は訶梨勒(かりろく)というものがありました。

これで邪気を払うのだそうです。

社中一同でお食事して、和やかに歓談いたしました。

 

 帰宅後は、もうクタクタ・・・

着物を着るとどうも肩がこってしまって、

洋服に着替えた時はもう使い物にならない人に

いつも2-3日は肩が不調です。

 

 着物が体質的に合っていないのかしら?(笑)

それともちゃんとかしこまっているのが

合っていないのか(笑)

・・・・とにかく今は肩をグルグル回して

復活を目指しています

 

もっとも年末年始と御準備に忙しかった先生の

お疲れとは比較になりません・・・

お気持ちに応えられるよう、今年も精進します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

武士の家計簿

 映画「武士の家計簿」を見てきました。

 

 見に行った理由はふたつ。

ひとつは、たまたま原作を読んだことと、

主演の堺雅人さんのファンだからです

 

 原作は小説ではないので、

どういうストーリーになるのかなあと

興味がありました。

 

 この時代の武士は給金以上に支出も多かったようです。

身分によって雇わなければならない使用人の数も

決められていたとか

 

 代々御算用家である猪山家のやりくりと

親子の絆が描かれていました

 

 Photo_3

 上のそろばん型の紙ケースに

帳面型のパンフが入っていました。

ユニークです^^

 

 それにしても昔のそろばんってよくわからないですね。

今のそろばんは上1、下4の玉がありますが、

この時代は上2、下5。

下5はわからないこともないけど、

上2が・・・・・?????

16進法だか15進法だった・・・ってことは

ないですよね(笑)

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おみくじ

 お正月ですので(・・・・あまり理由になりませんが)、

ケーキも食べちゃいました

 

 そしたら「おみくじ」がささっていました。

読むと

Photo

だそうで

 

 スイーツならさんざん楽しんでいるんですけどね・・・

年末ジャンボも大ハズレだったなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根駅伝

 今年の箱根駅伝は、手に汗握る接戦でしたね 

 

 往路は早稲田が1位でたすきをつないだものの、

5区で「山の神様」東洋大 柏原選手にぬかれ、

でも何とか差を27秒差に縮めて終了。

 

 復路は6区で東洋大と早稲田のつばぜり合い。

これがテレビから目が離せなくなった最初。

そして最終10区は東洋が猛追するも、

早稲田が苦しみながらゴール

この10区もハラハラドキドキで見ているのに、

いいところでCMが入る

(民放だから当たり前ですね^^)

21秒差のゴールには悲喜こもごもですね。

他のチームも力走

 

 いいレースだったなあ~

 

 レースが終わると、お正月休みがもうあとわずかと

実感

現実が急に押し寄せてきた感じ・・・・ 

 

 その後のニュースで早稲田の渡辺監督が

胴上げにそなえて、10KG減量したと知りました

 

 ますます体重増量というわが身の現実に

気づかされている私です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

 新しい年を迎えることができました

 

 今年はお茶を通じて、多くの方といい出会いができればいいな~

と思っております

 

 そして、昨年秋に茶花を挿し木しました。

何とか1本でも花が開いてほしいっと願っています。

もっとも毎日水をやりながら、

(うーん、何だか険しそう・・・・)というかなりアヤシイ感じですが

 

 昨日元旦は初詣に行きました。

その途中、毎年気になっているお店があり、

ついに買っちゃいました

Img_1682

うふふ、追羽根です

 

 毎年遠目に見ていたので、

自分のイメージの追羽根とは違っているのですが

(もっと羽根が開いているのがイメージ^^)

お正月のインテリアにいいかな

  

 そして今日は箱根駅伝を観戦しています

 

 つたないブログですが、

今年もよろしくお願いいたします 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »