« 揺れてる症候群 | トップページ | 中止相次ぐ・・・ »

透木釜

 透木釜の季節になると、

(ああ、炉も最後・・・)

となりますね。

 

 釜を透木という拍子木みたいなのに

載せるという発想はおもしろいですね。

 それぞれのお好みがあり、

利休はホオ(朴)、宗旦は桐、円能斎は梅

だそうです。

 

 その透木を扱うことになるのが、

炭手前なのですが、このところ

まったくお稽古で炭を扱う機会がありません・・・

巡り合わせが悪いのかもしれません

 

 

 かくいう私は盆点をしました。

難しくてまったく覚えられませ~ん

他のお点前と混乱

 

 わたしは小習の方が大好き

風炉に変わったらじっくり勉強させていただこうっと。

|

« 揺れてる症候群 | トップページ | 中止相次ぐ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 透木釜:

« 揺れてる症候群 | トップページ | 中止相次ぐ・・・ »