« 国宝や重文がいっぱい | トップページ | 向切 »

ろくでなし啄木

 三谷幸喜の新作芝居。

藤原竜也(啄木)、中村勘太郎(テツ)、吹石一恵(トミ)の3人で

啄木に翻弄される女性と男性を描いています。

 

 いやはや、いつもの三谷作とは違い、

なまめかしい作品なのでちょっとびっくり

Photo

仮チラシです。

 

 勘太郎さんはお父さんの勘三郎さんに

ますます似てきました

 

  3人ともいい演技で、おもしろかったです^^

ちょっと目のやり場に困りますが・・・(笑)

 

 小学生の頃、石川啄木の伝記を読んで、

「何て悲運な人なんだ」と心を痛めていた私。

偉人伝を読んで、その人物のエピソードを絵にする

という課題があったとき、啄木を選んだものです。

 

 後年、子ども向き伝記には絶対に書かれないことを

目にするたびに複雑な気持ちになっております 

|

« 国宝や重文がいっぱい | トップページ | 向切 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ろくでなし啄木:

« 国宝や重文がいっぱい | トップページ | 向切 »