« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

カズ、ありがとう!!

 日本代表対Jリーグ選抜のチャリティマッチ

 

 さすがカズ

みごとなシュート、ありがとう

 そしてこの試合に出てくれた選手のみなさん、

ありがとうございます

 

 そしてまたビッグニュースが

 

 なんとタイが発電所をまるごと5年間無償貸与

してくださるそう!

http://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?blog_id=242513

 

 世界のみなさん、あたたかい援助ありがとうございます

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

春のパンダ

 上野動物園も休園しているのですね。

 

 22日からパンダを公開する予定だったそうですが、

延期になってしまいました。パンダをはじめとする動物たちも

この地震は怖かったでしょう。

 

 さてさてキリンの「生茶」のペットボトルを買うと

クリアファイルがもらえるという企画。

なんとなくゆるゆると長い期間のうちに

集まってしまいました

(人気なかったのかなあ)

 

Img_1759

春らしくて、かわいいですよね

| | コメント (3) | トラックバック (0)

夏への扉

 さて、銀座で観た芝居のお話。

 

 ハインラインの名作「夏への扉」が、世界初の舞台化

しかもキャラメルボックスで

これは見たいっ

Img_1761  

 そう思ってチケットをとったものの、

公演は地震の影響で中止に。

しかし、すぐに別の日を買いました

どうしても見たかったんです。

 

 ロボット製作者のダニエルが30年のコールドスリープ(冷凍睡眠)

をする話。それに猫のピートや11歳の少女リッキーもからんで・・・・

 

 この作品の持つ空気感がキャラメルボックスにあっていると

思います。この劇団はタイムトラベラーものを得意としていますし。

舞台化は難しいと思っていたけど、ほぼ原作通りで

おもしろかったです

猫のピートをうまく使っていますね。

(神出鬼没ぶりにもびっくり

 

 かつて福島正実さんが「文化女中器」と翻訳し、「ハイヤードガール」とルビ

を振った、ロボット「ハイヤードガール」はとてもかわいかったです^^

 

 地震の後だけに、劇団側は公演にはとても気を使って

いました。代表の加藤さんからは、どうなったら上演を中止するかとか

いろいろな注意事項が事前にありました。

 

 またカーテンコールが何度もあるのが普通なのですが、

節電のため今回は1回きり。でも俳優さんたちが名残を惜しんで

舞台袖からではなく、客席を通っててを振りながら退出

してくれました。 

 

 ちなみにわたしが「夏への扉」という言葉を初めて知ったのは、

ハインラインの小説ではありません。

山下達郎の曲(詞は吉田美奈子)に「夏への扉」

があるのです

「ひとつでも信じてることさえあれば、扉は見つかるさ~」  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりに銀座

 どうも地震以来、行動がのんびりとしてしまい、

出不精になってしまった、ちょきたらです。

 

 とはいえ、芝居を見る用事があり

しばらくぶりに銀座へ出かけました。

 

 うーん、やはり人出は少ないですね。

よく考えたら、外国の人がいないのです

今日は天気はよかったものの、

強風で寒かったせいもあるでしょう。

 

 久しぶりに都会に出て、少しだけ日常に

近寄ったような気もしました。

 

 銀座もデパートをはじめとして

閉店時間が早くなっています。

節電にもとりくんでいますし、

街がやや静かな感じ。

 

 それでも若者は元気そうだし、

「あ、春ものの服がほしいなあ」とも

思いました。

外に出るのも必要かな

 

 芝居は次回に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

な、なぜっ?

 体重計に載って

「ギャーーーーー!!!」

と叫んでしまいました

デジタル数字を見てびっくり

 

 プチリッチな外食をやめ、

エレベーターには乗らず、階段をイヤイヤ

上っているのに~

 

 出歩くこともなく、巣ごもりしているからで

しょうか・・・・????

 

 納豆が売り切れたこと以上に

不思議で、そして泣きたくなった私です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三連休も終わり

 胸の痛む震災の被害、原発の動向などで

春を迎えるどころではなくなっていますね。

 

 いつもなら桜前線がそろそろ話題になっている頃なのに・・・

あ、でも関西の方は春らしい話題もあるのかもしれませんね。

 

 こちらではやっとスーパーマーケットに少しは

物が入ってきた、いやまだダメなどの話題が多いです。

 

 トイレットペーパー、米、パン、カップラーメン、電池等は

まったく棚がからっぽ

困ったなあと思っていたところ、

たまたまトイレットペーパー入荷に出くわし、

やっと買うことができました。

 

 なぜか理由がわからないのが、納豆が

まったくないこと。

?????

まあ、そのうち出てくるでしょう。

 

 そんな折、今や年賀状だけのおつきあいになっている

会社の後輩からありがたいメールがありました。

 

 わたしの安否と不足物資を送りましょうか?

との涙が出るような暖かいメールでした。

 

 もちろん当面困っているものはないので、

物資のことはご遠慮させていただきましたが、

その気遣いがうれしくって!

後輩に学ばせていただきました。

 

 三連休も終わって、いよいよ新年度に向けて

あわただしくなる時期。

はやくいつもモードに戻らなきゃいけないのになあ・・・

・・・すっかりナマケモノ族です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

十周年記念茶会

 計画停電が実施されない日は・・・・

とってもうれしいです!!

 

 そしてその佳き日に、

岡野園さんの十周年記念茶会が行われました。

 

 このような時期です。

開催するかしないか、かなり迷われたようですが、

チャリティー茶会として行われることになりました。

 Photo

「開径待佳賓」(径を開きて佳賓を待つ)

待合には太玄禅師の書。

 

 一席目は福田行雄先生のお席。

福田先生は、古筆や料紙の研究家だそうです。

そしてとてもダンディ^^

お軸は八幡太郎義家が馬上から桜を

眺めている画。

 

 主茶碗は砂手御本(・・・まちがっているかも・・)や

一入の楽茶碗(耳庵の箱書)。

特に楽茶碗は赤みかかった色が美しく、

手に治まった感触もすばらしかったです。

 

 お隣は葉摘みさんのお席。

そのお隣から笑い声が・・・・

 

 お隣はお点前もお運びもイケメンの方々

池田先生を始め、長野新さんたちです。

お道具は池田先生が、涼やかなお声で

説明されていました。

Photo_2

藤団子(とうだんご)。

ほんとは5色で5つの輪。

2個食べたので、残りです(すいません)。

お皿に盛りつけられていると

どうやってとるの?と迷いますが、

糸を引っ張り上げると、

5つともくっついてきます。

 

 義援金箱が置いてあったので、

ほんの気持ちだけ入れさせていただきました。

 

 集う人々が笑顔になるお茶。

今辛く苦しい方々にもいつかこういうお茶を

味わっていただきたい、と思います。

そのためには自分ができることを

少しずつしていくつもりです。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりのお稽古

 夜の風景が変わりました。

 

 夜と言っても華やかな電飾(?)で

ひとり歩きもぜんぜんこわくなかったのに。

 

 今は各店節電に努めているので、

ひっそりと暗い感じ。

遅い時間に歩くのは、ためらわれます。

 

 出歩く気にもなれないのですが、

お稽古の日がめぐってきました。

 

 やはりいらっしゃる方は少なめです。

その分静かな気持ちでお稽古に臨めました。

久しぶりの台天目。

すっかり忘れて(・・・もともと覚えていない・・・)

おりました。

 

 地震の前には、もう戻れない。

これから自分は、日本は、どうなって

行くのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震災害お見舞い申し上げます

 東北・関東の大地震・・・・日本が大変なことに

なっています。

被災されたみなさまには心より

お見舞い申し上げます。

 

 目を覆いたくなるような映像をテレビが映し出していますが、

これが現実なのですね。

 

 わたし自身は当日帰宅難民となり、

翌日4時間以上かけて帰宅しました。

その時体験した駅構内のパニック状態は、

思い出したくもありません。

 その後体調を崩し、やや回復。

やっとパソコンの前に座ることができました。

 

 朝晩の電車の運行状態に

頭を抱えております。

計画停電も始まりました。

自宅も節電モード。

薄暗い中でパソコンにむかっております。

 

 明日がどう動けるかわからないまま、

とりあえず今日をしのぐ。

そんな日々が続くような気がします。

でも、人との交流やふれあいは

だからこそ大切にしたいです。

そして、今回は家族や友人に感謝するばかりです。

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

地震

東北・関東でとんでもない被害になっています。


みなさま、大丈夫でしょうか?


こんな地震は初めてです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

オドロキ

 医者からもらった薬をまじめに

飲んでおります

 

 オドロキなのは、何と翌日から鼻水・のどのかゆみが

ピッタリと治まったこと目のかゆみも軽減。

2週間もかかりませんでした

  

 薬が効いているのか、花粉の量が少ないのか・・・

これなら医者に頼らなくてもよかったのでは?

とも思いますが(笑)、油断せず飲み続けます。

またお医者に行くの、おっくうですが・・・

 

 そして、ネットサーフィンしていて

偶然オドロキの商品を発見!

それは「電動茶せん」

あるんですね・・・

 

 しかーし

かなり手の動きが悪い私ですが、

もう少し自力でがんばってみます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲間入り・・・

 花粉症の友人より「予言」されておりました。

「今年の花粉はものすごいらしいから、

今のうちに病院で薬をもらっておいたほうがいいよ。

今まで発症してない人もきっとなると思うから」

 

 わたしはこの時期、この時期鼻水、のどと目のかゆみ

が出ていますが、軽症?でした。

病院に行かなくても、耐えられたのです。

(我慢強い^^)

 

 ところが数日前から目が赤くなって、

例年よりかゆみが強い

 

 件の友人の言葉を思い出し、

病院へ

不思議なもので、行くと決めると

症状が治まってきたような気がしましたが・・・

 

 先生からは

「花粉情報が始まったら来ないとだめだよ。

今日じゃ遅すぎる」とお小言を

だって、今までは根性で乗り切ってたんだもーん(笑)

薬が効き始めるのに、2週間くらいかかるそう

  

 

 飲み薬、点鼻薬、目薬を2週間分

いただきました。

すっかり花粉症予備軍から

正規軍へ仲間入りした気分です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜中華街

 横浜人形の家に行ったら、

やはりランチは中華街ですね

Img_1740  

 横浜中華街も久しぶりです。

しばらく来ないうちに、色々変わっていました。

 

 まずは食べ歩き用の肉まんを売る店が

多くなったこと。そして天津甘栗を売る店も

多いです

 

 そして食べ放題を謳うところも増えました。

お得感があるのでしょうね。

 

 何よりびっくりしたのは、

お寿司屋さんができていたことです

  

 選んだのは、点心

Img_1744

Img_1745

おいしかった~

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大ひな人形展

 ちゃんとしたひな人形がないちょきたら家では、

花屋さんで桃の枝を買ってきて、花入に。

(ただ入れただけ。。。。)

それで桃の節句はおしまいでした。

ひなあられや菱餅も食べておりませぬ

 

 ちょっとさみしかったなあと思っていたら、

所用で横浜方面に行くことになりました。

そしたら、横浜人形の家で「大ひな人形展」が

開催されてるとのこと。

しかもレディースデーは、100円ですの

これは覗かなきゃ

 

 ここを訪れるのは15年ぶり、いやもっと

それ以上かも・・・・・

常設展では世界の人形を興味深く鑑賞。

これがとってもおもしろい

 

 關原紫水・紫光さんの日本人形の美しさには

ため息・・・・

すばらしすぎます!

 

 平田郷陽さんの「活き(いき)人形」には、

目が釘付けに!

生きています、いや生きているとしか思えないのです

 

 そして最後は、ひな人形

さまざまな技法・大きさ・時代のひな人形を

鑑賞。

 

 昔の人は現代人よりも体格が小さいのに

人形は大きい。調度品の細工も見事。

現在以上に贅沢なんですよね~

 

 「御殿飾り」と言われる、

建物の中にひな人形を飾る形式は、

本当に豪華

 

 変わったところでは、

掛け軸タイプのや、

リカちゃんひな人形もありました

  

 自宅になくても美術館で鑑賞すれば

ちょっと雅な気持ちになれますね  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

英国王のスピーチ

 先日たまたま見た「スマステ」の「月イチゴロー」で

稲垣吾郎さんが3位にしていた「英国王のスピーチ」

どうかしら??と思いつつ、見てきました。

 

 イギリスのエリザベス女王の父君の国王ジョージ6世のことは、

ほとんど知らなかったのです 兄君のエドワード8世は

「王位を捨てた恋」で有名ですが。

 

 ジョージ6世は子どものころから吃音で

悩んでいたそう。大人になれば人前でスピーチしなければならず、

専門家による治療を受けていました。

 

 色々な専門家についてもなかなかうまくいかず、

治療をあきらめかけたのですが、そんなときに

王妃がライオネル・ローグという言語療法士を見つけて・・・

というお話です。

 

 ジョージ6世を演じた、コリン・ファースが

うまいっ 吃音についてもよく研究して演技に臨んだと

わかります。

ライオネル役のジェフリー・ラッシュも

いいです。彼がこの作品の映画化に大きく貢献したらしいです。

 

 ところどころにユーモアを交えながら、

王位についた者の苦悩、誇り、愛情、友情が

詰め込まれている映画です。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »